Windows XP & Office 2003 Word 2003

オートシェイプの吹き出しを挿入して調整ハンドルで向きを調整

投稿日:2017年1月7日 更新日:

オートシェイプの吹き出しを使うと楽しいですね。

[図形描画]ツールバーには、複数の吹き出しの種類が用意されています。

吹き出しを挿入すると、向きを調整する必要がありますが、黄色の調整ハンドルをドラッグすると自由に向きを変えられます。

オートシェイプの吹き出し

雲形吹き出しの描画

[図形描画]ツールバー(画面の下のほうにあります)から、[オートシェイプ]から[吹き出し]-[雲形吹き出し]を選択します。

[オートシェイプ]から[吹き出し]→[雲形吹き出し]

[図形描画ツールバー]が表示されていなければ、[表示]メニューの[ツール]から[図形描画]をクリックしてください。

描画キャンバスが表示されます。

[Delete]キーを押して、削除します。

描画キャンバス

オートシェイプの挿入時に、描画キャンバスを表示しないように設定することもできます。

オートシェイプの挿入時、描画キャンバスを表示したくない

Word2003の文書内で初めてオートシェイプを使用すると、自動的に描画キャンバスが表示されます。 描画キャンバスを利用すると、複数の図を大 ...

続きを見る

イラストの近くでクリックします。[雲形吹き出し]の図が挿入されます。

オートシェイプの吹き出しは、他のオートシェイプと違ってテキストボックスになっているので、すぐに文字入力ができます。

吹き出し

参考選択した吹き出しを後で変更する場合は、[図形]ツールバーの[オートシェイプの変更]クリックして変更できます。

[図形の調整]-[オートシェイプの変更]

削除して、挿入し直しする必要はありません。

図形(オートシェイプ)の変更

文字の入力

そのまま文字を入力します。ここでは、[あれ?]と文字を入力しておきます。

文字入力

調整ハンドル

枠線上でクリックします。枠の形が[斜線]から[網]に変わります。

黄色い調整ハンドルが表示されると思います。

黄色い調整ハンドルをマウスの左ボタンを押したまま、イラストの近くへドラッグします。

調整ハンドル

この黄色い調整ハンドルは、図形によって表示されるものと、されないものがあります。

オートシェイプの違い

以下は、Word2019で吹き出しを挿入したものですが、同じように調整ハンドルがあります。

Word2019の吹き出し

サイズの調整

白い○(サイズ変更ハンドル)の上にマウスをあわせると、下の画像のような矢印の形になるので、そのときにドラッグして雲の形を調整します。

マウスポインタの形

吹き出しの大きさを変更

吹き出しの削除

[吹き出し]の削除の仕方は、吹き出しをクリックすると枠線が表示されますので、その枠線上でクリックして網の枠線のときに[Delete]キーを押します。

カーソルが吹き出しの中にある状態では、削除できません。

必ず、枠線上でクリックしてください。

オートシェイプの削除

参考オートシェイプの削除については、以下の記事でも解説しています。

オートシェイプの削除と線を非表示にする方法

カレンダーウィザードで作成したカレンダーの周りの枠線はオートシェイプの線です。 消したいと思う方もいらっしゃると思います。 オートシェイプを ...

続きを見る

Word2010以降は、[オートシェイプの書式設定]ダイアログボックスではなく、[図形の書式設定]ダイアログボックスになっています。

Office2010でWordもオートシェイプから図形へ変更された

Word2007では、図形を挿入しても書式設定ダイアログボックスは[オートシェイプの書式設定]でした。 直線を描いて[オートシェイプの書式設 ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 Word 2003

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.