Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

Excel2016のおすすめグラフ

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2013から追加された機能に、「おすすめグラフ」というのがあります。

集合縦棒グラフと折れ線グラフの複合グラフも数回のクリックで作成できます。

とても便利です。

でも、同じ表を元に「おすすめグラフ」を表示しても、Excel2013とExcel2016ではちょっと違うんですね。

下の表を元に[挿入]タブにある[おすすめグラフ]をクリックします。

おすすめグラフ

Excel2016のおすすめグラフ

[グラフの挿入]グラフが表示され、一番上に縦棒と折れ線グラフの複合グラフが表示されます。

でも、よく見ると、グラフの名前は[集合縦棒]となっています。

そして、グラフの説明も以下のようになっています。

集合縦棒グラフは、複数の項目間の値を比較する際に使用します。項目の順序が重要でない場合に、このグラフを使用します。

Excel2016のおすすめグラフ

上から2番目のグラフを選択するとグラフは縦棒だけになるんですが、グラフ名は[集合縦棒]でグラフの説明も上のグラフと同じです。

上から2番目のおすすめグラフ

Excel2013のおすすめグラフ

下の画像は、Excel2013のときのおすすめグラフです。

グラフは同じですが、タイトル名は[集合縦棒-第2軸の折れ線]となっています。

説明は、[積み上げ縦棒グラフと折れ線グラフの複合グラフは、異なる種類の情報を強調する際に使用します。グラフの値が大きく異なる場合や、複数の種類のデータがある場合に、このグラフを使用します。]とあります。

この説明の中にもミスがありますね、「積み上げ縦棒グラフ」ではなく、「集合縦棒グラフ」ですね。

Excel2013のおすすめグラフに複合グラフを表示するにはにも書いています。

Excel2013のおすすめグラフ

Excel2016のおすすめグラフの複合グラフの「タイトル」と「説明」は、おそらくミスでしょうね。

タイトルと説明にミスがあっても、複合グラフは完成させることができますので、ぜひ活用してください。

[すべてのグラフ]タブの組み合わせ

複合グラフは、[グラフの挿入]ダイアログボックスの[すべてのグラフ]にある[組み合わせ]から作成することもできます。

が、下のようにこの表ではできません。

行と列の項目数が同じだと[組み合わせ]では作成できないようです。

すべてのグラフの組み合わせ

表の項目数を追加

元の表を下のように変更してみます。

項目を追加した表

おすすめグラフは下のようになり、横軸の項目が増えただけです。

おすすめグラフ

でも[すべてのグラフ]にある[組み合わせ]は下のように変わります。

これだと複合グラフを作成できますね。

すべてのグラフ

前年比の第2軸のチェックボックスをオンにすればいいですね。

このチェックをオンにすると、グラフの挿入ダイアログボックスの上部にあるグラフの種類は、自動的に[ユーザー設定の組み合わせ]が選択されます。

第2軸のチェックボックスをオン

あるいは、左から2番目の[集合縦棒-第2軸の折れ線]グラフを選択します。

[集合縦棒-第2軸の折れ線]グラフ

グラフの元データの列と行でデータ数が多い方が自動的に横軸になります。

この[組み合わせ]では、グラフの組み合わせを自由に変更でき、プレビューで確認できますので効率よくグラフを作成することができます。

積み上げ縦棒に変更

また、組み合わせが不可の場合は[選択した種類のグラフには、既存のグラフで使用されている第2軸が必要です。

別の種類のグラフを選択してください。

]というメッセージウィンドウが表示されます。

情報ウィンドウ

複合グラフの挿入ボタンから作成

複合グラフは、[挿入]タブの[グラフ]グループにある[複合グラフの挿入]から作成することもできます。

ポップヒントには、以下のように記されています。

複合グラフの挿入

この種類のグラフは、異なる種類の情報を強調する際に使用します。グラフ内の値の範囲が大きく異なる場合や、複数の種類のデータがある場合に使用します。

あらかじめ準備された複合グラフを表示するには矢印をクリックし、ドキュメント内にプレビューを表示するには、アイコンをマウスでポイントします。結合する複数のグラフの種類を選ぶには、[ユーザー設定の複合グラフを作成する]をクリックします。

複合グラフの挿入

[複合グラフ]の▼ボタンをおすと、3つのサンプルグラフが表示されます。

組み合わせメニュー表示

マウスでポイントするだけで、リアルタイムプレビューで表示されます。

参考リアルタイムプレビューとは、クリックする前に結果を表示できる機能です。

一覧の選択肢をポイントして、設定後の結果を確認することができます。

確定前に結果を確認できるため、繰り返し設定しなおす手間を省くことができます。

リアルタイムプレビューで表示

関連以下は、主なグラフ関連の記事です。

Excel2010での複合グラフの作成については、以下の記事が参考になると思います。

複合グラフの見えない系列の選択

複合グラフを作成しようと、系列の選択をしてグラフの種類を変更したいのだけど・・・系列が選択できない、見えなくて困ったという経験はありませんか ...

続きを見る

おすすめグラフについては、Excel2013でも解説しています。

おすすめグラフに複合グラフを表示するには

Excel2013のおすすめグラフはとても便利です。 複合グラフの作成ならExcel2013の「おすすめグラフ」が便利 複合グラフですが、あ ...

続きを見る

また、おすすめグラフを使って散布図を作成する方法も紹介しています。

散布図のラベル表示

Excel2013以降では、標準で散布図にラベル表示ができるようになりました。 下のような表を元にラベルを表示した散布図を作成しようと思いま ...

続きを見る

積み上げ縦棒グラフ2本を横並びにする場合もおすすめグラフを使うと効率的です。

前年対比ができる積み上げグラフはおすすめグラフで

Excelで下のような積み上げ縦棒グラフを横に並べて前年対比ができるようなグラフの作成方法です。 Excel2013から[おすすめグラフ]と ...

続きを見る

縦棒グラフに平均値を折れ線グラフで表示する方法を解説しています。

縦棒グラフや折れ線グラフに平均値を追加するには

Excelで支店別の売上を棒グラフや折れ線グラフで作成した後に、平均値のラインを追加したいなと思われることもあると思います。 その場合の方法 ...

続きを見る

体重推移表と体重推移グラフを作ろう。

体重推移表と体重推移グラフを作ろう(朝と夜計測して平均を求める)

ダイエットのためには、毎日体重計に乗ることが一番なのだそうです。 健康のためにも自分の体重の推移は記録して意識しておいたほうがいいですね。 ...

続きを見る

近似曲線を追加して来月の売り上げを予測することもできます。

近似曲線を追加して来月の売上を予測する

作成した折れ線グラフに[近似曲線]を追加して、データの傾向を可視化することができます。 また、来月、再来月などの未来の売上を予測することもで ...

続きを見る

Excel2016では、予測シートという便利な機能があります。

予測シートって便利!ワンクリックで傾向を予測してグラフを表示

Excel2016の[データ]タブには、[予測シート]という機能があります。 Excel2016からの新機能です。 データを基に先の予測をグ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

記事を更新しました

SUM関数を使った累計の求め方(絶対参照と相対参照の組み合わせ)

SUM関数を使った累計を求める方法を解説します。 絶対参照と相対参照の学習にもなるので、読んでいただければと思います。 累計を求めるには、以 ...

ナビゲーションウィンドウの非表示設定とオブジェクトの表示形式

Accessも2007以降、インターフェースが大きく変わりました。 まず、Accessの画面と各部の名称を解説します。 名称を知っておくと、 ...

表の縞模様を1行3列おきに設定するには(新しい表のスタイルを作成)

Wordの表で縞模様は、[縞模様]ダイアログボックスの設定で列方向や行方向の縞の幅は3行、3列まで設定することができます。 たとえば、下のよ ...

イラストの背景を透明に

Word、Excel、PowerPoint、Outlookには透明色を指定して、透明にする機能があります。 イラストの背景を透明にしたい場合 ...

Wordの記録マクロ

Wordでは、操作手順をマクロに記録することができます。 [マクロの記録]操作を実行するには、まず[開発]タブを表示させます。 開発タブの表 ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.