Windows XP & Office 2003 Office 2003

[開く]ダイアログボックスのプレビュー表示で開く前に内容を確認

投稿日:2017年1月7日 更新日:

[ファイルを開く]ダイアログボックスでプレビュー表示にすると、ファイルやブックを開かずに内容を確認することができます。

まず、プロパティで[プレビューの図を保存する]をオンにして、[ファイルを開く]ダイアログボックスの[表示]をクリックして[プレビュー]を選択します。

[ファイルを開く]ダイアログボックスのプレビュー表示

参考Office2007以降の設定は、以下の記事を参考にしてください。Office2016で解説しています。

縮小版(サムネイル)表示にしてファイルを開かずに内容を確認

ファイルを選択して開くときに、アイコンにファイルの内容が表示されていれば、ファイルを間違えて開くことも少なくなると思います。 Word201 ...

続きを見る

プロパティを表示して設定

まず、プレビュー表示で表示できるようにするためには、メニューバーの[ファイル]から[プロパティ]をクリックします。

ファイルメニュー プロパティ

参考プロパティについては、以下の記事で解説しています。

プロパティとは

パソコンを操作していると[プロパティ]という言葉に出会うことがありますね。 プロパティって何?と、思ってしまいますね。パソコンに慣れていらっ ...

続きを見る

[プレビューの図を保存する]をオン

[プロパティ]ダイアログボックスの[ファイルの概要]タブをクリックします。

ダイアログボックスの下の方にある[プレビューの図を保存する]のチェックボックスをオンにします。

そして[OK]ボタンをクリックします。

プロパティダイアログボックス

[開く]ダイアログボックスのプレビュー設定

標準ツールバーの[開く]ボタンをクリックします。

ショートカットキーは、[Ctrl]+[O]です。

キーボード[Ctrl]+[O]

そして、[ファイルを開く]ダイアログボックスの[表示]ボタンの▼をクリックして、[プレビュー]をクリックします。

[ファイルを開く]ダイアログボックスの[表示]ボタン

そうすると、[ファイルを開く]ダイアログボックス内の右側にファイルのプレビューが表示されます。

ブックを開かなくてもプレビューでだいたいの内容は確認することができますね。

WordやPowerPointでも同じです。

[ファイルを開く]ダイアログボックスの[プレビュー表示]

保存されたプレビュー図は、エクスプローラーの[縮小版]でも表示できます。

ファイルの表示方法については、以下の記事で解説しています。

ファイルの表示方法

ファイルやフォルダの表示方法には、以下の5つ方法があります。 縮小版 並べて表示 アイコン 一覧 詳細 目的に応じて表示方法を変更しましょう ...

続きを見る

参考Office2007以降の設定は、以下の記事を参考にしてください。Office2016で解説しています。

縮小版(サムネイル)表示にしてファイルを開かずに内容を確認

ファイルを選択して開くときに、アイコンにファイルの内容が表示されていれば、ファイルを間違えて開くことも少なくなると思います。 Word201 ...

続きを見る

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 Office 2003

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.