Windows10 & Office2016 Office2016

Print Friendly, PDF & Email

複雑な図形の操作をする時には選択ウィンドウを表示

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2010からの機能として、[オブジェクトの選択と表示]というのがあります。この機能は、複雑な図形やテキストボックスなどを操作するときに非常に便利です。Word、Excel、PowerPoint、Outlookなどにありますが、ここではExcel2016を使って解説します。

図形を使って下のようなお絵かきをしました。この絵を編集したいと思います。
図形を使ったお絵かき

[選択]ウィンドウの表示

[ホーム]タブの右端にある[検索と選択]をクリックして[オブジェクトの選択と表示]をクリックします。ポップヒントには、以下のように記されています。

[選択]ウィンドウの表示 すべてのオブジェクトを一覧形式で表示します。この形式で表示すると、オブジェクトの選択や色の変更を行ったり、オブジェクトを非表示にしたりする操作が簡単になります。

オブジェクトの選択と表示

また、図形を選択すると、[描画ツール]の[書式]タブの[配置]グループにも表示されます。
描画ツールの書式タブ

WordとExcelは、[ページレイアウト]タブの[配置]グループにもあります。
ページレイアウトタブ

クリックすると、下のように[選択]ウィンドウが表示されます。
選択ウィンドウ

オブジェクトの[目の玉]マークをクリック

オブジェクトの[目の玉]マークをクリックすると、非表示になります。再度クリックすると表示されます。
オブジェクトの非表示

[オブジェクトの選択]ボタンを使用して、ドラッグでオブジェクトを選択する場合も目的のオブジェクトだけを表示しておくと範囲選択する時に便利ですね。
オブジェクトの選択

複数オブジェクトの選択

複数のオブジェクトを選択するときは、[Ctrl]キーを使ってオブジェクト名をクリックしていきます。目の玉マークをクリックすると非表示になるので、それ以外の箇所でクリックします。
複数オブジェクトの選択

そして、[書式]タブの[図形の塗りつぶし]から[青]を選択します。
塗りつぶしの色を変更

選択したオブジェクトの塗りつぶしの色を一気に変更することができて、下のようになります。
変更後

図形の重なりを変更

図形の重なりを変更する場合も便利です。たとえば、[雲]を[太陽]の前に出したい場合は、[雲]のオブジェクトを選択して、そのまま上へドラッグして[太陽]の上まで移動させます。
オブジェクト名をドラッグして位置を変更

下のようになります。または、▲▼ボタンをクリックして移動させても同じです。

オブジェクトの名前変更

一覧に表示されているオブジェクトの名前を変更することもできます。2回クリックすると下のようにカーソルが表示されますので直接入力して任意の名前を付けます。名前を付けておくと分かりやすくなりますね。この名前の変更ですが、日本語で表記しようとするとイラっとする現象が起きることがあります。

これについては選択ウィンドウの名前変更の怪現象で解説しています。Excelでの解決方法も解説していますので、ぜひご参照ください。

[オブジェクトの選択と表示]が無効状態の場合は、オブジェクトの選択と表示が無効を参考にしてください。

オブジェクトの選択と表示が無効

Word2013で[ホーム]タブの[編集]グループにある[選択]ー[オブジェクトの選択と表示]をクリックしたら、無効なコマンドになっています ...

続きを見る

PowerPointの以下の記事でも[オブジェクトの選択と表示]を使用してします。ご参考に!
クリアアニメでカウントダウンタイマーを作成

クリアアニメでカウントダウンタイマーを作成

PowerPointで下のようなカウントダウンタイマーを作成する方法です。 レイアウトの選択 PowerPoint2016で解説します。1枚 ...

続きを見る

ホイールアニメでカウントダウンタイマーを作成

ホイールアニメでカウントダウンタイマーを作成

PowerPointでカウントダウンタイマーを作成する方法をクリアアニメでカウントダウンタイマーを作成で紹介しています。 ここでは、先のアニ ...

続きを見る

関連以下は、[オブジェクトの選択と表示]に関するPowerPointでの解説です。

オブジェクトをすべて非表示

PowerPoint2007から、オブジェクトの選択と表示作業ウィンドウを表示することができます。[オブジェクトの選択と表示]作業ウィンドウ ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

あなたへのおすすめ

関連記事

書式とサイズはそのままにして図を変更

Word、Excel、PowerPoint、Outlookには挿入した図のスタイルやサイズ、位置はそのままにして、図のみを変更ができる機能が ...

Windows10 Creators Update後のコントロールパネルはWindowsシステムツールの中に

Windows10 Creators Updateを実行すると、コントロールパネルのメニューの位置がわかりにくいのではないかと思います。 W ...

セル範囲の中から数値に見える文字列のセルを見つけるには

Excelのセルに数値が入力されていると思っても、実際は文字列だったということがあります。見た目は数値に見えても表示形式は文字列になっている ...

現在のテーマを別のプレゼンに適用するには

PowerPoint2007以降には、全体のデザインを統一するためにテーマという機能があります。テーマには配色や背景のデザインなどが含まれま ...

ページ番号に章番号を含めるには

Wordでフッターにページ番号を挿入する際に、章番号も含める方法です。設定は、とても簡単なのですが、一つ気をつけなければならないことがありま ...

-Windows10 & Office2016 Office2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.