Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly

ピボットのレポートの接続とフィルターの接続

投稿日:

Excelのピボットテーブルやピボットグラフでスライサーを使用してフィルタリングすると便利ですね。
下の画像は、二つのピボットテーブルとピボットグラフがあり、[製品コード]と[地域]のスライサーを挿入したところです。
1つのスライサーで絞りこんで、それを複数のピボットテーブルに反映させたい場合は、[レポートの接続]を使用します。
ピボットテーブル

1つのスライサーを選択した状態で、[オプション]タブにある[レポートの接続]をクリックします。
ここでは、[地域]スライサーを選択しています。
レポートの接続

[レポート接続(地域)]ダイアログボックスが表示されます。ピボットテーブルの名前が表示されますので、絞り込みの結果を反映させたいテーブル名のチェックボックスをオンにします。
レポート接続ダイアログボックス

スポンサーリンク
[地域]スライサーで絞り込むと2個のテーブル、ピボットグラフが連動して絞り込まれます。
ピボットテーブルとグラフ

また、ピボットテーブルから接続することもできます。1つのピボットテーブルを選択します。
そして、[分析]タブにある[フィルターの接続]をクリックします。
フィルターの接続

[フィルター接続(ピボットテーブル2)]ダイアログボックスが表示されます。
接続したいスライサーのタイトルのチェックボックスをオンにします。
フィルター接続ダイアログボックス
PowerPivotの場合も同じです。

お勧め記事と広告

関連記事

表を削除して文字列だけ残すには

表は削除したいけど、セル内の文字列は残したいということがあります。 こういう場合は、[表の解除]ボタンを使います。 まず、表内でクリックして ...

Office用アプリの追加

Office2013では、Office用のアプリを挿入することができます。 Excel2007までは、簡単にカレンダーを挿入して日付をクリッ ...

自動文章校正をオフにしても波線が消えない

Wordで 文章を入力していると、赤や青の波線が表示されることがあります。この波線は、スペルチェックや文章校正で指摘された箇所です。この波線 ...

発表者ツール

[発表者ツール]とは、発表者用のモニターにスライドの内容やノートペイン、タイマー、次のスライド、スライドの切替などを表示する機能です。 発表 ...

タブ付きフォームの作成

Accessでは、タブコントロールを使ってタブ付きのフォームを簡単に作成することができます。 下のようにフィールド数が多く、一画面では見辛い ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.