Google検索

Office2019 Excel2019

選択範囲を[Ctrl]キーで一部解除

投稿日:2019年8月12日 更新日:

Excel2019では、セルを選択した後、[Ctrl]キー使ってセル選択を解除できるようになっています。間違って範囲選択しても、[Ctrl]キーを使って一部の選択を解除できます。

これは何気に便利です。操作はExcel2019(永続ライセンス)での解説です。

[Ctrl]キーを使って選択解除

[Ctrl]キーを使って選択範囲を一部解除

以下のような表があります。ここのサンプルではテーブルになっていますが、テーブルではない範囲の場合も同じ操作ができます。

この表で各県の第1営業部の情報を抜き出した表を作成したいとします。

作成済みの表

以下のようにセル[A1]からセル[C9]までを範囲選択します。

範囲選択

青森県の第2営業部と、大分県の第2営業部が含まれています。

[Ctrl]キーを使って選択を解除することができます。

キーボード[Ctrl」キー

[Ctrl]キーを押したまま、選択を解除したい範囲をドラッグします。

ここでは、セル[A4]からセル[C4]と、セル[A7]からセル[C7]をドラッグします。

白抜きになり、選択が解除されます。

[Ctrl]キーを使って選択解除

参考複数シートを選択してグループにした状態でも[Ctrl]キーを使って、選択範囲の一部解除ができます。

複数のワークシートに同時に書式設定(グループ設定の活用)

Excelでは、同じ形式のワークシートを複数作成することはよくあると思います。月別や県別、支店別などに分けて管理されることは多いですね。 そ ...

続きを見る

コピーして貼り付け

このまま、コピーします。

[ホーム]タブの[クリップボード]グループにある[コピー]ボタンをクリックします。

もちろん、ショートカットキー([Ctrl]+[C])でもいいですし、右クリックしてショートカットキーから[コピー]を選択しても構いません。

キーボード[Ctrl]+[C]

[ホーム]タブの[コピー]ボタン

貼り付け先のセル[E1]を選択して、[ホーム]タブの[貼り付け]ボタンをクリックします。ショートカットキーは、[Ctrl]+[V]ですね。

キーボード[Ctrl]+[V]

[ホーム]タブの[貼り付け]ボタン

以下のように貼り付けることができます。第1営業部の情報のみになりました。

貼り付けした結果

参考Excelの他のバージョンで同じ操作をすると、以下のようなメッセージ表示されます。Excel2016(永続ライセンス)での操作です。[Ctrl]キーを押して範囲選択しても、白抜きにはなりませんし、コピーしようとすると、以下のメッセージウィンドウが表示されます。

この操作は複数の選択範囲に対しては機能しません。

Excel2016での操作

[Ctrl]キーを使って離れたセルを選択した後に一部解除

[Ctrl]キーを使うと離れたセルを選択することができますが、間違って選択した場合も[Ctrl]キーを使って解除できます。

例えば、以下のようにセル[A2]、セル[A4]、セル[A8]、セル[A9]を選択しています。

セル[A9]は間違って選択してしまったとします。

離れたセルを選択

[Ctrl]キーを押したまま、セル[A9]をクリックします。セル[A9]の選択は解除されます。

[Ctrl]キーを使って選択解除

参考macでは、[command]キーで選択範囲の解除、セル選択の解除ができます。

Excel2019 for Macは[command]キーで選択範囲を一部解除

Mac版のExcel2019では[command]キーを使って選択範囲の一部を解除することができます。 Excel for Macのバージョ ...

続きを見る

[Ctrl]キーの便利な使い方

[Ctrl]キーを使って、複数のセルを選択した後、同じ文字をまとめて入力することもできます。

例えば、以下のように[Ctrl]キーを使って、離れたセルを複数選択しています。

こういう場合も間違って選択したセルは、[Ctrl]キーを押してクリックすると、選択を解除できます。

離れたセルを複数選択

この後、入力します。ここでは、セル[B10]を選択して変換後[●]と入力しています。最終選択のセルに文字列が入力されます。

セルに入力

最終選択のセル内にカーソルがある状態で、キーボードから[Ctrl]キーと[Enter]キーを同時に押します。

[Ctrl]+[Enter]で確定するということです。選択中のセルにまとめて同じ値を入力できます。

キーボード[Ctrl]+[Enter]

選択した複数のセルにまとめて入力することができます。この操作は値だけでなく数式でもOKです。

結果の表

参考この操作については、以下の記事でも解説しています。

【Ctrl】キーを使って複数セルにまとめて入力

複数のセルに同じ文字列や数字をまとめて入力する方法です。 たとえば、下のような表があります。休みの日をB列に記入したいと思います。 複数セル ...

続きを見る

コピーした行の挿入を効率的に行なうには

Excelの表でコピーした行を複数の行に挿入したいということがあります。 Excelには、[コピーしたセルの挿入]という機能があって、とても ...

続きを見る

フィルターボタンを使って抽出して貼り付け

フィルター機能をオンにしていると、データを抽出して貼り付けることができます。

[データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[フィルター]ボタンをクリックします。

表の見出しに▼ボタンが現れます。

[データ]タブの[フィルター]

[部署]の[フィルターボタン]をクリックします。[第2営業部]と[第4営業部]のチェックボックスをオフにして、[OK]ボタンをクリックします。

[フィルター]ボタンを使って抽出

結果、以下のように第一営業部のデータのみが抽出されます。

抽出した結果

このまま範囲選択してコピーします。そして、セル[A12]を選択して貼り付けます。

参考セル[E1]を選択して貼り付けると、行が非表示になっているので貼り付けしたすぐの状態では、一部の行が非表示になるので気をつけてください。もちろん、フィルターを解除すると、正常に貼り付けられていることを確認できます。

範囲選択後、コピーして貼り付け

このフィルターボタンは便利なので、ぜひ使ってみてください。

フィルターと置換機能を使って不揃いのデータを整える

Excelのフィルター機能は、データのチェックをして整えるときにも便利です。 ピボットテーブルの元表には、統一されたデータがなければ、分析も ...

続きを見る

フィルターの抽出条件はデータの種類で異なる

Excelのフィルター機能を使用すると、条件に合うデータを簡単に抽出することができます。 表をフィルターモードにするには、表内のセルをアクテ ...

続きを見る

また、テーブルに変換すると、自動的にフィルターボタンが付きます。

テーブルの便利機能(テーブルに変換して効率アップ)

Excelのテーブルはとても便利なものです。 通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分 ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Office2019 Excel2019

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.