Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly, PDF & Email

2つのテーブルから数式フィールドを作成

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelでデータモデルに追加したテーブルを使って数式フィールドを作成する方法です。

作成した3つの表があります。
下は4月の売上表です。
4月の売上リスト

下は5月の売上表です。
5月の売上リスト

製品名の表です。
製品名テーブル

データモデルに追加

上記3つの表をそれぞれ、データモデルに追加します。
表内のセルを選択して、[POWERPIVOT]タブの[テーブル]グループにある[データモデルに追加]をクリックします。自動的に範囲を選択して、[テーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。[先頭行をテーブルの見出しとして使用する]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。
データモデルに追加

データモデルにリンクマークが付いたシートが3枚追加されます。下は、それぞれシートの名前を変更しています。
リンクテーブル

ダイアグラムビューの表示

[ダイアグラムビュー]をクリックします。あるいは、データモデルウィンドウの右下にある[ダイアルグラムビュー]ボタンをクリックします。
ダイアグラムビュー

下のように[製品名]フィールドでリレーションします。[製品名]テーブルの[製品名]を[4月]、[5月]テーブルの[製品名]へドラッグするだけです。

ピボットテーブルの作成

[ピボットテーブル]をクリックして、新しいシートにピボットテーブルを作成します。
ピボットテーブルの作成

3つのテーブルがフィールドリストに表示されます。
ピボットテーブルのフィールドリスト

テーブル名の変更

ピボットテーブルのフィールドリストに表示されるテーブルの名前は、以下の操作によって変更することができます。[数式]タブの[名前の管理]をクリックします。[名前の管理]ダイアログボックスが表示されます。[編集]ボタンをクリックして、変更することができます。
数式タブ

[名前の編集]ダイアログボックスの名前がピボットテーブルのフィールドリストに表示される名前になりますので、わかりやすい名前にしてください。
名前の編集

[売上4月]と[売上5月]の[売上額]を値フィールドにドラッグします。行アイテムには[製品名]テーブルの[製品名]フィールドをドラッグします。
ピボットテーブル

新しい計算フィールド

[POWERPIVOT]タブの[計算フィールド]の[新しい計算フィールド]をクリックします。
4月の売上額と5月の売上額の差を求めたいと思います。
新しい計算フィールド

[計算フィールド]ダイアログボックスが表示されます。[式]のテキストボックスに=を入力して、数式を入力していきます。[を入力すると、補助メニューが表示されますので、その候補の中から選択します。
計算フィールド

数式の確認

=[合計 売上額]-[合計 売上額2]と入力が終わったら、[数式の確認]ボタンを押してエラーがないか確認します。問題がなければ、[OK]ボタンをクリックして閉じます。
数式の確認

[計算フィールド1]が追加されて製品ごとの売上の差を求めることができます。フィールド名は、数式バーで変更するこができます。[計算フィールド]ダイアログボックスは、[計算フィールドの管理]をクリックして再度表示することができます。
計算フィールドの追加と結果

また作成した計算フィールドは、データモデルの計算領域にも記載されます。
データモデル

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

検索して分からなかったら【teratail】に質問!

あなたへのおすすめ

関連記事

行と列の交差するセルの値を求める

Excelで下のようなマトリックス表があって、このマトリックス表の行と列の交差する値を関数を使って自動的に求める方法です。早見表などでも使用 ...

PowerPivotの更新はピボットテーブルの更新ボタンをクリックするだけ

PowerPivotからデータを取り込んでピボットテーブルを作成した場合、データを更新するには、Excel2010では[PowerPivot ...

PowerPivotのダイアグラムビュー

Excel2013のPowerPivotウィンドウにはダイアグラムビューがあります。 ちょっと気が付きにくいのですが、実際試してみるとリレー ...

A列の文字列からB列の文字列を省くには

Excelで下のようにA列とB列に文字列が入力されていて、A列のセルからB列の文字列を抜いた文字列をC列のセルへ表示する方法です。SUBST ...

グラフをプレビューして確定

Excel2013では、グラフの種類を決定する際、プレビューで確認しながら確定できるようになりました。 Excel2010の場合 Excel ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.