リンクユニット

Windows8 & Office2013 Office2013

Office用アプリの追加(カレンダーから日付入力)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2013では、Office用のアプリを挿入することができます。
Excel2007までは、簡単にカレンダーを挿入して日付をクリックすることでセルに入力できたのですが、Excel2010からはカレンダーコントロールもなくなってしまいました。

以下は、関連記事です。
カレンダーをクリックして日付を入力(Excel2007)

カレンダーをクリックして日付を入力

Excel2007で、カレンダーを表示して日付を入力する方法です。注意Acce2007がインストールされている環境が必要です。 [開発]タブ ...

続きを見る

カレンダーコントロール(Excel2010)

Excel2013では、カレンダーコントロールはあるのかしらと探っていたのですが、Office用アプリからインストールできるんですね。

office用アプリから[カレンダーから日付入力]を追加

[挿入]タブの[アプリ]グループにある[Office用アプリ]をクリックします。[すべて表示]をクリックします。
挿入タブ

[個人用アプリ]をクリックして、[Officeストア]をクリックします。
個人用アプリ

OfficeストアのWebページが表示されます。[カレンダーから日付入力]の[追加]をクリックします。表示されていない場合は、[カレンダー]で検索してみてください。
Officeアプリ

下のページに変わります。[追加]をクリックします。
追加ボタン

[続行]をクリックします。
続行をクリック

日付選択カレンダーの表示

再度、[挿入]タブの[Office用アプリ]をクリックして、[すべて表示]をクリックします。
挿入タブ

[個人用アプリ]をクリックすると、[カレンダーから日付入力]アプリが表示されています。右下の[挿入]をクリックします。
挿入をクリック

下のようにカレンダーが表示されます。カレンダーの日付をクリックするだけで、アクティブセルに日付を入力することができます。
カレンダー

Outlook用アプリProject用アプリSharePoint用アプリWord用アプリなどがあります。

どんどん便利なアプリが増えていくんでしょうね。楽しみです♪

関連以下は、Office用アプリの関連記事です。

People Graph(Office用アプリ)

Office2013では、Office用アプリを挿入して使うことができます。[挿入]タブの[アプリ]グループを見ると、[People Gra ...

続きを見る

ランダムな数字を生成するRandomGenerator

Excel2013以降では、無料のアドインを使用することができます。People Graphは、すでに紹介していますが、 今回はランダムな数 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

空白セル(0表示)をグラフに反映させたくない

Excelで下のような表を元に複合グラフを作成しました。 2011年度のデータは、7月までしかありません。E列では、累積を求める式を入れて参 ...

3枚目のスライド番号を1にするには

PowerPointで、スライド番号を挿入したいが、1枚目と2枚目にはページ番号を挿入せずに、3枚目のスライドからスライド番号1を開始したい ...

ハイパーリンクの下線を消す裏ワザ

PowerPointでハイパーリンクの下線を非表示にするには、ExcelやWordのように簡単にはいきません。 設定したハイパーリンクを削除 ...

個人用マクロブックの作成

Excelでマクロを作成するときは、通常 作業中のブックに保存しますが、個人用マクロブックを作成すると、Excel起動時に常に起動されるので ...

閲覧モードで開かないようにする

Word2013の新機能です。 旧バージョンで作成済みのファイルなどををWord2013で開くと、[閲覧モード]で表示されることがあります。 ...

-Windows8 & Office2013 Office2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.