Windows 7 & Office 2010 Excel 2010

ピボットテーブルの詳細の表示(ドリルスルー)ができない場合の確認

投稿日:2017年1月9日 更新日:

ピボットテーブルでは、ダブルクリックでデータの詳細を表示することができます。

この機能のことを[ドリルスルー]と呼びます。ピボットテーブルの集計表で項目の詳細を表示して確認したいという場合に便利です。

既定では、右クリックのショートカットメニューや、ダブルクリックで表示できるのですが、できない場合は[ピボットテーブルオプション]ダイアログボックスの設定を確認してみてください。

ピボットテーブルオプションの[詳細を表示可能にする]

ピボットテーブルのドリルスルー(詳細の表示)とは

ピボットテーブルのドリルスルーの機能について解説します。

たとえば、簡単に以下のデータをもとにピボットテーブルを作成します。

ピボットテーブルの元データ

データ内のセルをアクティブにして、[挿入]タブの[テーブル]グループにある[ピボットテーブル]をクリックします。

ピボットテーブルの挿入

ピボットテーブルを使用してデータを集計します。

ピボットテーブルを使用すると、複雑なデータの配列や集計、詳細の確認を簡単に行うことができます。

[挿入]タブの[テーブル]グループにある[ピボットテーブル]

[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。

[テーブルまたは範囲を選択]でデータ範囲に問題がないかを確認して、ピボットテーブルレポートを配置する場所は、[新規ワークシート](既定)を選択して[OK]ボタンをクリックします。

[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックス

新規ワークシートに空のピボットテーブルが作成されます。

新規ワークシートの空のピボットテーブル

ここでは、ピボットテーブルのフィールドリストから、[製品]を[行ラベル]へ、[売上額]を[値]エリアへドラッグします。

以下のように製品ごとの売上集計表が作成できます。

ピボットテーブルのフィールドリストをエリアセクションへドラッグ

ドリルスルー(詳細の表示)

集計値のセルで詳細を表示したいセルをアクティブにしてダブルクリックします。

ピボットテーブルの修正セルでダブルクリック

または、右クリックしてショートカットメニューから[詳細の表示]をクリックします。

ショートカットメニューの[詳細の表示]

以下のように、新規ワークシートに集計データの内訳が表示されます。

新規ワークシートの詳細データ

詳細データは自動でテーブルになっています。

詳細データ内のセルをアクティブにすると、[テーブルツール]タブが現れることからも分かると思います。

このデータは削除しても、ピボットテーブルには影響しません。

詳細データ内のセルをアクティブにした時の[テーブルツール]タブ

参考テーブルはとても便利な機能があります。以下の記事で解説しています。

表をテーブルに変換してデータベース管理などの作業効率をアップ

Excelのテーブルはとても便利なものです。 通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分 ...

続きを見る

また、ピボットテーブルを作成する場合も、元データをテーブルに設定しておくと、元データが拡大/縮小された場合に便利です。

ピボットテーブルの元データにテーブルを適用すると範囲の拡張/縮小の更新が便利

ピボットテーブルを作成した後、ピボットテーブルの元データの範囲が変わると、その度に[オプション]タブの[データソースの変更]をクリックしてダ ...

続きを見る

ピボットテーブルの右下のセルでダブルクリック

ピボットテーブルの右下のセルをダブルクリックすると、すべてのデータが新規ワークシートにテーブルとして表示されます。

ピボットテーブルの右下の集計セル

参考この機能を利用してマトリックス表(クロス集計)をテーブルに変換できます。

マトリックス表(クロス集計)をピボットテーブルウィザードでテーブルに変換

マトリックス表(クロス集計)は、ピボットテーブルウィザードの[複数のワークシート範囲]を選択して、リスト形式に変換することができます。 Ex ...

続きを見る

また、複数のマトリックス表を1つのテーブルに統合することもできます。

複数のマトリックス表(クロス集計)をピボットテーブルウィザードで統合

複数のマトリックス表(クロス表)をピボットテーブルウィザードで統合する方法です。[データの統合]という機能を使って、合計を求めたりすることも ...

続きを見る

ドリルスルー(詳細の表示)ができない場合

既定のままであれば、ドリルスルーで集計の元データが表示されるのですが、時々、以下のようなメッセージが表示されることがあります。

ピボットテーブルレポートで現在選択されている部分は変更できません。

[ピボットテーブルレポートで現在選択されている部分は変更できません。]のメッセージウィンドウ

上記メッセージが表示された場合は、[ピボットテーブルオプション]の設定を確認してみてください。

[ピボットテーブルツール]-[オプション]タブの[ピボットテーブル]グループにある[オプション]をクリックします。

[オプション]タブの[オプション]

または、ピボットテーブル内で右クリックして、ショートカットメニューから[ピボットテーブルオプション]をクリックします。

ショートカットメニューの[ピボットテーブルオプション]

[ピボットテーブルオプション]ダイアログボックスが表示されます。

[データ]タブの[詳細を表示可能にする]のチェックボックスがオフになっていませんか?

この項目をオンにして、[OK]ボタンをクリックすると、詳細データが表示されるようになります。

[ピボットテーブルオプション]ダイアログボックス

参考[ピボットテーブルオプション]ダイアログボックスの[データ]タブにある[1フィールドに保持するアイテム数]の設定は、フィルターリストに削除データが表示されるときに確認します。

以下の記事で解説しています。

ピボットテーブルのフィルターに削除したデータが表示される時の解決法

Excelのピボットテーブルの元データを変更(または削除)してピボットテーブルを更新すると、テーブルの内容には問題ないのですが、フィルターリ ...

続きを見る

Excel2010のPowerPivotでドリルスルーができない場合

Excel2010のPowerPivotで、セルをダブルクリックして、詳細を表示しようとすると以下のメッセージが表示され、詳細データは表示されません。

(バージョン10.50.400.0の場合の現象ですが、現在はダウンロードページが削除されています。)

集計セルでは、詳細データの表示を完了できません。

参考ダブルクリックで詳細データを表示する機能のことをドリルスルーと言います。

[集計セルでは、詳細データの表示を完了できません。]のメッセージウィンドウ

右クリックしてショートカットメニューから、[詳細の表示]をクリックしても同じです。

ショートカットメニューの[詳細の表示]

※PowerPivotの最新バージョンでは、詳細の表示ができます。

最新バージョンは 11.0.5635.3です。

Download Microsoft® SQL Server® 2012 SP2 PowerPivot for Microsoft Excel® 2010 from Official Microsoft Download Center(Microsoft)

Excel2013のPowerPivotでは、詳細の表示ができるようになっています。

PowerPivotの詳細の表示

参考PowerPivotが使用できるOfficeのバージョンなどについては、以下の記事を参照してください。

Power Pivot とは - Excel(Microsoft)

以下は、PowerPivotに関する記事です。

PowerPivotのインストールとAccessデータベースのインポート

Excel2010には、PowerPivotというアドインを組み込むことができます。 Excel2013にはアドインがインストールされていま ...

続きを見る

PowerPivotでExcelのデータをインポート

Excel2010のPowerPivotで、Excelのデータをインポートする方法です。 [PowerPivotウィンドウ]を起動して、[そ ...

続きを見る

ピボットテーブルで値領域に移動しようとするとメッセージが表示される

Excel2010でPowerPivotをインストールした環境でピボットテーブルを利用していると、PowerPivotのフィールドリストと、 ...

続きを見る

PowerPivotタブが消えた場合の対処方法

Excel2010でPowerPivotアドインを追加して[PowerPivot]タブが表表示されていたのに、いつの間にか[PowerPiv ...

続きを見る

PowerPivotのデータの更新

Excel2010でPowerPivotで取りこんだデータからピボットテーブルを作成して、そのデータを最新化するためには、PowerPivo ...

続きを見る

PowerPivotの垂直スライサーと水平スライサー

Excel2010のPowerPivotで取り込んだデータを基に作成したピボットテーブルでの[垂直スライサー]と[水平スライサー]の使い方で ...

続きを見る

フィールドの一覧に[垂直スライサー]と[水平スライサー]がない

Excel2010のPowerPivotで作成したピボットテーブルで、フィールドの一覧にあった[垂直スライサー]と[水平スライサー]が消えて ...

続きを見る

PowerPivot2010のリレーションシップ

PowerPivotでは、複数のテーブルに共通フィールドがあるとリレーションシップが自動的に検出されます。 Excel2010のPowerP ...

続きを見る

Wordに埋め込んだExcelの編集ができない

Excel2010でPowerPivotアドインを追加した場合、Word文書に埋め込んだExcelは起動することができません。 [Power ...

続きを見る

PowerPivotのダイアグラムビューの表示

Excel2013のPowerPivotウィンドウには[ダイアグラムビュー]があります。 ちょっと気が付きにくいのですが、実際試してみるとリ ...

続きを見る

PowerPivot2013の計算フィールド

Excel2013のPowerPivotでは、[計算フィールド]というボタンが追加されました。 Excel2010のPowerPivotでは ...

続きを見る

シートからデータモデルへ追加

Excel2013には、POWERPIVOTというアドインが標準で組み込まれています。 POWERPIVOTタブを表示させよう このPOWE ...

続きを見る

リレーションシップを表示(ダイアグラムビューで共通フィールドを関連付け)

Excel2013では、テーブル同士の関連づけが簡単にできます。 VLOOKUP関数を使うより簡単だと思います。 参考[POWERPIVOT ...

続きを見る

PowerPivot2013のリレーションシップ(自動検出と作成)

Excel2013のPowerPivotで、以下の操作でExcelのデータをインポートしました。 Excel2013のPowerPivotで ...

続きを見る

POWERPIVOTの元データの確認は[既存の接続]から

Excel2010からのアドインであるPowerPivotは、便利なのであれこれ活用していますが、時々このピボットテーブルの元データはどこの ...

続きを見る

PowerPivotウィンドウに数式列を追加する

Excel2013の[POWERPIVOT]タブにある[管理]ボタンをクリックして現れるウィンドウに数式列を追加する方法を紹介します。 下の ...

続きを見る

PowerPivotの更新はピボットテーブルの更新ボタンをクリックするだけ

PowerPivotからデータを取り込んでピボットテーブルを作成した場合、データを更新するには、Excel2010では[PowerPivot ...

続きを見る

Excel2010とExcel2013が混在した環境でのPowerPivotは注意が必要

Excel2010のPowerPivotでデータを取り込んで作成したブックを、Excel2013のPowerPivotタブでデータモデルの[ ...

続きを見る

PowerPivotのスライサーの配置

スライサーとは、テーブルやピボットテーブルでデータのフィルタリングを視覚的に実行することができるものです。 Excel2013では、スライサ ...

続きを見る

データモデルの2つのテーブルから計算フィールドを作成

Excelでデータモデルに追加したテーブルを使って計算フィールドを作成する方法です。 ここでは、3つのデータをデータモデルに追加してピボット ...

続きを見る

データモデルのデータを使ってピボットテーブルを作成する方法

Excel2013以降にはPowerPivotというビッグデータを分析できるアドイン機能が標準で搭載されています。 ただし、既定では有効にな ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Access / Excel / PowerPoint / Word

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Excel 2010

Copyright © 2001-2023 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2023 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.