Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Word2016

特定のページにのみ透かしを挿入する

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordでは下のような透かし文字や透かし画像を挿入することができます。

透かしの挿入で解説しています。

透かしの挿入

Wordで下のような透かし文字や透かし画像を挿入する方法です。 [デザイン]タブの[透かし] 透かしを挿入したい文書を開いて、[デザイン]タ ...

続きを見る

この透かしを挿入すると、既定のままでは全てのページに挿入されますが、特定のページにのみ透かしを挿入することもできます。

2ページ目のみに透かしを挿入した完成文書

下のように3ページにわたる文書があります。

この2ページ目のみに透かしを挿入したいと思います。

透かしを挿入する前に少し設定が必要になります。

3ページの文書

セクション区切りの挿入

まずセクション区切りを挿入します。

2ページ目の先頭にカーソルをおいて、[レイアウト]タブの[区切り]から[セクション区切り]の[次のページから開始]をクリックします。

参考[現在の位置から開始]をクリックしてもOKです。

セクションの挿入

3ページ目も同じように先頭にカーソルを置いて、[レイアウト]タブの[区切り]から[セクション区切り]の[次のページから開始]をクリックします。

参考[F4]キー(直前の操作の繰り返し)を押してもOKです。

3ページ目にもセクションの挿入

[ホーム]タブの[編集記号の表示/非表示]がオンの場合、下のように[セクション区切り(次のページから新しいセクション)]が表示されます。

編集記号の表示

文書の上部(ヘッダー領域)をダブルクリックします。

ヘッダー領域をダブルクリック

ヘッダー/フッターが編集できる状態になります。

ヘッダーセクションも表示されています。

ヘッダー/フッター

[前と同じヘッダー/フッター]をオフに設定

2ページ目のヘッダーでクリックします。

クリックすると、[ヘッダー/フッター ツール]の[デザイン]タブの[前と同じヘッダー/フッター]がオンになっていると思います。

この[前と同じヘッダー/フッター]をクリックしてオフにします。

前と同じヘッダー/フッターの解除

[前と同じヘッダー/フッター]をオフにすると、下のように[前と同じ]という表示が消えます。

前と同じが消えた状態

3ページ目もヘッダーにカーソルを置いて、同様に[前と同じヘッダー/フッター]をオフにします。

下のようになります。

これで準備は完了です。

設定後

透かしの挿入

2ページ目のヘッダーでクリックします。

[デザイン]タブをクリックして切り替えます。

[透かし]をクリックして、目的の透かしをクリックします。

透かしの挿入

2ページ目のみに透かしが挿入されます。

2ページ目に透かしを挿入

ヘッダーとフッターを閉じる

ヘッダー/フッターを閉じるには、[デザイン]タブの[ヘッダーとフッターを閉じる]ボタンをクリックします。

または、本文内でダブルクリックします。

[ヘッダーとフッターを閉じる]ボタンのポップヒントにも"文書内の領域をダブルクリックして文書の編集に戻ることもできます。

"と記されています。

ヘッダー/フッターを閉じる

下のように2ページ目のみに透かしを挿入することができます。

下は、分かりやすくするため挿入した透かしの文字色を赤くしています。

2ページ目のみに透かしを挿入した完成文書

透かしの編集

透かし文字の色を変更する場合は、ヘッダー/フッターを表示して、透かしを選択します。

透かしの文字を選択すると、[ワードアートツール]の[書式]タブが現れますので、[ワードアートの文字の塗りつぶし]から設定することができます。

透かしのサイズと位置の変更も参考になると思います。

ワードアートの文字の塗りつぶし

関連以下は、Wordの透かしに関する記事です。

透かしの挿入

Wordで下のような透かし文字や透かし画像を挿入する方法です。 [デザイン]タブの[透かし] 透かしを挿入したい文書を開いて、[デザイン]タ ...

続きを見る

画像を透かしとして挿入

Wordで下のように画像を透かしとして挿入方法です。 テキスト文字については、透かしの挿入で解説しています。 画像を透かしとして挿入 画像の ...

続きを見る

以下は、Word2003での解説です。

透かしの入れ方

文書の背景に透かしを入れてみましょう。 透かしダイアログボックスの表示 メニューバーの[書式]から[背景]→[透かし]をクリックしてください ...

続きを見る

Word2013でも解説しています。

透かしの挿入と設定

Wordでは、下のように文書の背景に透かし文字や画像を挿入することができます。 [デザイン]タブの[透かし] Word2013では、コマンド ...

続きを見る

Excelには透かしの機能はありませんが、背景に画像を挿入して透かしのように見せることができます。

シートの背景に画像を挿入する(透かしの追加)

Excelでは、ワークシートの背景に画像を挿入することができます。 標準の機能である[ページレイアウト]タブの[背景]から画像を挿入する方法 ...

続きを見る

セクション区切りを挿入すると出来ること

セクション区切りを挿入すると、文書をセクションという区切りで文書を分割して設定することができるようになります。

たとえば、用紙サイズや、ヘッダー・フッター印刷の向き段組み脚注ページ罫線などをセクションというグループに設定することができます。

以下のページでは、セクション区切りを挿入して、ページ番号を3ページ目から設定する方法を解説しています。

文書の途中からページ番号を設定したい

Wordの[ページ設定]ダイアログボックスには、[先頭ページのみ別指定]の項目があり、このチェックボックスをオンにすると、先頭ページにはペー ...

続きを見る

また、行番号の表示もセクションごとに振り直すことができます。

行番号の表示(左側余白に連続した番号を表示する)

Wordで行番号を表示する方法です。 行番号を表示したまま印刷することもできますし、セクション区切りを挿入してセクションごとに振り直すことも ...

続きを見る

以下は、セクションで行数を変更する方法を解説しています。

このページだけ行数を変更したい時は、セクション区切りで解決(Word2003で解説しています。)

挿入したセクションの削除

セクション区切りは、[ホーム]タブの[段落]グループにある[編集記号の表示/非表示]をオンにしなければ、表示されません。

編集記号をオンに

セクション区切りが表示されていなくても、ステータスバーでセクション番号は確認することができるのですが、セクションを削除する場合は、編集記号をオンにします。

そして、セクション区切りの直前にカーソルを置いて、[Delete]キーを押します。

セクションの削除

セクション区切りは、置換機能を使って一括して削除することもできます。

置換機能を使って一括削除で解説しています。

参考PowerPointにもセクション機能があります。PowerPoint2010以降の機能です。

セクションの追加

PowerPoint2010では、[セクション]という機能が追加されました。 [セクション]とは、ひとつのまとまりのことです。Wordでもあ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

ファイルの情報を比較する

Windows10でファイルを同じ名前で保存しようとすると、下のようなウィンドウが開かれます。 [ファイルの置換またはスキップ]に、以下の3 ...

ナビゲーションウィンドウの非表示設定とオブジェクトの表示形式

Accessも2007以降、インターフェースが大きく変わりました。 まず、Accessの画面と各部の名称を解説します。 名称を知っておくと、 ...

マウスポインターのカスタマイズ

Windows10でマウスポインターをカスタマイズする方法です。 既定のマウスポインターでは、私は既定のマウスポインターでは見辛く、下のよう ...

プレースホルダーを理解して活用しよう

PowerPointでスライドを作成するとき、プレースホルダーを使っていますか? プレースホルダーという名前を聞いたこともない、テキストボッ ...

3Dマップにフィールドリストを追加、不要なフィールドリストを削除

Excel2016では、3Dマップという地図上にグラフを作成できる機能があります。 ちょっと操作すると、リアルに変化が楽しめて面白いですね。 ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.