リンクユニット

Windows8 & Office2013 Office2013

前にコピーしたものを貼りつけたい時はクリップボードを表示して活用

投稿日:2017年1月7日 更新日:

コピーは、直前のものしか貼り付けできないと思っていませんか?
そんなことはありません。数回前にコピーしたものでも貼り付けすることができます。
クリップボードを使用すると、別のアプリケーションでコピーしたものや、文字列だけでなく画像も貼り付けすることができます。最大24個まで保存することができます。

すべてのOfficeを終了させると、最後にコピーしたものだけがOfficeクリップボードに保存されます。パソコンを再起動させると、クリップボードの内容はすべて削除されます。

最後にコピーしたアイテムは、常にWindowsのシステムクリップボードにもコピーされますが、Officeクリップボードをすべて消去すると、システムクリップボードの内容も消去されます。

各アプリケーションで、[貼り付けボタン]や貼り付けのショートカットキー[Ctrl]+[V]を使用した場合は、Windowsのシステムクリップボードの内容が貼り付けられます。

クリップボードの表示

Officeクリップボードを表示する方法です。
Word2013の場合です。[ホーム]タブの[クリップボード]グループにあるダイアログボックス起動ツールボタンをクリックします。
ホームタブのクリップボード

クリップボード作業ウィンドウが表示されます。
クリップボード作業ウィンドウ

下はExcel2013です。Wordと同じく[ホーム]タブの[クリップボード]グループにあるダイアログボックス起動ツールボタンをクリックします。
PowerPointや、Accessにもあります。
Excelのクリップボード

Outlookの場合は、新規メッセージウィンドウを開いた時や、返信メッセージウィンドウを開いた時に表示することができます。
Outlookのクリップボード

コピーしてクリップボードに格納

文字列を選択して、コピーボタンをクリックするとクリップボードに格納されます。画像も格納することができます。
アイテムの格納

異なるアプリケーションへ貼り付け

異なるアプリケーションを起動して、貼り付けることもできます。ここでは、WordでコピーしたものをExcelのセルへ貼り付けています。
▼ボタンをクリックして、アイテムを個別に削除することもできます。
Excelへ貼り付け

格納したアイテムをすべてクリア

格納したものを一気に削除したい場合は、[すべてクリア]をクリックします。
また、クリップボード作業ウィンドウを閉じる場合は、作業ウィンドウの[閉じる]ボタンをクリックします。
ダイアログボックス起動ツールボタンをクリックして閉じることもできます。
閉じるボタン

オプションの設定

作業ウィンドウの下方にあるオプションをクリックして、各設定を行うことができます。
既定では、[Officeクリップボードのアイコンをタスクバーに表示]と[コピー時にステータスをタスクバーの近くに表示]が有効になっています。
クリップボードのオプション

既定のままだと、コピーを行うたびにタスクバーの右下にポップが表示されます。
タスクバーのポップ

また、サイズが大きいアイテムをコピーすると、下のようなメッセージが表示されます。
アイテムは収集されません

関連Office2003でも解説しています。

Officeクリップボード

コピーや切り取りを行うと、データは[Officeクリップボード]に最大24個まで保存されます。 クリップボード作業ウィンドウの表示 [クリッ ...

続きを見る

Wordには、スパイクという機能もあります。

切り取った要素をまとめて貼り付けるにはスパイク機能が便利

Wordには、スパイク機能というのがあります。文字列や画像、表などを次々に切り取り、別の位置にまとめて貼り付けることが出来る機能です。切り取 ...

続きを見る

クリップボードに格納した内容を置換後の文字列の対象とすることもできます。

置換の特殊文字【クリップボードの内容】で文字列を画像に一括置換

置換用の特殊文字の中には[クリップボードの内容]というのがあります。これは、クリップボードに保存されている内容(アイテム)ということです。こ ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。
Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る


推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

積み上げ縦棒グラフに合計値を表示

Excelで下のような表を元に積み上げ縦棒グラフを作成しました。その作成した積み上げグラフに合計値を表示する方法です。グラフの作成はExce ...

ピボットテーブルのアイテムの並べ替えはドラッグで

Excelのピボットデーブルで作成したフィールドのアイテムは、ドラッグで移動することができます。 以下の画像は、PowerPivotのテーブ ...

折れ線グラフを途切れさせない

Excel2013でデータに空白セルがあっても、折れ線グラフを途切れさせないようにする機能を紹介します。 たとえば、下のような空白セルがある ...

1ページ目にはページ番号を挿入したくない

1ページ目(先頭ページ)は表紙としているので、ページ番号を挿入したくない場合の方法です。 Word2013での解説です。 [ヘッダー/フッタ ...

複数のテキストボックスのリンク

Wordでは、下のようにテキストボックス内の文字列を他のテキストボックスへ流し込んでリンクさせることができます。 テキストボックスの挿入 テ ...

-Windows8 & Office2013 Office2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.