リンクユニット

Windows10 & Office2016 Office2016

Print Friendly, PDF & Email

書式とサイズはそのままにして図を変更

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Word、Excel、PowerPoint、Outlookには挿入した図のスタイルやサイズ、位置はそのままにして、図のみを変更ができる機能があります。 バージョンはOffice2007以降です。

たとえば、下のようにWordで作成した案内文書があって、図を挿入しています。
文書

その図は、[書式]タブのスタイルから図全体の体裁を変更しています。ここでは、[楕円、ぼかし]を選択しています。
楕円、ぼかし

そして、[図の効果]から[光彩]から[光彩:11pt; 緑、アクセントカラー 6]を設定しています。
光彩

図の変更方法

せっかく設定しても、図の変更をしなければならない、または変更したくなることがあります。そういう時に便利なのが[図の変更]です。設定した図を削除して、再度 挿入して、また図にスタイルを設定する必要はありません。図だけを変更することができます。

まず、図を選択します。[書式]タブの[調整]グループにある[図の変更]をクリックします。ポップヒントには、以下のように記されています。

現在の図の書式とサイズを保持したままで、別の図に変更します。

図の変更

図を右クリックして、ショートカットメニューの[図の変更]をクリックしても同じです。
ショートカットメニュー

[図の変更]をクリックすると、下のように[画像の挿入]ウィンドウが表示されます。ファイルに保存している場合は、[ファイルから]をクリックします。
画像の挿入

そして、目的の画像を選択すると、下のように画像のみを変更することができます。便利ですね!
完成文書

Office2007でも解説しています。図の変更

Mac版のOfficeでも解説しています。

挿入した画像をスタイルや大きさをそのままにして差し替える

Office 2016 for Macで挿入した画像を、他の画像に差し替える方法です。挿入済みの画像は削除せず、設定されたスタイルはそのまま ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】で質問してみましょう。

一度は読んでおきたい、お勧めのテキストです。

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

Wordの記録マクロ

Wordでは、操作手順をマクロに記録することができます。[マクロの記録]操作を実行するには、まず[開発]タブを表示させます。 開発タブの表示 ...

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成

Excel2013以降には、ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成できるコマンドがあります。ピボットテーブルの作成に慣れた方なら、グラ ...

開くときに意図しないパラメーターの入力ウィンドウが表示される

Accessで作成したデータベースのテーブルや、クエリ、フォーム、レポートを開こうとすると、下のように[パラメータの入力]を求めるウィンドウ ...

ルックアップウィザードを使用して値のリストを設定(表示する値を入力して設定)

テーブルのデータ型には、[ルックアップウィザード]というのがあります。ルックアップウィザードを指定して、ウィザードに従って設定していくと、フ ...

印刷したくない文字列はテキストボックスを使うと便利

Wordには、隠し文字という機能があるのですが、Excelには隠し文字の機能はありません。もし、Excelで印刷したくない文字列があるならば ...

-Windows10 & Office2016 Office2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.