Windows XP & Office 2003 Excel 2003

[開く]ダイアログボックスでファイルをまとめて開くには

投稿日:2017年1月9日 更新日:

いくつかのブック(ファイル)を開きたいときは、まとめて開いたほうが効率的です。

[開く]ダイアログボックスを開いて、[Ctrl]キーや[Shift]キーを使って、まとめて開くことができます。

[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示

ツールバーの[開く]ボタンをクリックして[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示します。

標準ツールバーの[開く]ボタン

参考ショートカットキーは、[Ctrl]+ [O]ですね。Officeのバージョンに関係なく使用できます。

キーボード[Ctrl]+[O]

Excel2003では、[開く]ボタンを[Shift]キーを押したままクリックすると、[上書き保存]ボタンになります。

[開く]ボタンを[Shift]キーを押したままクリックした[上書き保存]ボタン

[上書き保存]ボタンを[Shift]キーを押したままクリックすると、[開く]ボタンになります。

[上書き保存]ボタンを[Shift]キーを押したままクリックした[開く]ボタン

Shiftキーで隠れコマンドを表示(すべて閉じる・すべて保存)

WindowsやOfficeでは、[Shift]キーを使うと隠れコマンドを表示できることがあります。 Word2003では、[Shift]キ ...

続きを見る

[Ctrl]キーを使って選択

開きたいファイルを1つ選択します。

そのあと、[Ctrl]キーを押しながら2つ目のファイルをクリックして選択していきます。

キーボード[Ctrl]キー

[開く]ボタンをクリックします。

複数ファイルの選択

[Shift]キーを使って選択

また連続したファイルなら、1つ目のファイルを選択したあと、[Shift]キーを押しながら連続した最後のファイルをクリックします。

キーボード[Shift]キー

[開く]ボタンをクリックします。

複数ファイルの選択

参考WordやPowerPointでも同じようにまとめて開くことができます。

[Ctrl]+[Shift]でまとめて選択する方法については、以下の記事でも紹介しています。[開く]ダイアログボックスだけでなく、フォルダー内でまとめて選択する際は、活用してください。

[Ctrl]キーと[Shift]キーを使って複数ファイルをまとめて選択

フォルダの中のファイルを移動やコピー、または削除する場合、複数のファイルを選択して操作できると便利ですね。 複数のファイルを選択する方法を紹 ...

続きを見る

また、ファイルをまとめて閉じることもできます。以下の記事を参考にしてください。

[Shift]キーを押して[すべて閉じる]メニューを表示

複数のブックを立ち上げていても、一度に閉じることができます。 Excel2003のブックを3つ開いています。タスクバーを見るとわかりますね。 ...

続きを見る

Office2013以降は、[Ctrl]+[O]を使って[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示するには、設定が必要です。

Ctrl+Oで【ファイルを開く】ダイアログボックスを表示するには

Office2013では、[ファイルを開く]ダイアログボックスを開くためのショートカットキー[Ctrl]+[O]を押すと、Backstage ...

続きを見る

Excel2007以降は、オプションの設定で[起動時にすべてのファイルを開くフォルダー]を指定できます。これも便利ですよ。

エクセル起動時に指定したファイルをまとめて開く

毎日、複数の特定のブックを開くことが決まっているのであれば、Excelのオプションで自動的にまとめて開く設定をすることができます。 1つ1つ ...

続きを見る

Excelのオプション[起動時にすべてのファイルを開くフォルダー]

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 Excel 2003

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.