Windows8 & Office2013 Excel2013

PowerPivotウィンドウに数式列を追加する

投稿日:

Excel2013の[POWERPIVOT]タブにある[管理]ボタンをクリックして現れるウィンドウに数式列を追加する方法を紹介します。
下の画像はExcel2013です。
powerpivot2013
Excel2010の[PowerPivot]タブの[PowerPivotウィンドウ]をクリックして表示されるPowerPivotウィンドウに数式列を追加するのも同じです。
Excel2010では[PowerPivotウィンドウ]ボタンでしたが、Excel2013ではボタンの名前が[管理]に変わりました。ですが、操作は同じです。
下の画像はExcel2010です。

PowerPivotウィンドウの[列の追加]に[販売単価]×[数量]として、[売上合計]を求めたいと思います。
[列の追加]をクリックします。数式バーに半角で[=]を入力します。
列の追加

スポンサーリンク

そのまま[販売単価]をクリックします。数式バーに[販売単価]と入力されます。
販売単価
数式バーに[*]を入力した後、[数量]をクリックします。数式バーには、[=[販売単価]*[数量]]と表示されたことを確認して[Enter]キーで確定します。
数量
[数量]の右に[CalculatedColumn1]という名前の列が追加され、最終行まで計算の結果が表示されます。
[CalculatedColumn1]という名前を変更するため、そのセルでダブルクリックします。
CalculatedColumn1
名前を[売上合計]に変更します。
売上合計
[ピボットテーブル]から[ピボットテーブル]をクリックします。
ピボットテーブル
[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。[新しいワークシート]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。
[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックス
ピボットテーブルのフィールドには、先ほど追加した[売上合計]も表示されます。
ピボットテーブルのフィールド
計算フィールドを使用して計算列を追加することもできます。
POWERPIVOT2013の計算フィールド

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

関連記事

互換性を保持して保存するには

Word97-2003文書(*.doc)で保存されている文書は、まだ多く使用されていると思います。 新機能を使うには、新拡張子(*.docx ...

文書の先頭にある表の上に改行マークを表示するには

Wordで下のように文書の先頭に表を挿入した後、表の上に改行マークを挿入して、文字を入力したいということがあると思います。 その場合の方法で ...

複数オブジェクトの選択が可能

Word2013では、複数オブジェクトの選択が[オブジェクトの選択]ボタンのドラッグ操作で可能になりました。 画像や、テキストボックス、図形 ...

開く時にBackstageを表示したくない

Office2013では、クイックアクセスツールバーの[開く]や[上書き保存]ボタンをクリックした時に、Backstageビューを表示しない ...

IE11への自動アップグレードを無効にする

Internet Explorer10からInternet Explorer11への自動アップグレードを無効にする方法です。 メニューバーの ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.