Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly

Excel2013ではリレーションシップを使おう

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2013では、テーブル同士の関連づけが簡単にできます。Vlookup関数を使うより簡単だと思います。

Excelの2枚のワークシートに、それぞれデータがあります。
表内のセルを選択して、[POWERPIVOT]タブにある[データモデルに追加]をクリックします。
データモデルに追加

[テーブルの作成]ダイアログが表示されます。[先頭行をテーブルの見出しとして展開する]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。
データモデルにデータが追加されます。
テーブルの作成

もう一つのシートのデータも同じように[データモデルに追加]をクリックしてデータモデルに追加します。※サンプルが悪くて分かりづらいかもしれませんが、[製品名]は、先に取り込んだデータモデルの[製品コード]と同じです。
ワークシートのデータ

スポンサーリンク

データモデルには2つのシートが作成されています。
ここでは、[売上]と[製品]シートです。シート名の先頭には、リンクのマークが付きます。
[ダイアグラムビュー]をクリックします。
データモデル

[売上]の[製品コード]と[製品]の[製品名]をリレーションします。各フィールドをドラッグで結ぶだけです。
[ピボットテーブル]をクリックして、ピボットテーブルを作成します。
Accessでないと出来なかったリレーションシップがExcelでも出来るようになったんですね。
Excel2010のPowerPivotでも可能です。
ダイアグラムビュー

ピボットテーブルのフィールドリストには、2つのテーブルのフィールドが表示されます。
ピボットテーブル

下のようにそれぞれのフィールドから組み合わせて、分析したい表を作成することができます。
ピボットテーブルの作成

また、データモデルの追加は、ピボットテーブルの作成時のダイアログボックスにもあります。
シートからデータモデルへ追加

シートからデータモデルへ追加

Excel2013には、POWERPIVOTというアドインが標準で組み込まれています。 POWERPIVOTタブを表示させよう このPOWE ...

続きを見る

ピボットテーブルの作成ダイアログボックス

お勧め記事と広告

関連記事

スライドにページ番号と総ページ数を挿入

PowerPointで各スライドに下のようにページ番号(スライド番号)と総ページ数(総スライド数)を挿入する方法です。 [表示]タブから[ス ...

バージョン情報

Office2013のバージョンを確認する方法です。 Wordで解説します。 [ファイル]タブをクリックします。 メニューから[アカウント] ...

グラフをプレビューして確定

Excel2013では、グラフの種類を決定する際、プレビューで確認しながら確定できるようになりました。 Excel2010の場合 Excel ...

削除できない名前がある

Excelのワークシートで使用していない名前があるので、削除したいと思い[数式]タブにある[名前の管理]をクリックして、[名前の管理]ダイア ...

オプションボタンの挿入

Excelでオプションボタンを挿入する方法です。オプションボタンは、複数の選択肢の中から1つを選択するときに使用します。 また、ワークシート ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.