リンクユニット

Windows10 & Office2016 Word2016

作成済みマクロへのショートカットキーの割り当て

投稿日:

Wordでマクロを作成した後、そのマクロにショートカットキーを割り当てる方法です。

マクロの記録方法については、Wordの記録マクロを参照されてください。

Wordの記録マクロ

Wordでは、操作手順をマクロに記録することができます。[マクロの記録]操作を実行するには、まず[開発]タブを表示させます。 開発タブの表示 ...

続きを見る

[マクロの記録]ボタンをクリックして、[マクロの記録]ダイアログボックスの[キーボード]をクリックしてショートカットキーを設定することができますが、既存のマクロに対してもショートカットキーを割り当てることができます。

キーボードのユーザー設定ダイアログボックスの表示

[ファイル]タブをクリックして
ファイルタブ [オプション]をクリックします。
オプションをクリック
[Wordのオプション]ダイアログボックスが表示されます。左側の一覧から[リボンのユーザー設定]を選択して、[ショートカットキー]の[ユーザー設定]ボタンをクリックします。
Wordのオプション

既存のマクロへのショートカットキーの割り当て

[キーボードのユーザー設定]ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスで設定します。[分類]の一覧から[マクロ]を選択します。[マクロ]の一覧から、ショートカットキーを割り当てたいマクロ名を選択します。[保存先]でショートカットキーを保存する保存先を選択します。[割り当てるキーを押してください]のテキストボックスをクリックしてカーソルを置きます。そして、キーボードから割り当てたいキーを押します。ここでは、[Alt]と[Q]を押しています。[割り当て]ボタンをクリックして、ショートカットキーを登録します。
キーボードのユーザー設定 [割り当て]ボタンをクリックすると、下のように[現在のキー]に表示されます。
ショートカットキーの割り当て

入力したショートカットキーが別の操作に割り当てられている場合は、[現在の割り当て]に表示されます。Wordの既定のショートカットキーと重複する場合は、マクロで設定したショートカットキーが優先されます。
現在の割り当て

割り当てたショートカットキーを削除する場合は、[現在のキー]にあるショートカットキーを選択して、[削除]ボタンをクリックします。
ショートカットキーの削除

再度、やり直すことができます。
ショートカットキー削除後のキーボードのユーザー設定

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

ワードを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

マクロビルダーで埋め込みマクロを作成

Accessで作成済みのフォームをボタンをクリックして開くようにする方法です。ここでは、埋め込みマクロで設定する方法を紹介します。 ボタンの ...

段落の背景に色をつける

Wordで 段落の背景に塗りつぶしの色を設定する方法です。段落というと大きな文字列の固まりを想像される方が多いですが、Wordでは、段落記号 ...

Accessの宛名ラベルウィザードを起動してラベル作成

Accessのテーブルやクエリを基に宛名ラベルウィザードを使用して、宛名ラベルを作成することができます。 ここでは、テーブル[T_住所一覧] ...

同じ数字が複数行に並ぶ連番(1.1.1.2.2.2)を入力するには

Excelで1つのセルに数字を入力して、オートフィルをかけると簡単に連番を入力することができます。オートフィルは元になるセルの■(フィルハン ...

クエリでデータをグループ化して集計

クエリのデザイングリッドに[集計]セルを表示すると、データをグループ化して、グループごとに集計することができます。製品ごとに数量や売上の合計 ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.