Windows10 & Office2016 Word2016

Print Friendly, PDF & Email

クリックアンドタイプ機能の注意点とタブの解除方法

投稿日:2017年11月13日 更新日:

Wordには、クリックアンドタイプ機能という機能があります。これは、文字が入力されていない箇所でダブルクリックすると、その位置から文字を入力することができる機能です。
気がついていない方も多いと思いますが、[印刷レイアウト]表示であれば、白紙の箇所でダブルクリックしてみてください。カーソルが現れて、その位置から入力ができると思います。また、文字を入力していない箇所で左から右へゆっくりマウスポインターを移動させると、マウスポインターの形が変わることを確認することができます。

左から順に [左インデント](字下げ)、[左揃え]、[中央揃え]、[左揃え]、[右揃え]の順でマウスポインタの形が変わります。ダブルクリックした位置に自動設定されます。また、図や表の横にも現れます。
マウスポインターの形

この機能は、[印刷レイアウト]と[Webレイアウト]表示で使える機能です。[表示]タブの[表示]グループで確認したり、変更することができます。
表示設定

クリックアンドタイプ機能については、Word2003で解説していますが、ここではクリックアンドタイプ機能の注意点とタブの解除方法について記しておきます。

クリックアンドタイプ機能

クリックアンドタイプとは、ダブルクリックすることで任意の位置に文字を入力することができる機能です。 この機能は Wordの[印刷レイアウト表 ...

続きを見る

クリックアンドタイプ機能の設定

この機能は、既定ではオンになっています。[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。
[Wordのオプション]ダイアログボックスが表示されます。[詳細設定]の[編集オプション]にあります。
[クリックアンドタイプ編集を行う]のチェックボックスをオフにすると、この機能は無効になります。オフにすると、そのすぐ下にある[既定の段落スタイル]も無効になります。
Wordのオプション

[クリックアンドタイプ編集を行う]のチェックボックスがオンの場合は、[既定の段落スタイル]から任意のスタイルを選択することができます。新規の白紙の文書の場合は、[標準]しかありませんが、文書内に見出しのスタイルなどを設定している場合は、下のように[標準]以外のスタイルも選択肢に表示されます。ここで設定されたスタイルが新しい段落に適用されます。
既定の段落スタイル

既定の段落スタイルが標準の場合

[クリックアンドタイプ編集を行う]のチェックボックスをオンにして、[既定の段落スタイル]で[標準]を選択すると、クリックアンドタイプ機能を使ってダブルクリックで新しい段落へ入力すると、その時のスタイルは標準スタイルになります。もし、[既定の段落スタイル]で[見出し1]を選択している場合は、[見出し1]のスタイルが適用されます。
クリックアンドタイプ機能で入力

[Enter]キーで改段落した場合

クリックアンドタイプ機能を使わず、[Enter]キーで段落を変えると、書式のスタイルは引き継がれます。参考書式を引き継ぎたくない場合は、[Ctrl]キー+[スペース]キーを押して、その後[Enter]キーを押すと、書式を解除して入力することができます。[Ctrl] + [スペース]は書式解除のショートカットキーです。
Enterキーで改段落

クリックアンドタイプ機能は、段落とタブが自動設定されるので、Wordのタブ操作に慣れていない方にとっては、編集するときにかえって煩わしく面倒な思いをするかもしれません。意図せずにダブルクリックして入力してしまった場合などは、タブ位置の解除やタブの削除方法を知っておくと役立ちます。

タブ記号やタブ位置を確認するには

編集記号の表示

タブ記号を表示するには、[ホーム]タブの[段落]グループにある[編集記号の表示/非表示]ボタンをクリックします。このボタンをオンにすると、タブ記号が表示されます。
編集記号の表示

ルーラーの表示

また、ルーラーも表示します。[表示]タブの[表示]グループにある[ルーラー]のチェックボックスをオンにします。そうすると、ルーラー上でタブを確認することができます。
ルーラーの表示

タブ位置の解除方法3つ

意図せずにタブを設定してしまったら、解除したほうがいいです。元に戻したほうが早い場合は、[元に戻す]ボタンをクリックするか、ショートカットキー[Ctrl]+[Z]で戻ってください。

タブマーカーをルーラーの外へドラッグ

下のようにクリックアンドタイプ機能を使って、左揃えタブを設定した場合は、ルーラー上のタブマーカーを水平ルーラーの外へドラッグします。
タブ位置の解除

ショートカットキーで一気に解除

1つの段落に複数のタブ位置が設定されている場合は、段落を選択して、以下のショートカットキーを使うと早いです。が、他の段落書式(インデントや段落罫線)も解除されてしまいますので注意してください。タブ位置のみの段落書式しかない場合、または他の段落書式も解除しても問題がない場合は役立つと思います。

[Ctrl] + [Q](段落の書式解除)

[Ctrl] + [Shift] + [N](標準スタイルの設定)

[タブとリーダー]ダイアログボックスから[すべてクリア]

または、ルーラーのタブをダブルクリックして、[タブとリーダー]ダイアログボックスを表示させ、
ルーラーのタブ

[すべてクリア]ボタンをクリックして、[OK]ボタンをクリックします。
[タブとリーダー]ダイアログボックス

タブの削除

タブの前に文字カーソルを置いた場合は[Delete]キー、タブの後ろにカーソルを置いた場合は[Backspace]キーです。
タブの削除

多くのタブを一気に削除したい場合の方法は、以下の記事で解説しています。

タブ文字の削除

Excelで作成された文書をコピーして、Wordへ貼り付けると下のように多くのタブが挿入されてしまうことがあります。 この不要なタブを一気に ...

続きを見る

タブの削除とタブ位置の解除方法については、以下の記事でも解説しています。

タブの削除、タブ位置の解除 : 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog1

解決できないことは【teratail】で質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

開くときに意図しないパラメーターの入力ウィンドウが表示される

Accessで作成したデータベースのテーブルや、クエリ、フォーム、レポートを開こうとすると、下のように[パラメータの入力]を求めるウィンドウ ...

テーブルのサイズ変更と解除

Excelでテーブルを作成した後、テーブルのサイズを変更する方法です。テーブルについては、テーブルの活用を参照されてください。 テーブルのサ ...

誤変換データを送信しないようにするには

Windowsで入力中に画面右下から「誤変換精度を高めるために誤変換データ収集にご協力ください。今すぐ誤変換データを送信するには、ここをクリ ...

画像を挿入できるSmartArtグラフィック

SmartArtグラフィックとは、図形や矢印、画像などを組み合わせて、情報の相互関係を視覚的にわかりやすく表示できるOffice共通の機能で ...

Excelのアニメーションをオフにするには

Windows10でExcelを起動して操作すると、下のようにセルを移動するたびにぬるっとした動きがあり、妙にイラッとします。このアニメーシ ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.