Windows10 & Office2016 Office2016

Print Friendly

画像を挿入できるSmartArtグラフィック

投稿日:2017年4月22日 更新日:

SmartArtグラフィックとは、図形や矢印、画像などを組み合わせて、情報の相互関係を視覚的にわかりやすく表示できるOffice共通の機能です。リスト、手順、循環、階層構造、集合関係、マトリックス、ピラミッドの分類に分かれていて、表現力のあるグラフィックを簡単に作成できます。
また、グラフィックに画像や写真を挿入することできます。
SmartArt を使用する - Office サポート
SmartArt グラフィックを使って組織図を作成する - Office サポート

箇条書きをSmartArtに変換

PowerPoint独自の機能です。 WordやExcelでは、SmartArtを挿入して入力しますが、 PowerPointではプレースホ ...

続きを見る

ここでは、SmartArtで画像を挿入したグラフィックを作成する方法を紹介します。SmartArtの[図]分類に登録されているグラフィックを使って挿入する方法です。SmartArtは、Word、Excel、PowerPointなどで使用できますが、ここでは、Word2016を使って解説します。

[図]分類で登録されているグラフィックを選択

まずは、一番簡単に画像や写真を挿入する方法です。SmartArtの分類の中の[図]を選択して、表示されるグラフィックの中から目的にあったものを選択します。[図]を選択して表示されるグラフィックはすべて画像を挿入できるSmartArtです。
SmartArtのグラフィックを挿入したい位置にカーソルを置きます。[挿入]タブの[図]グループにある[SmartArt]をクリックします。[SmartArtグラフィックの選択]ダイアログボックスが表示されます。左側の分類から[図]をクリックします。この[図]を選択して表示される図形は、すべて簡単に画像が挿入できるようになっているグラフィックです。
SmartArtグラフィックの選択

グラフィックの中から、目的に合ったグラフィックを選んで[OK]ボタンをクリックします。
グラフィックの選択

カーソルの位置にグラフィックが挿入されます。
グラフィックの挿入

スポンサーリンク

テキストウィンドウに文字を入力

[ここに文字を入力してください]と表示されたテキストウィンドウに文字を入力していきます。
テキストウィンドウで文字を入力

画像の挿入

画像を挿入するには、テキストウィンドウの写真のアイコンの箇所をクリックします。または、SmartArtグラフィックのアイコンでも構いません。
画像挿入のアイコンをクリック

クリックすると、[画像の挿入]が表示されます。PC内に画像がある場合は、[ファイルから]の[参照]をクリックして、目的の画像を挿入します。
画像の挿入

挿入すると、下のようになります。続けて他の画像(写真)も挿入します。
画像の挿入

すべての画像が挿入できると、下のようになります。
画像挿入の完成

SmartArtグラフィック以外の箇所をクリックする、下のようにテキストウィンドウは非表示になります。
テキストウィンドウの非表示

テキストの順番を変更

完成した後、テキストの順番を変更したい場合がありますね。ここでは、3番目の「あさがお」を2番目に表示したいと思います。
SmartArtグラフィックを選択して、[デザイン]タブを表示させて移動させたいテキストを選択して、[1つ上のレベルへ移動]をクリックします。
1つ上のレベルへ移動

下のように簡単に入れ替えることができます。
図形の入れ替え

SmartArtグラフィックの色の変更

SmartArtグラフィックを選択して、[SmartArtツール]の[デザイン]タブをクリックして、[色の変更]をクリックして色を変更することができます。リアルタイムプレビューになっているので、一覧の中からマウスでポイントするだけで、変化を確認することができます。
色の変更

SmartArtグラフィックのスタイルの変更

SmartArtグラフィックのスタイルも変更することができます。[デザイン]タブにあるスタイルにある展開ボタンをクリックします。
スタイルの変更

この中から、[細黒枠]をポイントすると、すぐに結果を確認することができます。確定したい場合は、このスタイルをクリックします。
スタイルの変更

SmartArtグラフィックの移動

既定では、文字列の折り返しは[行内]になっています。自由に移動させる場合は、SmartArtグラフィックの右上に表示されている[レイアウトオプション]をクリックして、[文字列の折り返し]を[行内]以外に設定します。ここでは、[前面]を選択します。
レイアウトオプション

そして、SmartArtグラフィックの枠線上にマウスを合わせると、下のように十字の形になりますので、この形の時にドラッグして移動させます。
SmartArtグラフィックの移動

SmartArtグラフィックのサイズ変更

サイズを変更するには、SmartArtグラフィックを選択すると表示される周りの白い〇にマウスを合わせてドラッグします。
サイズ変更

また、数値で調整したい場合は、[書式]タブの右端にある[サイズ]から設定します。
数値でサイズを変更

SmartArtグラフィックの追加

下へ図形を追加する場合は、テキストウィンドウで文字列の最後にカーソルを置いて、[Enter]キーを押します。※文字列の途中にカーソルを置いて、[Enter]キーを押すと、カーソルの後ろの文字列が追加されますので、気をつけてください。
図形の追加

図形が下に追加されます。
図形が下に追加された

上に図形を追加したい場合は、テキストウィンドウの文字列の先頭にカーソルを置いて、[Enter]キーを押します。
上へ図形を追加

図形が上に追加されます。
上へ図形が追加された

また、[デザイン]タブの右端にある[図形の追加]から設定することもできます。
デザインタブの図形の追加

SmartArtグラフィックのレイアウトの変更

グラフィックを変更することも簡単です。[デザイン]タブに[レイアウト]の展開ボタンをクリックします。
レイアウトの変更

一覧の中のレイアウトをポイントすると、リアルタイムプレビューで確定する前に結果を確認することができます。クリックすると、確定することができます。
リアルタイムプレビューで確認

テキストウィンドウの表示/非表示

SmartArtは、テキストウィンドウを使わずに設定することもできますが、意外とテキストウィンドウを使ったほうが効率的な事もあるので、テキストウィンドウは表示して出来るだけ使うことをお勧めします。テキストウィンドウの表示/非表示は、テキストウィンドウと図形の堺にあるボタンをクリックします。
テキストウィンドウの表示/非表示

図形に画像を追加する

SmartArtグラフィックの中の[図]分類にないグラフィックでも図形に画像を挿入することができます。[リスト]分類にある[縦方向カーブリスト]の説明には、下のように記されています。

カーブした情報リストを示すレイアウトで使用します。アクセントの円の図形に画像を追加するには、画像を使用して塗りつぶします。

縦方向カーブリスト

このリストのように図形に画像を追加する方法は、図形に画像を挿入するにはを参照してください。

図形に画像を挿入するには

図形を挿入して、その図形に画像を挿入する方法です。Word2016で解説しますが、Office2007以降のバージョンや他のアプリケーション ...

続きを見る

お勧め記事と広告

関連記事

コマンドの実行

Microsoft Office(WordやExcelなど)で作業を進めるにはコマンドを実行しなければなりません。そのコマンドを実行する方法 ...

検索と置換ダイアログボックスをボタンで起動

Accessでレコードの検索を行う時、[検索と置換」ダイアログボックスを使用することは多いと思います。検索ボタンはリボンの[ホーム]タブにあ ...

検索ボックスを非表示にするには

Windows10のスタートボタンの右横には[検索ボックス]があります。結構、大きめです。 この検索ボックスは非表示にすることもできます。 ...

レポートの並べ替え

Accessのテーブルやクエリを基にレポートを作成すると、レポートに表示される並び順は基になるテーブルやクエリに準じたものになります。クエリ ...

Officeテーマ

Office2016のOfficeテーマは、[カラフル][濃い灰色][白]の3種類です。既定はカラフルです。Officeテーマを変更するには ...

-Windows10 & Office2016 Office2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.