Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Access2013

リンクテーブルのリンク先変更

投稿日:2017年1月13日 更新日:

Accessのテーブルで下のようにアイコンの左側に矢印がついていれば、これはリンクテーブルです。

リンクテーブル

メッセージの表示

このリンクテーブルを開こうとして、下のように[ファイルXXXXが見つかりませんでした。]というメッセージが表示された場合は、リンク元テーブルの保存場所やテーブルの名前が変更されている場合があります。

メッセージウィンドウ

リンクテーブルマネージャーの表示

テーブルの保存先を確認するには、テーブルで右クリックしてショートカットメニューから[リンクテーブルマネージャー]をクリックします。

ショートカットメニュー

リンクテーブルマネージャーの各テーブルに記されているパスがテーブルの保存先になります。

この保存場所にテーブルがない場合、上記のようなメッセージウィンドウが表示されます。

あるいは、名前が変更されている場合もメッセージウィンドウが表示されます。

リンクテーブルマネージャー

リンク先の更新

保存先などが判れば、リンク先を更新することができます。

リンクテーブルマネージャーを開いて、更新したいリンクテーブルのチェックボックスをクリックしてオンにします。

そして、[リンク先を更新するためのプロンプトを毎回表示する]のチェックボックスもオンにします。

ここでは、すべて選択して更新します。

リンクテーブルマネージャーでチェック

[OK]ボタンをクリックすると、[XXXの新しい場所を選択]するよう求められますので、移動されたデータベースを選択して[開く]ボタンをクリックします。

データベースの選択

[選択されたテーブルのリンク先が更新されました。]というメッセージが表示されたら[OK]ボタンをクリックして完了です。

リンクテーブルマネージャーを閉じて、再度 リンクテーブルを開いてみてください。

メッセージウィンドウは表示されずに、データシートビューが表示されると思います。

関連以下は、リンクテーブルに関するページです。

リンクテーブルの作成

Accessでは、テーブルを他のデータベースからリンクして使用することができます。 リンク先のデータが更新されると、元データも更新されます。 ...

続きを見る

データベースをテーブルとその他のファイルに分割

Accessで作成したデータベースをテーブルとその他のファイルに分割する方法です。 データベース分割ツールを使って簡単に作成できます。 複数 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Access2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.