Windows8 & Office2013 Access2013

差分を追加

投稿日:

Accessで2つのテーブルの不一致レコードを抽出した後、その差分レコードをテーブルへ追加する方法です。
下のような[テーブルA]と[テーブルB]という2つのテーブルがあって、テーブルAには20件、テーブルBには16件のレコードがあります。そして、不一致クエリウィザードで差分レコードを抽出しました。差分は、2つのテーブルの差分を求めるで求めたものです。

下は、クエリ[テーブルAとテーブルBとの差分]で求めた結果です。

求めたレコードをテーブルBに追加します。[作成]タブの[クエリデザイン]をクリックします。

[テーブルの表示]から[クエリ]タブに切り替えて、[テーブルAとテーブルBとの差分]を選択して、[追加]ボタンをクリックします。

フィールドリストの*(アスタリスク)をダブルクリックか、ドラッグしてフィールドへ追加します。全てのフィールドが追加されます。これについては、すべてのフィールドを追加するを参照してください。

スポンサーリンク
[デザイン]タブにある[追加]をクリックします。

追加先を指定します。[テーブル名]のプルダウンをクリックして、

[テーブルB]をクリックして、[OK]ボタンをクリックします。

デザインビューは下のようになります。

[デザイン]タブの[実行]をクリックします。

[4件のレコードを追加します。]というメッセージが表示されますので、[はい]をクリックします。

テーブルBを開くと、差分の4件のレコードが追加されています。

クエリは、名前を付けて保存しておくといいですね。

追加クエリも参考になると思います。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

関連記事

Ctrl+Oでダイアログボックスを開くには

Office2013では、開くダイアログボックスを開くためのショートカットキー[Ctrl]+[O]キーを押すと、 [ファイルを開く]ダイアロ ...

分割フォームの列幅を保存するには

Accessで分割フォームをよく利用しています。 単票フォームとデータシートが一つのフォームに作成できて便利です。 ですが、分割フォームを作 ...

稼働日数を求める

稼働日数を求める関数を紹介します。 Excel2013の新機能というわけではありません。他のバージョンでも出来ます。 下のようにD列に開始日 ...

PowerPivotウィンドウに数式列を追加する

Excel2013の[POWERPIVOT]タブにある[管理]ボタンをクリックして現れるウィンドウに数式列を追加する方法を紹介します。 下の ...

右から左へ表示

Wordで複数ページを表示すると、既定では左から右へ表示されますが、縦書きの場合などは、左から右へ表示したいと思うことがあります。 例えば、 ...

-Windows8 & Office2013 Access2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.