リンクユニット

Windows10 & Office2016 Word2016

Print Friendly, PDF & Email

置換の特殊文字[クリップボードの内容]で文字列を画像に一括置換

投稿日:

置換用の特殊文字の中には[クリップボードの内容]というのがあります。これは、クリップボードに保存されている内容(アイテム)ということです。この特殊文字を利用して面白い置換を行うことができます。例えば、文字列を画像に置換することもできます。
文字列を画像に置換

文書の確認

下のような花の名前を列記した文書を作成しました。この本文内の[花]という文字を画像に置き換えたいと思います。
本文

画像をコピーしてクリップボードに保存

ここでは花の画像をコピーします。Wordでなくても、ExcelやPowerPointでコピーしても構いません。図形などをコピーしても構いません。ショートカットキーは、[Ctrl]+[C]ですね。
コピー

クリップボードに格納されているかを確認

クリップボードを表示して、コピーした内容(ここでは画像)が保存されているかを確認します。[ホーム]タブの[クリップボード]グループにある[クリップボード]をクリックします。
クリップボード

下のように、クリップボードにコピーした内容が保存されていることが確認できると思います。もし、保存されていなければ、再度 コピーしてください。
クリップボードの内容を確認

また、置換したい内容が一番上にあるようにしてください。もし、目的のアイテムの上に他の内容(アイテム)があれば削除してください。
アイテムの削除

クリップボードの使い方については、以下の記事で解説しています。

前にコピーしたものを貼りつけたい時はクリップボードを表示して活用

コピーは、直前のものしか貼り付けできないと思っていませんか? そんなことはありません。数回前にコピーしたものでも貼り付けすることができます。 ...

続きを見る

検索と置換ダイアログボックスの表示

検索と置換ダイアログボックスを表示します。[ホーム]タブの右端にある[置換]ボタンをクリックします。または、ショートカットキー[Ctrl]+[H]を使って表示します。
置換コマンド

置換作業

下のように[検索と置換]ダイアログボックスが表示されます。[置換]タブが表示されていると思います。[検索する文字列]のテキストボックスに検索する文字列を入力します。ここでは、[花]と入力します。
検索する文字列に入力

次に[置換後の文字列]のテキストボックス内でクリックします。そして、[オプション]ボタンをクリックします。
オプションボタンをクリック

[検索と置換]ダイアログボックスは、下のように展開されます。[あいまい検索]のチェックボックスをクリックして、オフにします。既定では、オンになっていると思います。そして、[特殊文字]ボタンをクリックします。
[あいまい検索]をオフにして[特殊文字]ボタンをクリック

特殊文字の一覧が表示されます。上から6個目の[クリップボードの内容]をクリックします。
クリップボードの内容

[置換後の文字列]のテキストボックスには、下のような文字が表示されていることを確認します。[すべて置換]ボタンをクリックします。
[すべて置換]ボタンをクリック

置換完了のメッセージが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。
メッセージウィンドウ

文書は下のようになります。
置換後の文書

関連特殊文字を使って検索したり、置換する方法は以下の記事でも解説しています。

改ページを一括削除するには

Word2013で改ページを一括で削除する方法です。他のバージョンのWordも同じ操作です。 改ページは、1つずつ削除するには、編集記号の改 ...

続きを見る

行区切りを一気に削除

Webページの文章をコピーしてWordに貼り付けすると、改行マークがたくさんあって邪魔に感じることがありますね。 Internet Expl ...

続きを見る

タブ文字の削除

Excelで作成された文書をコピーして、Wordへ貼り付けると下のように多くのタブが挿入されてしまうことがあります。 この不要なタブ文字を一 ...

続きを見る

検索と置換関連の記事です。

複数の置換を一括で行うマクロ

Wordで複数の置換作業を一括で行うマクロです。 関連大文字と小文字、半角と全角を区別して置換する方法は、こちらで解説しています。 実は、毎 ...

続きを見る

クリップボードの使い方については、以下の記事で解説しています。

前にコピーしたものを貼りつけたい時はクリップボードを表示して活用

コピーは、直前のものしか貼り付けできないと思っていませんか? そんなことはありません。数回前にコピーしたものでも貼り付けすることができます。 ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

ワードを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

ウィザードを使ったコマンドボタンの作成

Accessで起動時にメニューフォームを表示した後、ボタンをクリックして目的のフォームを開くようにしたいという要望はよくあります。コマンドボ ...

自動的に更新される日付や時刻を挿入

Wordでは、入力した日付と時刻を自動的に更新してくれる機能があります。 [挿入]タブの[日付と時刻]から挿入 日付を入力したい箇所にカーソ ...

[きょう]と入力して今日の日付に変換、[いま]と入力して現在時刻に変換

Windows10のIMEでは、日付や現在の時刻の入力が簡単にできるようになっています。いつのアップデートで機能が追加されたのかは分かりませ ...

球体を描いて保存する

PowerPointで球体を描いて、それを画像として保存する方法を紹介します。球体を描くには、Office2010以降のバージョンであれば可 ...

セーフモードで起動するには

Windows10でセーフモードで起動する方法です。2つの方法を紹介します。 スタートメニューの[電源]をクリックして、[Shift]キーを ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.