Windows 10 & Office 2016 Office 2016

テキストボックスの[書式のコピー/貼り付け]ができない

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2016に限ったことではないのですが、「テキストボックスで書式のみをコピーして貼り付けようとしてもできない」と、よく質問を受けます。

Wordや、Excel、PowerPointでも操作は同じです。

ここでは、Word2016で解説します。

テキストボックスの選択

テキストボックスの挿入

テキストボックスは、[挿入]タブの[テキスト]グループの[テキストボックス]から挿入します。

テキストボックスの作成

任意の場所にテキストボックスを挿入します。

図形やオブジェクトにテキストを追加するときなど、必要なサイズのテキストボックスを簡単に作成できます。

[挿入]タブの[テキストボックスの挿入]

または、[挿入]タブの[図形]をクリックして、テキストボックスをクリックして描画します。

横書きテキストボックスと、縦書きテキストボックスがあります。

ExcelやPowerPointも[図形]の中にあります。

図形からテキストボックスを挿入

[書式のコピー/貼り付け]のコマンドを使用して操作

本文内に複数のテキストボックスを挿入して、1つのテキストボックスに塗りつぶしを設定します。

[図形の書式]タブの[図形の塗りつぶし]から色を選択

他のテキストボックスに同じ書式を設定したいと思います。

複数のテキストボックス

書式を他のテキストボックスへ反映させたい場合、[ホーム]タブの[書式のコピー/貼り付け]ボタンを使うと効率的ですね。

参考[書式のコピー/貼り付け]ボタンについては、以下の記事を参照してください。

[書式のコピー/貼り付け]と[オートシェイプ]はダブルクリックで連続操作

[書式のコピー/貼り付け]ボタンは、すでに設定済みの書式を同じように使用したいときに便利です。 また、このボタンはダブルクリックすると、繰り ...

続きを見る

リボンのポップヒントの内容とその活用(オプションで非表示設定も)

Office2013のポップヒントは、Office2010の時のポップヒントと比べると、より詳細になって分かりやすくなっています。 Exce ...

続きを見る

書式のコピー/貼り付けボタン

[書式のコピー/貼り付け]のショートカットキー

ポップヒントにも記されていますが、[書式のコピー/貼り付け]にはショートカットキーがあります。

参考WordやPowerPoint、Outlookなどでは、このショートカットキーが文字列に対して使用できますが、Excelではセルには使用できません。Excelでは、テキストボックスや図形には、このショートカットキーが適用できますが、セルに対してはコマンドボタンを使用します。

[書式のコピー/貼り付け]のポップヒント

書式設定された文字列をコピーするときに[Ctrl]+[Shift]+[C]を使用して、

キーボード[Ctrl]+[Shift]+[C]

貼り付け先で[Ctrl]+[Shift]+[V]を使用します。

キーボード[Ctrl]+[Shift]+[V]

ですが、この時「できません。」「できたり、できなかったりします。」という声を聞くことがあります。

できない時の原因は、テキストボックスの選択ができていない場合が多いんですね。

テキストボックスの選択ができている

下は、テキストボックスの選択ができている状態です。

テキストボックス内にカーソルがありません。

テキストボックスの選択

テキストボックスの選択ができていない

下は、テキストボックスの選択ができていない状態です。

テキストボックス内にカーソルがある状態は、テキストボックスの選択ができていません。

この状態でコピーしてもダメなんですね。

これは、文字列を入力する状態になっています。

文字列を入力する状態

テキストボックスを選択するには

テキストボックスを選択する場合は、枠線上で一度クリックして、テキストボックス内にカーソルがないことを確認して、[書式のコピー/貼り付け]ボタンをクリックしてください。

今度はうまく書式を貼り付けすることができると思います。

枠線上でクリック

テキストボックスを選択した状態で、[書式のコピー/貼り付け]ボタンをダブルクリックすると、複数のテキストボックスに書式を連続して貼り付けることができます。

解除する場合は、キーボードから[Esc]キーを押すか、再度、[書式のコピー/貼り付け]をクリックします。

参考また、貼り付け先のテキストボックスでは、枠線をクリックする必要はないです。

テキストボックス内でクリックします。

書式のコピー/貼り付けを実行

テキストボックス内のすべての文字列の書式を変更する場合も、テキストボックスを選択した状態で行うと一度に行うことができます。

テキストボックス内の文字列の変更

参考テキストボックスは、文字列を他のテキストボックスへ流し込んでリンクさせることができます。

テキストボックス内の文字列をリンクして文章の流し込みを行う

Wordでは、テキストボックス内の文字列を別のテキストボックスへ流し込んでリンクさせることができます。 画像と合わせて複数のテキストボックス ...

続きを見る

以下はテキストボックスに関する記事です。

差し込み印刷の【名簿】でリスト分のテキストボックスを簡単作成

Wordの差し込み印刷にある[名簿]という機能を使って、フィールドを差し込んだテキストボックスを1つ作成して新規文書に差し込むと、リスト全件 ...

続きを見る

図形やテキストボックスを固定する

Wordで図やテキストボックス、図形などを挿入した後、[Enter]キーを押すと図やテキストボックスまで移動してしまうことがあります。 改行 ...

続きを見る

Excelのテキストボックスでのタブ設定

Excelでテキストボックスを挿入した後、そのテキストボックス内の文字列にタブ設定をする方法を紹介します。 テキストボックスの挿入 [挿入] ...

続きを見る

印刷したくない文字列はテキストボックスや図形を使うと便利

Wordには、隠し文字という機能があるのですが、Excelには隠し文字の機能はありません。 もし、Excelで印刷したくない文字列があるなら ...

続きを見る

テキストボックスにセルの内容をリンク

Excel2010に限ったことではありませんが、テキストボックスはセルの内容をリンクさせることができます。 テキストボックスは、ワークシート ...

続きを見る

文字列を範囲選択して横書き/縦書きテキストボックスに変更

すでに入力した文章でもテキストボックスに変更することができます。 入力済みの文字列は、範囲選択して[挿入]タブの[テキストボックス]を選択す ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Profile

執筆者/はま

-Windows 10 & Office 2016 Office 2016

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.