Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Office2013

リボンの表示と非表示(表示オプションの使い方)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2013には、ウィンドウ右上に[リボンの表示オプション]というボタンあります。

[最小化]ボタンの左側にあります。

リボンの表示オプション

リボンの表示オプション

[リボンの表示オプション]ボタンをクリックすると、3つの表示方法を選択できるようになっています。

上から[リボンを自動的に非表示にする]、[タブの表示]、[タブとコマンドの表示]です。

リボンの表示オプション メニュー

  • リボンを自動的に非表示にする

    リボンを非表示にします。
    表示するには、アプリケーションの上部をクリックしてください。

  • タブの表示

    リボン、タブのみを表示します。
    コマンドを表示するには、タブをクリックしてください。

  • タブとコマンドの表示

    リボンタブとコマンドを常に表示します。

リボンを自動的に非表示にする

[リボンを自動的に非表示にする]をクリックすると、全画面表示になりリボンは非表示になります。

リボンを自動的に非表示にする

ウィンドウの右上には[…]が表示されます。

ウィンドウ上部をクリックすると、リボンが現れます。

編集範囲内でクリックすると、再度 全画面表示になりリボンは非表示になります。

ウィンドウ右上

タブの表示

2番目の[タブの表示]をクリックすると、下のようにタブのみの表示になります。

タブをクリックすると、コマンドが現れます。

 タブの表示

タブとコマンドの表示

3番目の[タブとコマンドの表示]をクリックすると、既定の表示となります。

タブとコマンドの表示

リボンを折りたたむボタン

リボンの右端には、[リボンを折りたたむ]ボタンが表示されます。

このボタンをクリックすると、[タブの表示]と同じ状態になります。

ポップヒントには、以下のように記されています。

ショートカットキーは、[Ctrl] + [F1]ですね。

表示領域を広げたい場合は、リボンを折りたたんでください。

メニューの表示がタブの名前だけになります。

リボンを折りたたむボタン

ショートカットキー

ショートカットキー[Ctrl]+[F1]でリボンを折りたたんだり、展開したりできます。

キーボード

コマンドが消えた?!

コマンドの表示/非表示は、タブをダブルクリックしても切り替えることができます。

気づいたらコマンドが消えていたという時は、何気にタブをダブルクリックして非表示にしてしまっていることが多いようです。

慌てずにどのタブでもいいので、タブをダブルクリックしてみてください。または、キーボードから[Ctrl]+[F1]を押してみてください。

タブをダブルクリック

関連Office2010の場合は、少し異なります。

リボンの最小化

Office2010では、[リボンの最小化]ボタンが追加されました。 [リボンの最小化]ボタン 以下はExcel2010ベータ版の画像です。 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Office2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.