Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly

POWERPIVOT2013の計算フィールド

投稿日:

Excel2013のPowerPivotでは、[計算フィールド]というボタンが追加されました。
Excel2010のPowerPivotでは、独自の列を追加するには計算式を数式フィールドに直接入力していました。
PowerPivotウィンドウに数式列を追加する
PowerPivot2010の追加フィールド
下は、Excel2013の[POWERPIVOT]タブです。[計算フィールド]というボタンがあります。
この計算フィールドの使い方を紹介します。
PowerPivot2013計算フィールド
PowerPivotで下のようなピボットテーブルを作成しています。
一人当たりの売上額を求めるフィールドを追加したいと思います。
ピボットテーブル
[POWERPIVOT]タブの[計算フィールド]にある[新しい計算フィールド]をクリックします。
新しい計算フィールド
[計算フィールド名]に名前を付けます。
[式]の[=]の後ろに[を入力すると、入力候補一覧が表示されますので、この中から選択します。
ここでは[合計 売上額]を選択(ダブルクリック)します。除算の演算子[/]を入力した後、[担当人数]を選択します。入力候補は、ダブルクリックで入力することができます。
新しい計算フィールドダイアログボックス

スポンサーリンク

数式が正しいかどうか[数式の確認]ボタンをクリックして確認します。エラーの場合はエラーの詳細が表示されます。[式にエラーはありません。]と表示されているのを確認して[OK]ボタンをクリックします。
数式の確認
[ピボットテーブルのフィールド]に[一人当たりの売上額]が追加されています。クリックすると、ピボットテーブルに追加されます。
ピボットテーブルのフィールド
追加したフィールドを編集したい場合は、[計算フィールド]の[計算フィールドの管理]をクリックします。
計算フィールドの管理
[計算フィールド]の中から[一人当たりの売上額]を選択して、[編集]ボタンをクリックします。
編集ボタン
書式の設定をしていなかったので、計算フィールドの書式を設定します。
[書式オプション]のカテゴリから[通貨]を選択して、[小数点以下桁数]を[2]にして[OK]ボタンをクリックして閉じます。
計算フィールドの書式オプション
計算フィールドに書式を設定することができました。
計算フィールドの書式設定

お勧め記事と広告

関連記事

プレゼンテーションをWordへ送信

PowerPoint2013で作成したプレゼンテーションをWordへ送信して、簡単に配布資料などを作成することができます。 [ファイル]タブ ...

オブジェクトの選択と表示が無効

Word2013で[ホーム]タブの[編集]グループにある[選択]ー[オブジェクトの選択と表示]をクリックしたら、グレイ表示で使用できない?お ...

ぬるっとした動きをオフにする

Excel2013を使ったことがある人は、わかると思うのですが、 Excelでアクティブセルが移動するたびに後を追ってくるようなぬるっとした ...

差分を追加

Accessで2つのテーブルの不一致レコードを抽出した後、その差分レコードをテーブルへ追加する方法です。 下のような[テーブルA]と[テーブ ...

値を削除して数式のみのシートにするには

Excelで下のような小計や総計など縦横に計算式が入ったワークシートがあります。 このワークシートを数式のみのシートにしたい場合、範囲が狭い ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.