リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

AccessのテーブルやクエリのデータをExcelに取り込む

投稿日:2018年5月4日 更新日:

Accessで作成されたテーブルやクエリのデータをExcelのワークシートに取り込む方法です。

Accessのデータを接続しないで取り込む方法と、接続した状態で取り込む方法の2つを解説します。

AccessとExcelを並べてドラッグ&ドロップで取り込む

まず、Excelへ取り込みたいデータがあるAccessを起動します。そして、Accessのデータを取り込みたいExcelを起動して、ワークシートを表示します。

そして、AccessとExcelを左右に並べます。そして、取り込みたいAccessのテーブルをExcelのセルへドラッグします。

参考Accessのテーブルを開く必要はありません。
AccessからExcelへドラッグ&ドロップ

取り込み先のセルの位置を確認して、ドロップ(マウスから指を離す)します。ここでは、セル[A1]に取り込みます。下のように簡単に取り込むことができます。
AccessからExcelへ取り込んだデータ

B列が[#]が表示されているので、B列とC列の境界線にマウスポインタを合わせて、左右開きになった状態でダブルクリックします。列幅が自動的に調整されます。

参考文字列に対して列幅が足りない場合に[#]が表示されます。
列幅の調整

簡単にAccessのデータをExcelへ取り込むことができます。

参考この方法で取り込んだデータは、Accessのデータと接続していません。ですから、Accessのデータで変更があった場合は、再度 同じ操作が必要になります。
Excelに取り込んだデータ

最大で1,048,576行と16,384列を取り込むことができます。これは、Excel2007移行のワークシートの最大行と最大列ですね。

行と列の覚え方

Excelのワークシートは行と列でなりたっています。 行番号は1行~65,536行までです。 列番号はA列~IV列までの256列です。 参考 ...

続きを見る

クエリの取り込み

クエリも同じようにドラッグ&ドロップで取り込むことができます。テーブルと同じく、Accessのデータとは接続していません。
クエリの取り込み

[外部データの取り込み]機能を使ってAccessのデータを取り込む

[データ]タブにある[外部データの取り込み]機能を使うと、Accessのデータと接続した状態でExcelにデータを取り込むことができます。

[データ]タブの左端にある[外部データの取り込み]をクリックして、[Accessデータベース]をクリックします。
[データ]タブの[外部データの取り込み]

[データファイルの選択]ダイアログボックスが表示されます。取り込みたいAccessを選択して、[開く]ボタンをクリックします。
[データファイルの選択]ダイアログボックス

[テーブルの選択]ダイアログボックスが表示されます。Accessに管理されているテーブルとクエリの一覧が表示されます。取り込みたいデータを選択して[OK]ボタンをクリックします。
[テーブルの選択]ダイアログボックス

[データのインポート]ダイアログボックスが表示されます。既定では、[テーブル]と[既存のワークシート]のセル[A1]が選択されています。

既定のままで問題がなければ、このまま[OK]ボタンをクリックします。

もし、取り込み先のセルを[A1]以外のセルに指定したい場合は、クリックしてセルを指定します。指定したセルを起点にして取り込まれます。また、[新規ワークシート]に取り込むこともできます。
[データのインポート]ダイアログボックス

下のように取り込まれます。取り込んだデータは、[テーブル]になっています。テーブルについての機能は、以下の記事で解説しています。

テーブルの便利機能(テーブルに変換して効率アップ)

Excelのテーブルはとても便利なものです。通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分析 ...

続きを見る

取り込んだデータ

取り込み元の変更を取り込んだデータに反映させる

取り込み元のAccessに変更があって、そのデータを取り込んだExcelのワークシートに反映させる場合の方法です。

データを取り込んだワークシートを開いて、データ内のセルをアクティブにしておきます。(データ内のどのセルでもいいのでクリックします。)

[データ]タブの[接続]グループにある[すべて更新]のテキスト部分をクリックして、[更新]をクリックします。

参考ショートカットキーは、[Alt]+[F5]ですね。
[データ]タブの[更新]

Accessのテーブルで変更されたデータが反映されます。
データが変更された

外部データとの接続を解除する方法

外部データの接続を解除したい場合の方法です。

[データ]タブの[接続]グループにある[接続]をクリックします。ポップヒントには、以下のように記されています。

ブックのすべてのデータ接続を表示します。
データ接続とは、このブックの外にあるデータへのリンクであり、元のデータが変更されると、このデータも更新されます。

[データ]タブの[接続]グループにある[接続]

[ブックの接続]ダイアログボックスが表示されます。接続を解除したい名前を選択して、[削除]ボタンをクリックします。
[ブックの接続]ダイアログボックス

メッセージウィンドウが表示されます。[Ok]ボタンをクリックします。

接続を削除すると、このブックがデータソースから分離され、ブックのデータが更新が正しく機能しなくなります。接続を保持する場合は[キャンセル]をクリックしてください。接続を削除する場合は[OK]をクリックしてください。

メッセージウィンドウ

[ブックの接続]ダイアログボックスは、以下のようになります。

参考データの接続が解除されただけで、Excelに取り込んだデータはそのままです。ただ、Accessのデータに変更があっても、更新されなくなります。
[ブックの接続]ダイアログボックス

参考ExcelのデータをAccessへインポートする方法については、以下の記事で解説しています。

Excelのデータをインポート

AccessにExcelのデータをインポートしてテーブルを作成する方法です。操作は簡単なのですが、なかなか思うように行かないこともあります。 ...

続きを見る

テキストファイルを取り込む方法も解説しています。

テキストファイルウィザードで外部データを取り込む

Excelでは、外部からいろいろな形式のデータを取り込むことができます。[データ]タブにある[外部データの取り込み]機能を使って、テキストフ ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。
Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る


管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数を学び直したい人はぜひ!

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

開始日から終了日までの営業日数を求めるNETWORKDAYS関数

Excelで土日と祝日を除いて、開始日から終了日までの日数を求める方法です。NETWORKDAYS関数を使います。 ここでは、下のような表が ...

縦棒グラフにアニメーションをつける

PowerPointでは、グラフにアニメーション効果を簡単に設定することができます。棒グラフの項目別や系列別にフェードを設定して、より効果的 ...

フォームでのレコードの並べ替え

Accessのフォームでレコードの並べ替えは、フォームのプロパティで行うことができます。 下のようなテーブルを元に作成した帳票フォームがあり ...

単語登録のエクスポートとインポート

Windows10 のIMEで単語登録した一覧をエクスポートする方法です。新しいパソコンへ単語登録したものをインポートしたいとか、またバック ...

ごみ箱をスタート画面にピン留め

Windows10で[ごみ箱]を右クリックすると、ショートカットメニューに[スタート画面にピン留めする]というメニューがあります。 スタート ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.