Windows 10 & Office 2016 Office 2016

複数の図形や画像を操作するには【オブジェクトの選択と表示】が便利

投稿日:2017年1月7日 更新日:

図形や画像を操作する機能として、[オブジェクトの選択と表示]というのがあります。

この機能は、複数の図形やテキストボックスなどを操作するときに非常に便利です。

Word、Excel、PowerPoint、Outlookなどにもありますが、ここではExcel2016を使って解説します。

複数の図形とテキストボックスを使って以下のようなお絵描きをしました。この絵を編集していきます。

選択ウィンドウ

[選択]ウィンドウの表示


[選択]作業ウィンドウを表示する方法です。

[ホーム]タブから

[ホーム]タブの右端にある[検索と選択]をクリックして[オブジェクトの選択と表示]をクリックします。

ポップヒントには、以下のように記されています。

[選択]ウィンドウの表示

すべてのオブジェクトを一覧形式で表示します。

この形式で表示すると、オブジェクトの選択や色の変更を行ったり、オブジェクトを非表示にしたりする操作が簡単になります。

オブジェクトの選択と表示

図形を選択して[書式]タブから

また、図形を選択すると、[描画ツール]の[書式]タブの[配置]グループにも表示されます。

描画ツールの書式タブ

WordとExcel

Excelは[ページレイアウト]タブの[配置]グループにもあります。

ページレイアウトタブ

Wordは[レイアウト]タブの[配置]グループにあります。

クリックすると、下のようにウィンドウの右側に[選択]作業ウィンドウが表示されます。

以下は、Excelの[選択]ウィンドウです。この複数のオブジェクトの重なりをサンプルとして解説します。

選択ウィンドウ

参考[オブジェクトの選択と表示]が無効状態の場合は、以下の記事を参考にしてください。タイトルバーに[互換モード]と表示されていませんか?

【オブジェクトの選択と表示】が無効

Word2013で[ホーム]タブの[編集]グループにある[選択]-[オブジェクトの選択と表示]をクリックしたら、無効なコマンドになっています ...

続きを見る

オブジェクトの[目の玉]マークをクリックして非表示に

[選択]ウィンドウの[目の玉]マークをクリックすると、オブジェクトは非表示になります。

ここでは、テキストボックスが非表示になっています。

再度クリックすると表示されます。

オブジェクトの非表示

参考バージョンアップにより、最近の[選択]ウィンドウでは、表示/非表示は以下のように表示されるようになっています。

[選択]ウィンドウの[表示/非表示]のマーク

[オブジェクトの選択]で複数図形をドラッグで選択

[オブジェクトの選択]ボタンを使用して、ドラッグでオブジェクトを選択する場合も、目的のオブジェクトだけを表示しておくとマウスでドラッグして選択する時に便利ですね。

オブジェクトの選択

オブジェクトの選択で複数図形をドラッグで選択

参考[オブジェクトの選択]が有効の間は、セルの選択ができません。[オブジェクトの選択]を解除するには、再度、[オブジェクトの選択]をクリックします。

[選択]ウィンドウで複数オブジェクトを選択

複数のオブジェクトを選択するときは、[Ctrl]キーを使ってオブジェクト名をクリックしていきます。

目の玉マークをクリックすると非表示になるので、それ以外の箇所でクリックします。

複数オブジェクトの選択

書式の変更

そして、[書式]タブの[図形の塗りつぶし]から[青]を選択します。

塗りつぶしの色を変更

選択したオブジェクトの塗りつぶしの色をまとめて変更することができて、以下のようになります。

変更後

図形の重なりを変更

図形の重なりを変更する場合も便利です。

たとえば、[雲]を[太陽]の前に出したい場合は、[雲]のオブジェクトを選択して、そのまま上へドラッグして[太陽]の上まで移動させます。

オブジェクト名をドラッグして位置を変更

以下のようになります。

または、右上にある▲▼ボタンをクリックして移動させても同じです。

オブジェクトの移動ボタン

オブジェクトの名前変更

一覧に表示されているオブジェクトの名前を変更することもできます。

2回クリックすると、下のようにカーソルが表示されますので直接入力して任意の名前を付けます。

名前を付けておくと分かりやすくなりますね。

この名前の変更ですが、日本語で表記しようとするとイラっとする現象が起きることがあります。

これについては選択ウィンドウの名前変更の怪現象で解説しています。

Excelでの解決方法も解説しています。

オブジェクトの名前変更

PowerPointの以下の記事でも[オブジェクトの選択と表示]を使用しています。

[クリア]アニメーションでカウントダウンタイマーを作成

PowerPointで下のようなカウントダウンタイマーを作成する方法です。 1枚のスライドに真円を複数挿入して、アニメーション-クリアで設定 ...

続きを見る

[ホイール]と[クリア]アニメーションでカウントダウンタイマーを作成

PowerPointで1枚のスライドに複数の真円を挿入して、クリアアニメーションとホイールアニメーションを使って、カウントダウンタイマーを作 ...

続きを見る

関連以下は、[オブジェクトの選択と表示]に関するPowerPointでの解説です。

【オブジェクトの選択と表示】でオブジェクトをすべて非表示に

PowerPoint2007から、オブジェクトの選択と表示ウィンドウを表示することができます。 [オブジェクトの選択と表示]ウィンドウでは、 ...

続きを見る

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 10 & Office 2016 Office 2016

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.