Windows8 & Office2013 Excel2013

POWERPIVOT2013の計算フィールド

投稿日:

Excel2013のPowerPivotでは、[計算フィールド]というボタンが追加されました。
Excel2010のPowerPivotでは、独自の列を追加するには計算式を数式フィールドに直接入力していました。
PowerPivotウィンドウに数式列を追加する
PowerPivot2010の追加フィールド
下は、Excel2013の[POWERPIVOT]タブです。[計算フィールド]というボタンがあります。
この計算フィールドの使い方を紹介します。
PowerPivot2013計算フィールド
PowerPivotで下のようなピボットテーブルを作成しています。
一人当たりの売上額を求めるフィールドを追加したいと思います。
ピボットテーブル
[POWERPIVOT]タブの[計算フィールド]にある[新しい計算フィールド]をクリックします。
新しい計算フィールド
[計算フィールド名]に名前を付けます。
[式]の[=]の後ろに[を入力すると、入力候補一覧が表示されますので、この中から選択します。
ここでは[合計 売上額]を選択(ダブルクリック)します。除算の演算子[/]を入力した後、[担当人数]を選択します。入力候補は、ダブルクリックで入力することができます。
新しい計算フィールドダイアログボックス

スポンサーリンク

数式が正しいかどうか[数式の確認]ボタンをクリックして確認します。エラーの場合はエラーの詳細が表示されます。[式にエラーはありません。]と表示されているのを確認して[OK]ボタンをクリックします。
数式の確認
[ピボットテーブルのフィールド]に[一人当たりの売上額]が追加されています。クリックすると、ピボットテーブルに追加されます。
ピボットテーブルのフィールド
追加したフィールドを編集したい場合は、[計算フィールド]の[計算フィールドの管理]をクリックします。
計算フィールドの管理
[計算フィールド]の中から[一人当たりの売上額]を選択して、[編集]ボタンをクリックします。
編集ボタン
書式の設定をしていなかったので、計算フィールドの書式を設定します。
[書式オプション]のカテゴリから[通貨]を選択して、[小数点以下桁数]を[2]にして[OK]ボタンをクリックして閉じます。
計算フィールドの書式オプション
計算フィールドに書式を設定することができました。
計算フィールドの書式設定

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

関連記事

ページ数を1ページ減らすには

Wordには、自動的に圧縮して1ページ分を縮小してくれる機能があります。 Word2007までは、[印刷プレビュー]時に[1ページ分圧縮]と ...

すべての変更を反映し変更の記録を停止

Word2013では、変更履歴に[すべての変更を反映し、変更の記録を停止]というメニューが追加されました。 Word2010までは、[校閲] ...

右から左へ表示

Wordで複数ページを表示すると、既定では左から右へ表示されますが、縦書きの場合などは、左から右へ表示したいと思うことがあります。 例えば、 ...

蛍光ペンと網かけと塗りつぶし

Wordには、文字を強調するための機能がいろいろありますが、見た目ではどの機能が使われているのか判別しにくいものがあります。 下は、Word ...

個人用マクロブックの作成

Excelでマクロを作成するときは、通常 作業中のブックに保存しますが、個人用マクロブックを作成すると、Excel起動時に常に起動されるので ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.