Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Office2013

Ctrl+Oで【ファイルを開く】ダイアログボックスを開くには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2013では、開くダイアログボックスを開くためのショートカットキー[Ctrl]+[O]キーを押すと、[ファイルを開く]ダイアログボックスではなく、Backstageビューが表示されます。

Backstageビュー

[Backstageを表示しない]をオン

[ファイルを開く]ダイアログボックスを開くするようにするには、[オプション]ダイアログボックスの[保存]カテゴリーにある[ファイルを開いたり保存したりするときにBackstageを表示しない]のチェックボックスをオンにします。

注意この設定は、1つのアプリケーションで設定すると、他のアプリケーションも連動します。

オプションダイアログボックス

これでショートカットキー[Ctrl]+[O]キーで[ファイルを開く]ダイアログボックスが表示されるようになります。

ファイルを開くダイアログボックス

関連以下のページでも解説しています。

開く時にBackstageビューを表示しない設定

Office2013では、クイックアクセスツールバーの[開く]や[上書き保存]ボタンをクリックした時に、Backstageビューを表示しない ...

続きを見る

参考WordやExcelを起動したときにスタート画面を表示しないようにすることもできます。

起動時に白紙文書や空白のブックを起動したいの記事で解説していますが、[オプション]ダイアログボックスの[基本設定]の一番下にある[このアプリケーションの起動時にスタート画面を表示する]のチェックボックスをオフにするだけです。

アプリケーションごとの設定が必要です。

オプションダイアログボックス

関連以下は、Backstageビューについての関連記事です。

ExcelのBackstageビュー

Excel 2010 BackstageビューについてのMicrosoftの紹介ページです。 Backstageビューでは、ファイルを開く、 ...

続きを見る

Backstage View

[ファイル]タブをクリックして表示される画面を[Backstage View]と呼びます。 ファイルを開く、保存する、印刷する、保存と送信な ...

続きを見る

Backstageビューとは

Office2010では、よく[バックステージビュー]という言葉を耳にされると思います。 [バックステージビューを開いて・・]と言われても、 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Office2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.