リンクユニット

Windows10 & Office2016 Office2016

テキストボックスの書式のコピー/貼り付けが出来ない

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2016に限ったことではないのですが、よく質問を受けるので取り上げてみました。Wordや、Excel、PowerPointでも操作は同じです。ここでは、Word2016で解説します。
複数のテキストボックスを挿入して、下のように1つのテキストボックスの塗りつぶしを変更したとします。
複数のテキストボックス

そして、その書式を他のテキストボックスへ反映させたい場合、[ホーム]タブの[書式のコピー/貼り付け]ボタンを使うと効率的ですね。

参考[書式のコピー/貼り付け]ボタンについては、以下の記事を参照されてください。
ダブルクリックでいくつでも

ダブルクリックでいくつでも

[書式のコピー/貼り付け]ボタンは、すでに使った書式を同じように使いたいときに便利です。 また、このボタンはダブルクリックすると、繰り返して ...

続きを見る

[書式のコピー/貼り付け]のポップヒント(スーパーツールチップ)

【書式のコピー/貼り付け】のポップヒント(スーパーツールチップ)の内容

Excel、Word、PowerPoint、Accessなどにある[書式のコピー/貼り付け]ボタンですが、このボタンをポイントすると現れるポ ...

続きを見る

書式のコピー/貼り付けボタン

ですが、この時「できません。」「できたり、できなかったりします。」という声を聞くことがあります。出来ない時の原因は、テキストボックスの選択ができていない場合が多いんですね。

テキストボックスの選択ができている

下は、テキストボックスの選択が出来ている状態です。テキストボックス内にカーソルがありません。
テキストボックスの選択

テキストボックスの選択ができていない

下は、テキストボックスの選択が出来ていない状態です。

テキストボックス内にカーソルがある状態は、テキストボックスの選択ができていません。この状態でコピーしてもダメなんですね。これは、文字列を入力する状態になっています。
文字列を入力する状態

テキストボックスを選択するには

テキストボックスを選択する場合は、枠線上で一度クリックして、テキストボックス内にカーソルがないことを確認して、[書式のコピー/貼り付け]ボタンをクリックしてください。今度はうまく書式を貼り付けすることができると思います。
枠線上でクリック

テキストボックスを選択した状態で、[書式のコピー/貼り付け]ボタンをダブルクリックすると、複数のテキストボックスに書式を連続して貼り付けることができます。

解除する場合は、キーボードから[Esc]キーを押すか、再度 [書式のコピー/貼り付け]をクリックします。

参考また、貼り付け先のテキストボックスでは、枠線をクリックする必要はないです。テキストボックス内でクリックします。
書式のコピー/貼り付けを実行

テキストボックス内のすべての文字列の書式を変更する場合も、テキストボックスを選択した状態で行うと一度に行うことができます。
テキストボックス内の文字列の変更

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

文書中の語句を索引用語として登録して【索引】を作成

索引とは、特定の用語を見つけやすくするため、五十音順やABC順に並べて、その用語が掲載されているページ番号を掲載した一覧のことです。論文や報 ...

ページ幅が異なるPDFの幅を揃えるには印刷設定で

Windows10に標準搭載のEdgeは、PDFビューワーとしての機能もあります。 Windows10ではAdobe Readerが不要で、 ...

項目軸を中央に配置した人口ピラミッドグラフの作成

Excelのグラフで人口ピラミッドを作成し、項目軸を中央に配置する方法を紹介します。 項目軸を左位置に配置した人口ピラミッドの作成方法は、以 ...

ごみ箱をスタート画面にピン留め

Windows10で[ごみ箱]を右クリックすると、ショートカットメニューに[スタート画面にピン留めする]というメニューがあります。 スタート ...

PowerPointのノート(発表者用メモ)をドキュメント検査で全て削除

PowerPointのスライドには、発表者用のメモを入力する領域があります。ノートと呼ばれる領域です。活用している方も多いと思います。発表者 ...

-Windows10 & Office2016 Office2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.