Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly, PDF & Email

Excel2013ではリレーションシップを使おう

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2013では、テーブル同士の関連づけが簡単にできます。Vlookup関数を使うより簡単だと思います。

参考[POWERPIVOT]タブが表示されていない場合は、以下の記事を参考に表示させてください。
POWERPIVOTタブを表示させよう

Excelの2枚のワークシートに、それぞれデータがあります。
表内のセルを選択して、[POWERPIVOT]タブにある[データモデルに追加]をクリックします。
データモデルに追加

[テーブルの作成]ダイアログが表示されます。[先頭行をテーブルの見出しとして展開する]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。
データモデルにデータが追加されます。
テーブルの作成

もう一つのシートのデータも同じように[データモデルに追加]をクリックしてデータモデルに追加します。※サンプルが悪くて分かりづらいかもしれませんが、[製品名]は、先に取り込んだデータモデルの[製品コード]と同じです。
ワークシートのデータ

データモデルには2つのシートが作成されています。
ここでは、[売上]と[製品]シートです。シート名の先頭には、リンクのマークが付きます。
[ダイアグラムビュー]をクリックします。
データモデル

[売上]の[製品コード]と[製品]の[製品名]をリレーションします。各フィールドをドラッグで結ぶだけです。
[ピボットテーブル]をクリックして、ピボットテーブルを作成します。
Accessでないと出来なかったリレーションシップがExcelでも出来るようになったんですね。
Excel2010のPowerPivotでも可能です。
ダイアグラムビュー

ピボットテーブルのフィールドリストには、2つのテーブルのフィールドが表示されます。
ピボットテーブル

下のようにそれぞれのフィールドから組み合わせて、分析したい表を作成することができます。
ピボットテーブルの作成

また、データモデルの追加は、ピボットテーブルの作成時のダイアログボックスにもあります。
シートからデータモデルへ追加

シートからデータモデルへ追加

Excel2013には、POWERPIVOTというアドインが標準で組み込まれています。 POWERPIVOTタブを表示させよう このPOWE ...

続きを見る

ピボットテーブルの作成ダイアログボックス

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

アドセンス記事内広告1個

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

便箋のような罫線を引いた用紙を簡単作成

Wordで便箋のような罫線を引いた用紙を簡単に作成する方法です。 Enterキーで段落記号を表示 新規文書で[Enter]キーを連打して、段 ...

段落を罫線で囲む

段落を罫線を囲む方法です。 段落の選択 罫線で囲みたい段落を範囲選択します。 線種とページ罫線と網かけの設定 [デザイン]タブの右端にある[ ...

ペイントの起動

Windows8.1でペイントを起動する方法です。 スタート画面の左下にある矢印ボタンをクリックします。 アプリの一覧が表示されます。 アプ ...

PowerView(パワービュー)

Excel2013では、[PowerView]という機能が追加されました。 どんなものだろうと何気に触っていたのですが、簡単に地図上にグラフ ...

フォームで入力と検索

ExcelでもAccessの単票フォームのような形で入力したり、検索したりすることができます。 1レコードずつ表示することができ、検索も新規 ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.