Windows 10 & Office 2016 Office 2016

操作アシストの活用とヘルプの表示

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2016の新機能です。

リボンに[操作アシスト]という機能が追加されました。

ここでは、例としてWord2016で解説します。

操作アシスト

操作アシストのテキストボックスに操作したい語句を入力すると、関連する操作コマンドが表示されます。

あのコマンドはどこだったかしらと探す手間が減るかもしれません。効率よく操作したいですね。

[操作アシスト]の位置


下の画像は、Word2016ですが、他のアプリケーションも同じように[何をしますか?]と表示されているのが[操作アシスト]です。

画像は、バージョン2010(ビルド 13328.20356)です。

操作アシスト

ウィンドウの幅が狭い場合は、下のように[操作アシスト]と表示されます。

操作アシスト

[操作アシスト]のショートカットキー

操作アシストのショートカットキーは、[Alt]+[Q]です。

ショートカットキーを使用すると、操作アシストにカーソルが移動します。

キーボード[Alt]+[Q]

操作アシストの使い方

操作アシストのテキストボックスに[表]と入力すると、下のように表に関連するメニューが現れます。

目的にあったコマンドを見つけて素早くアクセスすることができますね。

[操作アシスト]のテキストボックスに入力

参考バージョン2010(ビルド 13328.20356)では、以下のように変化しています。

操作アシストに入力(バージョン2010)

例:[上付き文字]と入力

例えば[上付き文字]と入力すると、[フォントの設定]が表示されるのでクリックすると、

上付き文字と入力

参考バージョン2010(ビルド 13328.20356)では、以下のように表示されます。

バージョン2010の操作アシスト

[フォント]ダイアログボックスの表示

[フォント]ダイアログボックスが表示されるので、[上付き文字]の設定を探す手間なく行うことができます。

フォントダイアログボックス

最近使用した項目

また、操作アシストを使用していると、[最近使用した項目]が新しい順に5個表示されるようになります。

最近使用した項目

参考バージョン2010(ビルド 13328.20356)では、以下のように[最近使用した操作]が3個、[試してみる]が3個表示されるようになっています。

操作アシスト

スマート検索

下のように[スマート検索]をクリックすると、スマート検索を利用してウィキィペディアやWebでの検索もできます。

スマート検索

以下の画像は、バージョン2010(ビルド 13328.20356)です。

["〇〇"に関するその他の検索結果]がスマート検索になります。

[操作アシスト]から[スマート検索]を操作

クリックすると、以下のようにウィンドウの右側に[検索]ウィンドウが表示されます。

[検索]ウィンドウ

[スマート検索」については、以下の記事で解説しています。

スマート検索(選択した語句で素早く検索結果を表示)

Office2016の新機能です。 [校閲]タブの[インサイト]グループに[スマート検索]というボタンがあります。 ポップヒントには、以下の ...

続きを見る

バーコードは、Accessで作成できます。

バーコードとQRコードの作成

Access2016でバーコードとQRコードをレポートに表示する方法を紹介します。 実際、使用するには、バーコードリーダーや諸々の環境でテス ...

続きを見る

[ヘルプ]作業ウィンドウの表示

ヘルプはどうやって表示するかというと、キーボードから[F1]キーを押します。

キーボード[F1]

ウィンドウの右側に[ヘルプ]ウィンドウが表示されます。

ヘルプウィンドウ

[ヘルプ]と[スマート検索]の違い

[ヘルプ]と[スマート検索]の違いは以下のようになります。

以下は、「バーコード」で検索しています。

ヘルプとスマート検索

参考作業ウィンドウの操作については、以下の記事で解説しています。ドラッグで移動させたり、サイズを調整することができます。

作業ウィンドウの操作(タイトルをダブルクリックで固定位置へ)

WordやExcelの操作中にコマンドボタンをクリックすると、ウィンドウの左右どちらかに[作業ウィンドウ]が現れることがあります。 [図の書 ...

続きを見る

[ヘルプ]タブの[ヘルプ]

Office2016と2019には、[ヘルプ]タブがあります。

画像は、バージョン2010(ビルド 13328.20356)です。

[ヘルプ]タブの[ヘルプ]

[ヘルプ]タブの表示/非表示

もし、[ヘルプ]タブが表示されていない、表示したくない場合は、以下の[リボンのユーザー設定]で設定してください。

[ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリックします。

[リボンのユーザー設定]の右側にある[ヘルプ]のチェックボックスをオン、またはオフにして[OK]ボタンをクリックします。

Wordのオプションの[リボンのユーザー設定]

[ヘルプ]をクイックアクセスツールバーに登録

[ヘルプ]はクイックアクセスツールバーに登録しておくことができます。

[ヘルプ]タブを表示しているのであれば、[ヘルプ]タブの[ヘルプ]で右クリックして、[クイックアクセスツールバーに追加]をクリックします。

画像は、バージョン2010(ビルド 13328.20356)です。

クイックアクセスツールバーに追加

クイックアクセスツールバーに[ヘルプ]が表示されます。

[F1]キーを押したときと同じ動作になります。

クイックアクセスツールバーの[ヘルプ]

参考クイックアクセスツールバーの[ヘルプ]のアイコンを削除する場合は、コマンドボタンで右クリックしてショートカットメニューから[クイックアクセスツールバーから削除]をクリックします。

[クイックアクセスツールバーから削除]

[ヘルプ]タブを表示していない場合

[クイックアクセスツールバーのユーザー設定]から[その他のコマンド]をクリックします。

クイックアクセスツールバーのユーザー設定

[Wordのオプション]の[クイックアクセスツールバー]が表示されます。

[コマンドの選択]で[すべてのコマンド]を選択して、[ヘルプ]を探します。

中央の[追加]ボタンをクリックします。

右側のウィンドウに[ヘルプ]が表示されたことを確認して、[OK]ボタンをクリックします。

[ヘルプ]ボタンを追加

Office2013では、ヘルプはオフラインとオンラインで切り替えができたのですが、Office2016では切り替えはできないようです。オンラインのみの表示になります。

以下は、Office2013のヘルプについての記事です。

オフラインヘルプの利用(内容はリボンのポップヒントと同じ)

Office2013でオフラインでヘルプを参照する方法です。 Office2013では、Office2010のときにはBackstageビュ ...

続きを見る

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 10 & Office 2016 Office 2016

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.