Windows10 & Office2016 Word2016

Print Friendly, PDF & Email

作成済みマクロへのショートカットキーの割り当て

投稿日:

Wordでマクロを作成した後、そのマクロにショートカットキーを割り当てる方法です。

マクロの記録方法については、Wordの記録マクロを参照されてください。

Wordの記録マクロ

Wordでは、操作手順をマクロに記録することができます。[マクロの記録]操作を実行するには、まず[開発]タブを表示させます。 開発タブの表示 ...

続きを見る

[マクロの記録]ボタンをクリックして、[マクロの記録]ダイアログボックスの[キーボード]をクリックしてショートカットキーを設定することができますが、既存のマクロに対してもショートカットキーを割り当てることができます。

キーボードのユーザー設定ダイアログボックスの表示

[ファイル]タブをクリックして
ファイルタブ

[オプション]をクリックします。
オプションをクリック

[Wordのオプション]ダイアログボックスが表示されます。左側の一覧から[リボンのユーザー設定]を選択して、[ショートカットキー]の[ユーザー設定]ボタンをクリックします。
Wordのオプション

既存のマクロへのショートカットキーの割り当て

[キーボードのユーザー設定]ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスで設定します。[分類]の一覧から[マクロ]を選択します。[マクロ]の一覧から、ショートカットキーを割り当てたいマクロ名を選択します。[保存先]でショートカットキーを保存する保存先を選択します。[割り当てるキーを押してください]のテキストボックスをクリックしてカーソルを置きます。そして、キーボードから割り当てたいキーを押します。ここでは、[Alt]と[Q]を押しています。[割り当て]ボタンをクリックして、ショートカットキーを登録します。
キーボードのユーザー設定

[割り当て]ボタンをクリックすると、下のように[現在のキー]に表示されます。
ショートカットキーの割り当て

入力したショートカットキーが別の操作に割り当てられている場合は、[現在の割り当て]に表示されます。Wordの既定のショートカットキーと重複する場合は、マクロで設定したショートカットキーが優先されます。
現在の割り当て

割り当てたショートカットキーを削除する場合は、[現在のキー]にあるショートカットキーを選択して、[削除]ボタンをクリックします。
ショートカットキーの削除

再度、やり直すことができます。
ショートカットキー削除後のキーボードのユーザー設定

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

図形を罫線の中央に配置するには

Excelで罫線で囲んだ中に図形やテキストボックスを中央に配置する簡単な方法です。Excel2016で解説していますが、バージョンは関係あり ...

ペイントで画像を重ねて加工

Windowsには、標準でペイントという画像編集ソフトが搭載されています。そのペイントを使って画像を重ねて加工する方法を紹介します。 ペイン ...

オブジェクトをPDFで保存するには

AccessのレポートをPDFで保存する方法です。レポートだけでなく、フォームなどもPDFで保存することができます。また、エクスポート操作を ...

図形でトリミング

Office2007から 挿入した画像を図形の形でトリミングができるようになっています。WordやExcelでも同じ操作ですが、ここではPo ...

テーブルやピボットテーブルに変換する時の注意点

Excelのテーブルやピボットテーブルは、データベースとしての管理が簡単にできるようになる、とても便利な機能です。でも、既存の表をテーブルや ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.