Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly, PDF & Email

PowerPivotウィンドウに数式列を追加する

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2013の[POWERPIVOT]タブにある[管理]ボタンをクリックして現れるウィンドウに数式列を追加する方法を紹介します。

下の画像はExcel2013です。
powerpivot2013

Excel2010のPowerPivotタブの[PowerPivotウィンドウ]をクリックして表示されるPowerPivotウィンドウに数式列を追加するのも同じです。
参考Excel2010では[PowerPivotウィンドウ]ボタンでしたが、Excel2013ではボタンの名前が[管理]に変わりました。操作は同じです。

下の画像はExcel2010です。

列の追加をクリックして数式を入力

PowerPivotウィンドウの[列の追加]に[販売単価]×[数量]として、[売上合計]を求めたいと思います。
[列の追加]をクリックします。数式バーに半角で[=]を入力します。
列の追加

そのまま[販売単価]をクリックします。数式バーに[販売単価]と入力されます。
販売単価

数式バーに[*]を入力した後、[数量]をクリックします。数式バーには、[=[販売単価]*[数量]]と表示されたことを確認して[Enter]キーで確定します。
数量

[数量]の右に[CalculatedColumn1]という名前の列が追加され、最終行まで計算の結果が表示されます。
[CalculatedColumn1]という名前を変更するため、そのセルでダブルクリックします。
CalculatedColumn1

フィールド名の変更

名前を[売上合計]に変更します。
売上合計

ピボットテーブルの作成

[ピボットテーブル]から[ピボットテーブル]をクリックします。
ピボットテーブル

[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。[新しいワークシート]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。
[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックス

ピボットテーブルのフィールドには、先ほど追加した[売上合計]も表示されます。
ピボットテーブルのフィールド

計算フィールドを使用して計算列を追加することもできます。
POWERPIVOT2013の計算フィールド

POWERPIVOT2013の計算フィールド

Excel2013のPowerPivotでは、[計算フィールド]というボタンが追加されました。 Excel2010のPowerPivotでは ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

行と列の交差するセルの値を求める

Excelで下のようなマトリックス表があって、このマトリックス表の行と列の交差する値を関数を使って自動的に求める方法です。早見表などでも使用 ...

目的別スライドショーは印刷も可能

PowerPointでは、用途に合わせてスライドを調整し登録することができる[目的別スライドショー]という機能があります。この[目的別スライ ...

セルをダブルクリックして検索

Excelでセルをダブルクリックして、検索と置換ダイアログボックスを呼び出し、そのセル内の文字列を検索するマクロです。 ワークシート名が[名 ...

長いパスでもクリックで開くには

Outlookのテキストメールで長いURLや、長いパスでもクリックで開く方法です。 [ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリック ...

波線を消すには

Wordで 文章を入力していると、赤や青の波線が表示されることがあります。これは、入力ミスや表記ゆれがある場合に表示されます。指摘された間違 ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.