Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

2つのテーブルから計算フィールドを作成

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelでデータモデルに追加したテーブルを使って計算フィールドを作成する方法です。

3つのデータの確認

作成した3つの表があります。

下は4月の売上表です。

4月の売上リスト

下は5月の売上表です。

5月の売上リスト

製品名の表です。

製品名テーブル

データモデルに追加

上記3つの表をそれぞれ、データモデルに追加します。

表内のセルを選択して、[POWERPIVOT]タブの[テーブル]グループにある[データモデルに追加]をクリックします。

自動的に範囲を選択して、[テーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。

[先頭行をテーブルの見出しとして使用する]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。

データモデルに追加

データモデルにリンクマークが付いたシートが3枚追加されます。

下は、それぞれシートの名前を変更しています。

リンクテーブル

ダイアグラムビューの表示

[ダイアグラムビュー]をクリックします。

あるいは、データモデルウィンドウの右下にある[ダイアルグラムビュー]ボタンをクリックします。

ダイアグラムビュー

下のように[製品名]フィールドでリレーションします。

[製品名]テーブルの[製品名]を[4月]と[5月]テーブルの[製品名]へドラッグするだけです。

ピボットテーブルの作成

[ピボットテーブル]をクリックして、新しいシートにピボットテーブルを作成します。

ピボットテーブルの作成

3つのテーブルがフィールドリストに表示されます。

ピボットテーブルのフィールドリスト

テーブル名の変更

ピボットテーブルのフィールドリストに表示されるテーブルの名前は、以下の操作によって変更することができます。

[数式]タブの[名前の管理]をクリックします。

[名前の管理]ダイアログボックスが表示されます。

[編集]ボタンをクリックして、変更することができます。

数式タブ

[名前の編集]ダイアログボックスの名前がピボットテーブルのフィールドリストに表示される名前になりますので、わかりやすい名前にしてください。

名前の編集

[売上4月]と[売上5月]の[売上額]を値フィールドにドラッグします。

行アイテムには[製品名]テーブルの[製品名]フィールドをドラッグします。

ピボットテーブル

新しい計算フィールド

[POWERPIVOT]タブの[計算フィールド]の[新しい計算フィールド]をクリックします。

4月の売上額と5月の売上額の差を求めたいと思います。

新しい計算フィールド

[計算フィールド]ダイアログボックスが表示されます。

[式]のテキストボックスに=を入力して、数式を入力していきます。

半角角括弧( [ )を入力すると、補助メニューが表示されますので、その候補の中から選択します。

ダブルクリックで入力することができます。

計算フィールド

数式の確認

=[合計 売上額]-[合計 売上額2]と入力が終わったら、[数式の確認]ボタンを押してエラーがないか確認します。

問題がなければ、[OK]ボタンをクリックして閉じます。

[計算フィールド名]も分かりやすい名前に変えたほうがいいです。ここでは、既定のままにしています。

数式の確認

[計算フィールド1]が追加されて製品ごとの売上の差を求めることができます。

計算フィールドの追加と結果

フィールド名は、数式バーで変更することができます。

フィールド名変更

[計算フィールド]ダイアログボックスは、[計算フィールド]の[計算フィールドの管理]をクリックして再度表示することができます。

また、作成した計算フィールドは、データモデルの計算領域にも記載されます。

ここでの計算フィールド名は、[計算フィールドの管理]での名前になります。

[計算フィールド]ダイアログボックスで変更することができます。

データモデル

参考計算フィールドについては、以下の記事でも解説しています。

POWERPIVOT2013の計算フィールド

Excel2013のPowerPivotでは、[計算フィールド]というボタンが追加されました。 Excel2010のPowerPivotでは ...

続きを見る

関連以下は、PowerPivotに関する記事です。

PowerPivot for Excel

PowerPivotって凄い!

PowerPivotの元データを確認するには

PowerPivotのエラー

POWERPIVOTタブを表示させよう

Excel2013のPowerPivotでExcelファイルを取り込む

PowerPivotではできないこと

PowerPivot2013のクイック調査

PowerPivot2013の詳細の表示

PowerPivot

Excel2010には、PowerPivotというアドインを組み込むことができます。 Excel2013にはアドインがインストールされていま ...

続きを見る

PowerPivotでExcelファイルのデータをインポート

Excel2010のPowerPivotで、Excelファイルのデータをインポートする方法です。 PowerPivotウィンドウ起動 [Po ...

続きを見る

ピボットテーブルで値領域に移動しようとするとメッセージが出る

Excel2010でPowerPivotをインストールした環境でピボットテーブルを利用している時に、[列]や[行]フィールドから、[値]フィ ...

続きを見る

PowerPivotの詳細の表示(ドリルダウン)ができない

Excel2010のPowerPivotで、セルをダブルクリックして、詳細を表示しようとすると[集計セルでは、詳細データの表示を完了できませ ...

続きを見る

PowerPivotタブが消えた

Excel2010でPowerPivotアドインを追加して[PowerPivot]タブが表表示されていたのに、いつの間にか[PowerPiv ...

続きを見る

PowerPivotのデータの更新

Excel2010でPowerPivotで取りこんだデータからピボットテーブルを作成して、そのデータを最新化するためには、PowerPivo ...

続きを見る

PowerPivotの垂直スライサーと水平スライサー

Excel2010のPowerPivotで取り込んだデータを元を作成したピボットテーブルでの[垂直スライサー]と[水平スライサー]の使い方で ...

続きを見る

フィールドに[垂直スライサー]と[水平スライサー]がない

Excel2010でPowerPivotで作成したピボットテーブルで、フィールドの一覧にあった[垂直スライサー]と[水平スライサー]が消えて ...

続きを見る

PowerPivotのリレーションシップ

PowerPivotでは、リレーションシップが自動的に検出されます。 Excel2010のPowerPivotで、下の操作でExcelファイ ...

続きを見る

Wordに埋め込んだExcelの編集ができない

Excel2010でPowerPivotアドインを追加した場合、Word文書に埋め込んだExcelは起動することができません。 [Power ...

続きを見る

PowerPivotのダイアグラムビュー

Excel2013のPowerPivotウィンドウにはダイアグラムビューがあります。 ちょっと気が付きにくいのですが、実際試してみるとリレー ...

続きを見る

シートからデータモデルへ追加

Excel2013には、POWERPIVOTというアドインが標準で組み込まれています。 POWERPIVOTタブを表示させよう このPOWE ...

続きを見る

Excel2013ではリレーションシップを使おう

Excel2013では、テーブル同士の関連づけが簡単にできます。 VLOOKUP関数を使うより簡単だと思います。 参考[POWERPIVOT ...

続きを見る

PowerPivot2013のリレーションシップ

Excel2013のPowerPivotで、以下の操作でExcelファイルを取込ました。 Excel2013のPowerPivotでExce ...

続きを見る

ピボットテーブルのレポートの接続とフィルターの接続

Excelのピボットテーブルやピボットグラフでは、スライサーを使用してフィルタリングすると視覚的に分かりやすく、とても便利です。 下の画像は ...

続きを見る

POWERPIVOTの元データの確認

Excel2010からのアドインであるPowerPivotは、便利なのであれこれ活用していますが、時々 このピボットテーブルの元データはどこ ...

続きを見る

PowerPivotウィンドウに数式列を追加する

Excel2013の[POWERPIVOT]タブにある[管理]ボタンをクリックして現れるウィンドウに数式列を追加する方法を紹介します。 下の ...

続きを見る

PowerPivotの更新はピボットテーブルの更新ボタンをクリックするだけ

PowerPivotからデータを取り込んでピボットテーブルを作成した場合、データを更新するには、Excel2010では[PowerPivot ...

続きを見る

Excel2010とExcel2013が混在した環境でのPowerPivotは注意が必要

Excel2010のPowerPivotでデータを取り込んで作成したブックをExcel2013のPowerPivotタブでデータモデルの[管 ...

続きを見る

PowerPivotのスライサーの配置

Excel2010では、PowerPivotで作成したピボットテーブルには、フィールドリストに[垂直スライサー]と[水平スライサー]というの ...

続きを見る

データモデルのデータを使ってピボットテーブルを作成する方法

Excel2013以降にはPowerPivotというビッグデータを分析できるアドイン機能が標準で搭載されています。 ただし、既定では有効にな ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.