リンクユニット

Google検索

Windows10 & Office2016 Office2016

Excelの表とグラフをWordへ【オブジェクトとして貼り付け】

投稿日:2019年2月16日 更新日:

他のアプリケーションのテキストや画像、オブジェクトなどをコピー&ペーストを行う場合、さまざまな貼り付け方法があります。その1つにオブジェクトとして貼り付ける方法があります。ここでは、例としてExcelの表とグラフをコピーして、Wordへオブジェクトとして貼り付ける方法を紹介します。

[ホーム]タブの[貼り付け]をクリックすると、[形式を選択して貼り付け]というコマンドがあります。この[形式を選択して貼り付け]の中にある[Microsoft Excel ワークシートオブジェクト]を選択すると、Excelの表示を維持したままの形で貼り付けができます。また、貼り付けたオブジェクトをダブルクリックすると、リボンがExcelに変わり、Excelの機能を使って編集ができます。

[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックス

参考以下の記事では、PowerPointのスライドをコピーして、Wordへオブジェクトとして貼り付ける方法を解説しています。

オブジェクトとして貼り付け(Office2007)

Excelの表とグラフ

Excelの表とグラフを下のように作成しています。

Excelの表とグラフ

Wordに貼り付けしたい範囲を選択してコピーします。

範囲選択してコピー

Wordにオブジェクトとして貼り付け

Wordの文書を表示します。カーソルが貼り付けしたい位置にあることを確認します。

Word本文のカーソルの位置

形式を選択して貼り付け

[ホーム]タブの[貼り付け]ボタンの下方をクリックして、メニューを表示します。[形式を選択して貼り付け]をクリックします。

ショートカットキーは、[Alt]+[Ctrl]+[V]です。

[形式を選択して貼り付け]を選択

以下のように[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスが表示されます。

[貼り付け]を選択して、[Microsoft Excel ワークシートオブジェクト]を選択します。

[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスの[結果]には、以下のように記されています。

クリップボードの内容を文書に挿入します。Microsoft Excel 12 オブジェクトとして編集が可能になります。

[OK」ボタンをクリックします。

[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックス

カーソルの位置に下のようにコピーしたExcelの表とグラフが貼り付けされます。

オブジェクトとして貼り付けすると、Excelの表とグラフが見た目のままの形で貼り付けることができます。通常のコピー&貼り付けでは、レイアウトが崩れたりしますが、オブジェクトとして貼り付けると、崩れることはありません。

Wordに貼り付けたExcelの表とグラフ

ちなみに以下の画像は、[Ctrl]+[V]で貼り付けたものです。[貼り付け]ボタンの上部(アイコンの部分)をクリックしても同じです。

コピー&ペーストしたExcelの表とグラフ

Excelで編集

Wordの文書に貼り付けた画像にExcelの枠線は、ない方がいいですね。貼り付けた画像の枠線を非表示にしたいと思います。

貼り付けたオブジェクトを選択します。

貼り付けたオブジェクトを選択

そのままダブルクリックします。リボンがExcelに切り替わります。

ダブルクリックでリボンがExcelに切り替わった

[表示]タブの[表示]グループにある[目盛線]のチェックボックスをオフにします。オブジェクト内の枠線(目盛線)は非表示になります。

[表示]タブの[目盛線]のチェックボックスをオフ

オブジェクト以外の箇所でクリックします。

リボンはWordに切り替わります。

Word文書

注意オブジェクトとして貼り付けすると、ファイルサイズは大きくなります。その点は、注意してください。

以下は、通常に貼り付けした文書とオブジェクトとして貼り付けした文書の比較です。コピー元となるExcelブックのサイズが大きい場合は、小さくするなどの工夫をしたほうがいいと思います。また、コピー元のブックの内容は見られてしまいますので、見られて困る内容であれば削除しておいた方がいいですね。

オブジェクトとして貼り付けした文書のサイズ比較

貼り付けたオブジェクトは、コピー元のExcelとリンクされているわけではありません。

リンク貼り付け(オブジェクトとして貼り付け)

リンク貼り付けをする場合は、[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスで、[リンク貼り付け]を選択します。

[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスの[リンク貼り付け]

以下の記事では、Excelの表をPowerPointのスライドにリンク貼り付けする方法を解説しています。

スライドにExcelの表をリンク貼り付け(リンク元の確認・編集・削除)

Excelの表やグラフをPowerPointのスライドへリンク貼り付けすることは多いと思います。 リンク貼り付けされたプレゼンテーションを開 ...

続きを見る

参考[貼り付ける形式]の中には、テキストや図など数種類の形式が選択できるようになっていますが、その内容については、以下のMicrosoftのページが参考になると思います。

形式を選択して貼り付け - Office サポート

オブジェクトとして貼り付けるのではなく、[リンク貼り付け]や[リンクされた図]であれば、[貼り付けオプション]から選択することができます。以下の記事が参考になると思います。

リンクされた図として貼り付け

別のワークシートの表を図として貼り付けたい、そのうえでセルの数値はリンクしたいってことがありますね。 その場合の方法です。 サンプル表の確認 ...

続きを見る

Excel2010の貼り付けオプション

貼り付けオプションのアイコンにマウスをポイントすると(合わせると)、ポップヒントにコマンド名が表示されます。 ポイントするだけで、貼り付けし ...

続きを見る

また、Word文書内でExcelの新規ワークシートを表示して操作することもできます。

Wordの中にExcelのワークシートを埋め込んで編集する

Wordで文書を作成して、その中に表を作成したい時、Excelのワークシートを使って表を作成することができます。 Excelワークシートの挿 ...

続きを見る

PowerPointのスライドをWordへオブジェクトとして貼り付ける方法も紹介しています。

オブジェクトとして貼り付け

以下は、PowerPointでWordの機能を使いたい場合の方法を紹介しています。

オブジェクトの挿入でWordを埋め込んで操作するとリーダーの設定も可能

PowerPointでは、箇条書きにタブの設定はできても、リーダーの設定をすることはできません。 ですが、スライドにWordを埋め込んでタブ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 Office2016

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.