Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly

POWERPIVOT2013の計算フィールド

投稿日:

Excel2013のPowerPivotでは、[計算フィールド]というボタンが追加されました。
Excel2010のPowerPivotでは、独自の列を追加するには計算式を数式フィールドに直接入力していました。
PowerPivotウィンドウに数式列を追加する
PowerPivot2010の追加フィールド
下は、Excel2013の[POWERPIVOT]タブです。[計算フィールド]というボタンがあります。
この計算フィールドの使い方を紹介します。
PowerPivot2013計算フィールド
PowerPivotで下のようなピボットテーブルを作成しています。
一人当たりの売上額を求めるフィールドを追加したいと思います。
ピボットテーブル
[POWERPIVOT]タブの[計算フィールド]にある[新しい計算フィールド]をクリックします。
新しい計算フィールド
[計算フィールド名]に名前を付けます。
[式]の[=]の後ろに[を入力すると、入力候補一覧が表示されますので、この中から選択します。
ここでは[合計 売上額]を選択(ダブルクリック)します。除算の演算子[/]を入力した後、[担当人数]を選択します。入力候補は、ダブルクリックで入力することができます。
新しい計算フィールドダイアログボックス

スポンサーリンク

数式が正しいかどうか[数式の確認]ボタンをクリックして確認します。エラーの場合はエラーの詳細が表示されます。[式にエラーはありません。]と表示されているのを確認して[OK]ボタンをクリックします。
数式の確認
[ピボットテーブルのフィールド]に[一人当たりの売上額]が追加されています。クリックすると、ピボットテーブルに追加されます。
ピボットテーブルのフィールド
追加したフィールドを編集したい場合は、[計算フィールド]の[計算フィールドの管理]をクリックします。
計算フィールドの管理
[計算フィールド]の中から[一人当たりの売上額]を選択して、[編集]ボタンをクリックします。
編集ボタン
書式の設定をしていなかったので、計算フィールドの書式を設定します。
[書式オプション]のカテゴリから[通貨]を選択して、[小数点以下桁数]を[2]にして[OK]ボタンをクリックして閉じます。
計算フィールドの書式オプション
計算フィールドに書式を設定することができました。
計算フィールドの書式設定

お勧め記事と広告

関連記事

Tabキーで効率的な入力

Excelでオプションなどで何も設定しない状態で、効率的に入力する方法です。※Excelのバージョンは関係ありません。 下のような表がありま ...

並べ替えのレベルの追加

Excelで下のように色分けした表を作成して、セル色で並べ替える方法です。 色付きのセルで右クリックして、ショートカットメニューから[並べ替 ...

全てのグラフに引き出し線を表示

Excel2010までは、引き出し線は円グラフのみに表示できたのですが、Excel2013ではすべてのグラフで表示することができるようになり ...

氏名を姓と名のフィールドに分ける

Accessでしっかりテーブル設計をしていればいいのですが、なかなかそうはいかず、後からいろいろ注文を受けることになります。 氏名フィールド ...

別フィールドのデータをコピーする

Accessで、別のテーブルの値をコピーする方法です。 [商品価格A]と[商品価格B]という2つのテーブルがあります。 [A商品価格]テーブ ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.