Google検索

Windows8 & Office2013 Office2013

リボンのポップヒントの内容とその活用

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2013のポップヒントは、Office2010の時のポップヒントと比べると、より詳細になって分かりやすくなっています。

Excel、Word、PowerPoint、Accessなどにある[書式のコピー/貼り付け]ボタンですが、このボタンをポイントすると現れるポップヒント(スーパーツールチップ)がとても丁寧です。[書式のコピー/貼り付け]以外のポップヒントも分かりやすくなっています。

ポップヒントは、ぜひ目に留めて一読していただくことをお勧めします。新たな発見があるかもしれませんよ。

ポップヒント

下はExcel2013の[書式のコピー/貼り付け]のポップヒント(スーパーツールチップ)です。

スーパーツールチップ

書式のコピー/貼り付け

見た目が気に入った場所がある場合は、その見た目をドキュメント内の別の場所に適用することもできます。

適用するには、次のようにします。

  1. 気に入った書式が適用された部分を選択します。
  2. [書式のコピー/貼り付け]をクリックします。
  3. 別の場所を選択すると、その書式が自動的に適用されます。

参考:複数の場所に書式を適用するには、[書式のコピー/貼り付け]をダブルクリックします。

[書式のコピー/貼り付け]ボタンをダブルクリックすると連続して適用できることは、Office2003の頃から裏技で紹介することが多かったのですが、ポップヒント(スーパーツールチップ)に表記されるとは!

解除する場合は、[Esc]キーを押すか、再度、[書式のコピー/貼り付け]ボタンをクリックします。

[書式のコピー/貼り付け]と[オートシェイプ]はダブルクリックで連続操作

[書式のコピー/貼り付け]ボタンは、すでに使った書式を同じように使いたいときに便利です。 また、このボタンはダブルクリックすると、繰り返して ...

続きを見る

ボタンをクリックする前にコマンドボタンをポイントして、ポップヒント(スーパーツールチップ)にも注目していただくと、新たな発見があるかもしれません。

以下の記事もポップヒントに記されていた内容です。

氏名の列を姓と名の列に分割

Excel2013で氏名セルを姓と名の別々のセルに分ける操作をしていたら、Excel2013のポップヒントに思わずほっこりしました。 下のよ ...

続きを見る

その他のポップヒントの例

Word2013の[ブックマーク]のポップヒントも詳細に記されています。

Word2013の[ブックマーク]のポップヒント

ブックマークの設定とジャンプ

Word2010でブックマークを挿入する方法です。ブックマークを設定すると、クリックしてその場所へ直接移動できるようになります。 [ブックマ ...

続きを見る

Word2013の[表のタイトル行の繰り返し]も丁寧になっています。

Word2013の表のタイトル行の繰り返し

表のタイトル行を複数ページに表示

Wordで表を挿入した後、一行目を項目行として設定することは多いと思います。 1ページだけであれば問題ないのですが、複数ページになるとページ ...

続きを見る

Office2013では、ポップヒントがとても分かりやすくなっていると思います。

Office2013のポップヒントに注目

ポップヒントの進化

[詳細情報]でヘルプを表示

ポップヒントの下部にある[詳細情報]をクリックすると、ヘルプを参照することができます。

ポップヒントの詳細情報

ヘルプウィンドウの大きさは、ドラッグで調整することができます。

ヘルプ

ヘルプのテキストボックス内にキーワードを検索して、調べることもできます。

以下は、テキストボックスに[書式]と入力した結果です。

テキストボックスで検索

参考Office2016では、ヘルプウィンドウはウィンドウの右側に作業ウィンドウとして表示されます。

作業ウィンドウの操作については、以下の記事で解説しています。

作業ウィンドウの操作(タイトルをダブルクリックで固定位置へ)

WordやExcelで作業をしていると、コマンドボタンをクリックした時にウィンドウの左右どちらかに[作業ウィンドウ]が現れることがあります。 ...

続きを見る

ポップヒントの非表示設定

詳しく解説されるようになったポップヒントですが、大きすぎて邪魔だと思う方もいるかもしれません。

ポップヒントは、オプションで表示スタイルを設定することができます。

[ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリックします。

[〇〇のオプション]ダイアログボックスを表示します。

参考〇〇は、アプリケーションの名前です。

ここでは、[Excelのオプション]を表示しています。

[基本設定]タブの[ヒントのスタイル]の3つの選択肢から選択します。

既定は、[ヒントに機能の説明を表示する]です。

  • ヒントに機能の説明を表示する
  • ヒントに機能の説明を表示しない
  • ヒントを表示しない

ヒントのスタイル

ヒントのスタイルについては、以下の記事で詳細に解説しています。

ヒントのスタイルを変更

コマンドをポイント(マウスを合わせる)すると表示されるヒントですが、便利だと思う方もいれば、邪魔だと思う方もいらっしゃるようです。 このヒン ...

続きを見る

[オプション]ダイアログボックスのポップヒント

[オプション]ダイアログボックスでもポップヒントを参照することができます。ここでは例として、Excel2013で解説します。

[ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリックすると、[Excelのオプション]ダイアログボックスが表示されます。

例えば、[数式]タブをポイントすると、各設定のお尻に青い丸いマーク(情報マーク)がついているものがあります。すべてに付いているわけではありません。付いているものと、付いていないものがあります。

[Excelのオプション]ダイアログボックス

この青いマークをポイント(マウスを合わせる)すると、以下のようにポップヒントが表示されます。

[数式オートコンプリート]では、以下のように記されています。

数式オートコンプリート

セルの数式を作成するときに、関連する関数及び定義名の一覧を表示します。

数式編集モード中は、Alt+下方向キーのショートカットキーを使用して、この機能を有効または無効に切り替えることができます。

役立つ内容が表示される場合もあります。この設定は何だろうと思ったら、情報マークをポイントしてみてください。

オプションのポップヒント

数式オートコンプリートについては、以下の記事で解説しています。

関数は数式オートコンプリート機能で入力(Excel2007)

参考オフラインヘルプについても解説しています。

オフラインヘルプの利用(内容はリボンのポップヒントと同じ)

Office2013でオフラインでヘルプを参照する方法です。 Office2013では、Office2010のときにはBackstageビュ ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Office2013

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.