Windows10 & Office2016 Word2016

Print Friendly

すべてのスタイルを表示するには

投稿日:2017年4月30日 更新日:

Word2016で文字列にスタイルを設定しようと[ホーム]タブの[スタイル]の一覧を表示しても、スタイルの数が意外に少ないと感じる方も多いと思います。スタイルの[その他]ボタンをクリックすると、
スタイルのその他ボタン

下のように表示されます。「これだけ?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
スタイルの一覧

実はもっと多くのスタイルがあるんです。[その他]ボタンをポイントして表示されるポップヒントには、以下のように記されています。

スタイルを使うと、統一感があり見栄えの良い文書にすることができます。スタイルでは、ナビゲーションウィンドウを使ったり、目次を追加したりできます。気に入ったスタイルがなければ、[デザイン]タブのその他のオプションで気に入ったものを探すことができます。

気に入ったスタイルがなければ、探すことができると書いてありますね。
スタイルのその他ボタンのポップヒント

スポンサーリンク

すべてのスタイルを表示するには

[ホーム]タブの[スタイル]にあるダイアログボックス起動ボタンをクリックします。このボタンをポイントした時もポップヒントが表示されます。ポップヒントを気に留める方は少ないと思いますが、読むと思わぬヒントをもらえることもありますので、できるだけ目を通されることをお勧めします。

Wordのテキストスタイルをプレビュー、管理、およびカスタイマイズします。このウィンドウでは、スタイルの詳しい書式設定の確認や変更、新しいスタイルの作成、文書スタイルのプレビューを行えます。選んだテキストに合うようにスタイルを更新することもできます。

スタイルダイアログボックス起動ボタン

[スタイル]作業ウィンドウが表示されます。右下にある[オプション...]ボタンをクリックします。
スタイルのオプション

[スタイルウィンドウオプション]ダイアログボックスが表示されます。[表示するスタイル]の▼ボタンをクリックします。※既定で表示されているのは[推奨されたスタイル]なんですね。
スタイルウィンドウオプション

[すべてのスタイル]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。
すべてのスタイルを選択

これで、スタイル作業ウィンドウには、下のように非常に多くのスタイルが表示されるようになります。ざっと数えても120個ほどあります。見出しも[推奨されたスタイル]では2個だったのですが、[すべてのスタイル]では9個まであります。
すべてのスタイル

スタイル作業ウィンドウの下方にある[プレビューを表示する]のチェックボックスをオンにすると、スタイルをプレビュー表示できます。どんなスタイルなのか一目でわかるようになります。
スタイルのプレビュー表示

お勧め記事と広告

関連記事

作成済みマクロへのショートカットキーの割り当て

Wordでマクロを作成した後、そのマクロにショートカットキーを割り当てる方法です。 マクロの記録方法については、Wordの記録マクロを参照さ ...

Edgeでリンクを新しいウィンドウで開くには

Windows10に標準搭載のEdgeでリンク先ページを新しいウィンドウで開く方法です。 Edgeでは、リンクをそのままクリックすると、同じ ...

テキストボックスでレコード抽出

Accessのフォームで検索用のテキストボックスを作成して、そのテキストボックスに入力した文字から部分一致でレコードを抽出する方法を紹介しま ...

Excel2016のおすすめグラフ

Excel2013から追加された機能に、「おすすめグラフ」というのがあります。集合縦棒グラフと折れ線グラフの複合グラフも数回のクリックで作成 ...

Webノートの作成

Windows10に標準搭載のEdgeは、Internet Explorerに代わる新しいブラウザです。 Edgeには、[Webノートの作成 ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.