リンクユニット

Windows8 & Office2013 Office2013

リボンの表示と非表示(表示オプションの使い方)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2013には、ウィンドウ右上に[リボンの表示オプション]というボタンあります。[最小化]ボタンの左側にあります。
リボンの表示オプション

この[リボンの表示オプション]ボタンをクリックすると、3つの表示方法を選択できるようになっています。
上から[リボンを自動的に非表示にする]、[タブの表示]、[タブとコマンドの表示]です。
リボンの表示オプション メニュー

  • リボンを自動的に非表示にする
    リボンを非表示にします。表示するには、アプリケーションの上部をクリックしてください。
  • タブの表示
    リボン、タブのみを表示します。コマンドを表示するには、タブをクリックしてください。
  • タブとコマンドの表示
    リボンタブとコマンドを常に表示します。

リボンを自動的に非表示にする

[リボンを自動的に非表示にする]をクリックすると、全画面表示になりリボンは非表示になります。
リボンを自動的に非表示にする

ウィンドウの右上には[…]が表示されます。ウィンドウ上部をクリックすると、リボンが現れます。
編集範囲内でクリックすると、再度 全画面表示になりリボンは非表示になります。
ウィンドウ右上

タブの表示

2番目の[タブの表示]をクリックすると、下のようにタブのみの表示になります。タブをクリックすると、コマンドが現れます。
 タブの表示

リボンの固定

右端の[リボンの固定]ボタンをクリックすると、[タブとコマンドの表示]と同じ状態になります。
ポップヒントには、以下のように記されています。ショートカットキーは、[Ctrl] + [F1]ですね。

リボンをよく使いますか?作業中に常にリボンを表示しておくと便利です。

リボンの固定

参考タブをダブルクリックすると、[タブとコマンドの表示]の状態に切り替わります。

タブとコマンドの表示

3番目の[タブとコマンドの表示]をクリックすると、既定の表示となります。
タブとコマンドの表示

リボンを折りたたむボタン

リボンの右端には、[リボンを折りたたむ]ボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、[タブの表示]と同じ状態になります。
ポップヒントには、以下のように記されています。ショートカットキーは、[Ctrl] + [F1]ですね。

表示領域を広げたい場合は、リボンを折りたたんでください。メニューの表示がタブの名前だけになります。

リボンを折りたたむボタン

関連Office2010の場合は、少し異なります。

リボンの最小化

Office2010では、[リボンの最小化]ボタンが追加されました。 以下はExcel2010ベータ版の画像です。 ショートカットキーは、[ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

フィルターの空白を含む複数選択で抽出数が違う

Access2007からの新機能だと思うですが、テーブルやデータシートビューでフィルターが使用できます。 Excelのフィルターと同じように ...

縦書き文書を右から左へ表示

Wordで複数ページを表示すると、既定では左から右へ表示されますが、縦書きの場合などは、右から左へ表示したいと思うことがあります。 例えば、 ...

選択したセルの色でフィルター

Excelで下のように色分けした表を作成して、セルの色で絞り込む方法です。Excel2007からの機能です。便利なので、ぜひ活用してみてくだ ...

グラフをプレビューして確定

Excel2013では、グラフの種類を決定する際、プレビューで確認しながら確定できるようになりました。 Excel2010の場合 Excel ...

65000件以上のエクスポートは書式設定なしで出力

Access2013で7万行以上あるテーブルをExcelへエクスポートするマクロを作成しようとしたら、[選択しているレコードの数が多すぎるた ...

-Windows8 & Office2013 Office2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.