Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

AccessのテーブルやクエリのデータをExcelに取り込む

投稿日:2018年5月4日 更新日:

Accessで作成されたテーブルやクエリのデータをExcelのワークシートに取り込む方法です。

Accessのデータを接続しないで取り込む方法と、接続した状態で取り込む方法の2つを解説します。

AccessとExcelを並べてドラッグ&ドロップで取り込む

まず、Excelへ取り込みたいデータがあるAccessを起動します。

そして、Accessのデータを取り込みたいExcelを起動して、ワークシートを表示します。

AccessとExcelを左右に並べます。

そして、取り込みたいAccessのテーブルをExcelのセルへドラッグします。

参考Accessのテーブルを開く必要はありません。

AccessからExcelへドラッグ&ドロップ

取り込み先のセルの位置を確認して、ドロップ(マウスから指を離す)します。

ここでは、セル[A1]に取り込みます。

下のように簡単に取り込むことができます。

AccessからExcelへ取り込んだデータ

B列が[#]が表示されているので、B列とC列の境界線にマウスポインタを合わせて、左右開きになった状態でダブルクリックします。

列幅が自動的に調整されます。

参考文字列に対して列幅が足りない場合に[#]が表示されます。

列幅の調整

簡単にAccessのデータをExcelへ取り込むことができます。

参考この方法で取り込んだデータは、Accessのデータと接続していません。

ですから、Accessのデータで変更があった場合は、再度 同じ操作が必要になります。

Excelに取り込んだデータ

最大で1,048,576行と16,384列を取り込むことができます。

これは、Excel2007移行のワークシートの最大行と最大列ですね。

ワークシートの行と列の覚え方

Excelのワークシートは行と列でなりたっています。 行番号は1行~65,536行までです。 列番号はA列~IV列までの256列です。 参考 ...

続きを見る

クエリの取り込み

クエリも同じようにドラッグ&ドロップで取り込むことができます。

テーブルと同じく、Accessのデータとは接続していません。

クエリの取り込み

[外部データの取り込み]機能を使ってAccessのデータを取り込む

[データ]タブにある[外部データの取り込み]機能を使うと、Accessのデータと接続した状態でExcelにデータを取り込むことができます。

[データ]タブの左端にある[外部データの取り込み]をクリックして、[Accessデータベース]をクリックします。

[データ]タブの[外部データの取り込み]

[データファイルの選択]ダイアログボックスが表示されます。

取り込みたいAccessを選択して、[開く]ボタンをクリックします。

[データファイルの選択]ダイアログボックス

[テーブルの選択]ダイアログボックスが表示されます。

Accessに管理されているテーブルとクエリの一覧が表示されます。

取り込みたいデータを選択して[OK]ボタンをクリックします。

[テーブルの選択]ダイアログボックス

[データのインポート]ダイアログボックスが表示されます。

既定では、[テーブル]と[既存のワークシート]のセル[A1]が選択されています。

既定のままで問題がなければ、このまま[OK]ボタンをクリックします。

もし、取り込み先のセルを[A1]以外のセルに指定したい場合は、クリックしてセルを指定します。

指定したセルを起点にして取り込まれます。

また、[新規ワークシート]に取り込むこともできます。

[データのインポート]ダイアログボックス

下のように取り込まれます。取り込んだデータは、[テーブル]になっています。

テーブルについての機能は、以下の記事で解説しています。

テーブルの便利機能(テーブルに変換して効率アップ)

Excelのテーブルはとても便利なものです。 通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分 ...

続きを見る

取り込んだデータ

取り込み元の変更を取り込んだデータに反映させる

取り込み元のAccessに変更があって、そのデータを取り込んだExcelのワークシートに反映させる場合の方法です。

データを取り込んだワークシートを開いて、データ内のセルをアクティブにしておきます。(データ内のどのセルでもいいのでクリックします。)

[データ]タブの[接続]グループにある[すべて更新]のテキスト部分をクリックして、[更新]をクリックします。

参考ショートカットキーは、[Alt]+[F5]ですね。

[データ]タブの[更新]

Accessのテーブルで変更されたデータが反映されます。

データが変更された

外部データとの接続を解除する方法

外部データの接続を解除したい場合の方法です。

[データ]タブの[接続]グループにある[接続]をクリックします。

ポップヒントには、以下のように記されています。

ブックのすべてのデータ接続を表示します。

データ接続とは、このブックの外にあるデータへのリンクであり、元のデータが変更されると、このデータも更新されます。

[データ]タブの[接続]グループにある[接続]

[ブックの接続]ダイアログボックスが表示されます。

接続を解除したい名前を選択して、[削除]ボタンをクリックします。

[ブックの接続]ダイアログボックス

メッセージウィンドウが表示されます。[Ok]ボタンをクリックします。

接続を削除すると、このブックがデータソースから分離され、ブックのデータが更新が正しく機能しなくなります。接続を保持する場合は[キャンセル]をクリックしてください。接続を削除する場合は[OK]をクリックしてください。

メッセージウィンドウ

[ブックの接続]ダイアログボックスは、以下のようになります。

参考データの接続が解除されただけで、Excelに取り込んだデータはそのままです。

ただ、Accessのデータに変更があっても、更新されなくなります。

[ブックの接続]ダイアログボックス

参考ExcelのデータをAccessへインポートする方法については、以下の記事で解説しています。

Excelのデータをインポート

AccessにExcelのデータをインポートしてテーブルを作成する方法です。操作は簡単なのですが、なかなか思うように行かないこともあります。 ...

続きを見る

テキストファイルを取り込む方法も解説しています。

テキストファイルウィザードで外部データを取り込む

Excelでは、外部からいろいろな形式のデータを取り込むことができます。 [データ]タブにある[外部データの取り込み]機能を使って、テキスト ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

記事を更新しました

段落の先頭文字を大きくするドロップキャップ

Wordには段落の先頭文字だけを大きくするドロップキャップという機能があります。 ドロップキャップの文字はレイアウト枠の設定になるので、自由 ...

モザイクを数値で設定するには

ペイントで写真にモザイク(ぼかし)をかける方法は、モザイクをかけるにはペイントでで解説していますが、モザイクをかけるとき、マウスのドラッグ操 ...

縦棒グラフや折れ線グラフに平均値を追加するには

Excelで支店別の売上を棒グラフや折れ線グラフで作成した後に、平均値のラインを追加したいなと思われることもあると思います。 その場合の方法 ...

ワードアートの挿入

Wordでタイトルなどを少し目立たせたい、またはグラフィカルな文字にしたいということがありますね。 そういう時に使うと便利なのがワードアート ...

図の挿入ダイアログボックスの【ファイルにリンク】と【挿入とリンク】

Wordで画像を挿入するには、[挿入]タブの[画像]をクリックして、[図の挿入]ダイアログボックスから挿入します。 画像をコピーして貼り付け ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.