Windows 8 & Office 2013 Excel 2013

ピボットテーブルのレポートの接続とフィルターの接続

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelのピボットテーブルやピボットグラフでは、スライサーを使用してフィルタリングすると視覚的に分かりやすく、とても便利です。

スライサー(ピボットテーブルとピボットグラフの絞り込み)

スライサーとは、ピボットテーブルとピボットグラフの絞り込み機能です。 スライサーでは複数のピボットテーブル、ピボットグラフでフィルター条件を ...

続きを見る

Excel2013では、テーブルでもスライサーが使用できるようになっています。

テーブルでもスライサーの挿入ができる(フィルター処理を視覚的に)

Excel2013では、テーブルでも[スライサー]が使用できるようになりました。 以下のようなスライサーを使った絞り込みを行うことができます ...

続きを見る

下の画像は、二つのピボットテーブルとピボットグラフがあり、[製品コード]と[地域]のスライサーを挿入したところです。

1つのスライサーで絞りこんで、それを複数のピボットテーブルに反映させたい場合は、[レポートの接続]を使用します。

ピボットテーブル

レポートの接続


1つのスライサーを選択した状態で、[オプション]タブの[スライサー]グループにある[レポートの接続]をクリックします。

ここでは、[地域]スライサーを選択しています。

レポートの接続

[レポート接続(地域)]ダイアログボックスが表示されます。

ピボットテーブルの名前が表示されますので、絞り込みの結果を反映させたいテーブル名のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。

[レポート接続]ダイアログボックス

[地域]スライサーで絞り込むと2個のテーブル、ピボットグラフが連動して絞り込まれます

ピボットテーブルとグラフ

参考スライサーでデータがないアイテムが表示されることがあります。非表示にする設定は以下の記事で解説しています。

スライサーの表示設定(データのないアイテムを非表示にする)

Excelのテーブルやピボットテーブルでは、スライサーという機能を使って、データを絞り込んで表示できます。 スライサーのアイテムをクリックす ...

続きを見る

フィルターの接続

また、ピボットテーブルから接続することもできます。

1つのピボットテーブルを選択します。

そして、[分析]タブの[フィルター]グループにある[フィルターの接続]をクリックします。

フィルターの接続

[フィルター接続(ピボットテーブル2)]ダイアログボックスが表示されます。

接続したいスライサーのタイトルのチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。

[フィルター接続]ダイアログボックス

PowerPivotの場合も同じです。

PowerPivotのインストールとAccessデータベースのインポート

Excel2010には、PowerPivotというアドインを組み込むことができます。 Excel2013にはアドインがインストールされていま ...

続きを見る

関連以下は、Excel2013で解説しているピボットテーブルに関する記事です。

他バージョンでもピボットテーブルに関する記事をアップしています。

ピボットテーブルのフィールドのグループ化

ピボットテーブルでは、フィールドのグループ化をすることができます。データをより大きな括りで分析したい場合に便利です。 グループ化は、数値フィ ...

続きを見る

ピボットテーブルの行や列は[ユーザー設定リスト]の順番で並べ替え

Excelのピボットテーブルで、行や列を並べ替えするときに知っておくと便利な機能があります。 行ラベルや列ラベルは、昇順、降順以外に、ユーザ ...

続きを見る

ピボットテーブルで日付のグループ化ができない

Excelでピボットテーブルを作成して、日付フィールドで[月]ごとのグループ化をしようとしてもできないことがあります。 これは、見た目は日付 ...

続きを見る

ピボットテーブルで複数条件の絞り込みをするにはスライサーを活用

Excelでデータを抽出したり、絞り込みを行うために[データ]タブの[フィルター]をよく利用している方、またはテーブルを作成してフィルターボ ...

続きを見る

ピボットテーブルでスライサーを使用すると列幅が既定に戻ってしまう

ピボットテーブルでは、列幅を調整してもフィルター処理などの操作をすると、また既定の列幅に戻ってしまいます。 更新しても列幅が自動に調整されな ...

続きを見る

累計はピボットテーブルで右クリックして[計算の種類]から簡単に求められる

ピボットテーブルを作成して、右クリックしてショートカットメニューを表示すると、その中に[計算の種類]があります。この[計算の種類]のサブメニ ...

続きを見る

おすすめピボットテーブルは簡単便利

Excel2013には、[挿入]タブの[テーブル]グループに[おすすめピボットテーブル]というボタンがあります。 おすすめグラフと同じように ...

続きを見る

ピボットテーブルのアイテムの並べ替えはドラッグで

Excelのピボットデーブルで作成したフィールドのアイテムは、ドラッグで移動することができます。 この記事の画像は、PowerPivotのテ ...

続きを見る

ピボットテーブルで累計と前年比を求める

Excel2013のピボットテーブルで累計と前年比を求める方法です。 テーブルのフィールドで右クリックして、ショートカットメニューの[計算の ...

続きを見る

ピボットテーブルの【タイムライン】で日付のフィルター処理を行う

Excel2013のピボットテーブルの新機能です。 ピボットテーブルに日付フィールドがある場合、タイムラインで期間を指定してデータを動的に表 ...

続きを見る

ピボットテーブルで前年比を求める

ピボットテーブルで下のような前年比を求める方法です。 商品(A、B、C)ごとの2010年5月と2011年5月の売上を比較しています。 ピボッ ...

続きを見る

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成することもできます。

Excel2016で解説していますが、Excel2013でも同様の操作ができます。

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成

ピボットテーブルの作成に慣れたなら、グラフも同時に作成してみませんか? ここでは、Excel2016で解説します。 サンプルのデータは以下の ...

続きを見る

また、アンケート集計もピボットテーブルを使用すると簡単です。

アンケートはピボットテーブルで簡単集計

アンケートをとって、顧客満足度などの調査をすることがあると思います。 アンケートをとった後は、集計しますね。その時にピボットテーブルを活用す ...

続きを見る

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 8 & Office 2013 Excel 2013

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.