リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly, PDF & Email

ページレイアウトタブに「右から左へ書き進む文書」コマンド

投稿日:2017年7月7日 更新日:

Excel2013の[ページレイアウト]タブの[シートのオプション]グループには[シート(右から左)]というコマンドボタンがあります。
ページレイアウトタブの[シート(右から左)]

ポップヒントには、以下のように記されています。

シートの向きを逆にして、最初の列が右側に表示されるようにします。

この[シート(右から左)]というコマンドボタンをクリックすると、下のように左から始まる列番号が右から始まるようになります。もしかしたら、何かの拍子にこのボタンをクリックして、それに気づかず、突然 右から左の表示になったとしても慌てずにすみますね。また、通常の左から右の表示にならないというトラブルにも、速やかに対処できます。
右から左に表示されたワークシート

このボタンは、どういうときに使うかというと、Excelのワークシートで縦書きの文書を作成するようなときに便利です。
縦書き

Excelの縦書きの設定は、[ホーム]タブの[配置]グループの[方向]ボタンの中にあります。
ホームタブ

ページレイアウトタブの比較

以前からある機能ですが、コマンドボタンとして表示されているのは、Excel2013だけです。
下は、Excel2010です。[ページレイアウト]タブの[シートのオプション]に[シート(右から左)]ボタンはありません。
Excel2010のページレイアウトタブ

Excel2016です。[ページレイアウト]タブの[シートのオプション]に[シート(右から左)]ボタンはありません。
Excel2016のページレイアウトタブ

Excelのオプションから設定

Excel2013以外のバージョンのExcelでこの機能を使う場合は、[Excelのオプション]から設定します。もちろん、Excel2013にもあります。

下の画像はExcel2013の[Excelのオプション]ですが、他のバージョンも同じです。
[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックして表示します。[詳細設定]カテゴリーから[次のシートで作業するときの表示設定]にある[シートを右から左へ表示する]のチェックボックスをクリックしてオンにします。

Excel2013の場合、この設定と[ページレイアウト]タブの[シート(右から左)]ボタンと連動します。
Excelのオプション

クイックアクセスツールバーに登録

[シート(右から左)]ボタンを頻繁に使うのであれば、クイックアクセスツールバーに登録しておくと便利です。Excel2013で解説しますが、他バージョンのExcel2010やExcel2016でも同じ操作で設定できます。

[クイックアクセスツールバーのユーザー設定]をクリックして、[その他のコマンド]をクリックします。
クイックアクセスツールバー

[Excelのオプション]の[クイックアクセスツールバー]が表示されます。[コマンドの選択]で[すべてのコマンド]を選択します。[右から左へ書き進む文書]というコマンドを探して、中央にある[追加]ボタンをクリックします。右側のボックスに[右から左へ書き進む文書]が追加されたことを確認して、[OK]ボタンをクリックします。
Excelのオプションでクイックアクセスツーバーの設定

[クイックアクセスツールバー]に[右から左へ書き進む文書]ボタンが追加されていると思います。
クイックアクセスツールバーの[右から左へ書き進む文書]ボタン

Excel2013のように[ページレイアウト]タブに[シート(右から左)]ボタンがなくても、クイックアクセスツールバーに登録しておくと、使いやすくなります。Excel2013以外のバージョンでも、タブに登録することもできます。以下の記事を参照してください。

マクロをタブに登録するには

マクロをタブに登録するには

Office2010では、タブのカスタマイズができるようになりました。 非常に便利ですね。 Excelのマクロやアドインは、クイックアクセス ...

続きを見る

no image
タブのカスタマイズ

Office2010では、タブをカスタマイズできるようになりました。 オプションダイアログボックスの[リボンのユーザー設定]で設定します。 ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

Excelを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

折れ線はフリーフォームで

Excelでフリーフォームを使って、ギザギザの直線(折れ線・曲がった直線)を描く方法です。 図形からフリーフォームをクリック [挿入]タブの ...

個人情報のチェックはドキュメント検査で

Office2013にも、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。 ドキュメント検査 [ファイル]タ ...

POWERPIVOTの元データの確認

Excel2010からのアドインであるPowerPivotは、便利なのであれこれ活用していますが、時々 このピボットテーブルの元データはどこ ...

Excelのテキストボックスでのタブ設定

Excelでテキストボックスを挿入した後、そのテキストボックス内の文字列にタブ設定をする方法です。 テキストボックスの挿入 [挿入]タブの[ ...

Excel2010とExcel2013が混在した環境でのPowerPivot

Excel2010のPowerPivotでデータを取り込んで作成したブックをExcel2013のPowerPivotタブでデータモデルの[管 ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.