Windows8 & Office2013 Office2013

Print Friendly, PDF & Email

前にコピーしたものを貼りつけたい時はクリップボードを表示して活用

投稿日:2017年1月7日 更新日:

コピーは、直前のものしか貼り付けできないと思っていませんか?
そんなことはありません。数回前にコピーしたものでも貼り付けすることができます。
クリップボードを使用すると、別のアプリケーションでコピーしたものや、文字列だけでなく画像も貼り付けすることができます。最大24個まで保存することができます。

すべてのOfficeを終了させると、最後にコピーしたものだけがOfficeクリップボードに保存されます。パソコンを再起動させると、クリップボードの内容はすべて削除されます。
最後にコピーしたアイテムは、常にWindowsのシステムクリップボードにもコピーされますが、Officeクリップボードをすべて消去すると、システムクリップボードの内容も消去されます。
各アプリケーションで、[貼り付けボタン]や貼り付けのショートカットキー[Ctrl]+[V]を使用した場合は、Windowsのシステムクリップボードの内容が貼り付けられます。

クリップボードの表示

Officeクリップボードを表示する方法です。
Word2013の場合です。[ホーム]タブの[クリップボード]グループにあるダイアログボックス起動ツールボタンをクリックします。
ホームタブのクリップボード

クリップボード作業ウィンドウが表示されます。
クリップボード作業ウィンドウ

下はExcel2013です。Wordと同じく[ホーム]タブの[クリップボード]グループにあるダイアログボックス起動ツールボタンをクリックします。
PowerPointや、Accessにもあります。
Excelのクリップボード

Outlookの場合は、新規メッセージウィンドウを開いた時や、返信メッセージウィンドウを開いた時に表示することができます。
Outlookのクリップボード

コピーしてクリップボードに格納

文字列を選択して、コピーボタンをクリックするとクリップボードに格納されます。画像も格納することができます。
アイテムの格納

別のアプリケーションへ貼り付け

別のアプリケーションを起動して、貼り付けることもできます。ここでは、WordでコピーしたものをExcelのセルへ貼り付けています。
▼ボタンをクリックして、アイテムを個別に削除することもできます。
Excelへ貼り付け

格納したアイテムをすべてクリア

格納したものを一気に削除したい場合は、[すべてクリア]をクリックします。
また、クリップボード作業ウィンドウを閉じる場合は、作業ウィンドウの[閉じる]ボタンをクリックします。
ダイアログボックス起動ツールボタンをクリックして閉じることもできます。
閉じるボタン

オプションの設定

作業ウィンドウの下方にあるオプションをクリックして、各設定を行うことができます。
既定では、[Officeクリップボードのアイコンをタスクバーに表示]と[コピー時にステータスをタスクバーの近くに表示]が有効になっています。
クリップボードのオプション

既定のままだと、コピーを行うたびにタスクバーの右下にポップが表示されます。
タスクバーのポップ

また、サイズが大きいアイテムをコピーすると、下のようなメッセージが表示されます。
アイテムは収集されません

関連Office2003でも解説しています。

Officeクリップボード

コピーや切り取りを行うと、データは[Officeクリップボード]に最大24個まで保存されます。 クリップボード作業ウィンドウの表示 [クリッ ...

続きを見る

Wordには、スパイクという機能もあります。

切り取った要素をまとめて貼り付けるにはスパイク機能が便利

Wordには、スパイク機能というのがあります。文字列や画像、表などを次々に切り取り、別の位置にまとめて貼り付けることが出来る機能です。切り取 ...

続きを見る

クリップボードに格納した内容を置換後の文字列の対象とすることもできます。

置換の特殊文字[クリップボードの内容]で文字列を画像に一括置換

置換用の特殊文字の中には[クリップボードの内容]というのがあります。これは、クリップボードに保存されている内容(アイテム)ということです。こ ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】で質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

埋め込みマクロのコード変換

Access2007以降(拡張子accdb)では、[コマンドボタンウィザード]や[マクロビルダー]を使ってボタンを作成すると、[埋め込みマク ...

目的別スライドショーは印刷も可能

PowerPointでは、用途に合わせてスライドを調整し登録することができる[目的別スライドショー]という機能があります。この[目的別スライ ...

Excel2013ではリレーションシップを使おう

Excel2013では、テーブル同士の関連づけが簡単にできます。Vlookup関数を使うより簡単だと思います。 参考[POWERPIVOT] ...

リボンの表示オプション

Office2013には、ウィンドウ右上に[リボンの表示オプション]というボタンあります。[最小化]ボタンの左側にあります。 この[リボンの ...

ピボットテーブルのフィルタリング

Excelでデータを抽出したり、絞り込みを行うために[データ]タブの[フィルター]をよく利用している方、またはテーブルを作成してフィルターコ ...

-Windows8 & Office2013 Office2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.