Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Word2013

個人用テンプレートの保存場所

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows7のOffice2010をOffice2013にアップグレードしました。

今日、Word2013で自作のテンプレートを使おうと思ったのですが、[新規]をクリックしても見当たらない。

Word2010で作成したテンプレートがいくつかあったので焦りました。

Word2013では、既定では個人用のテンプレートは設定されていないようです。

Word2013新規

個人用テンプレートの保存場所の設定

個人用テンプレートを設定する方法です。

オプションをクリックします。

Word オプション

[Wordのオプション]で[保存]をクリックします。

[個人用テンプレートの既定の場所]が空白になっていると思います。

ここに保存場所を指定します。

Office2010の保存場所をそのまま入力してみました。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Templates\

Wordのオプションダイアログボックス

[個人用]テンプレート

[新規]タブをクリックすると、[個人用]というメニューが現れました。

[個人用]をクリックすると、Word2010で保存していたテンプレートが表示されました。

Word新規

PowerPointやExcelでも同じです。

ファイルの種類から[Wordテンプレート]を選択

テンプレートを作成するときは、[ファイル]タブから[名前を付けて保存]をクリックして、[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示します。

[F12]キーを押してもいいです。

参考[F12]は、[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示するショートカットキーです。

そして、[ファイルの種類]から[Wordテンプレート(*.dotx)]を選択します。

この場合は、既定では、以下が保存先となります。

[個人用テンプレートの既定の場所]が空白の場合は、以下の場所が表示されます。

先にテンプレートをここへ保存すると、[Wordのオプション]の[個人用テンプレートの既定の場所]には、以下のパスが表示されます。

C:\Users\(ユーザー名)\Documents\Office のカスタム テンプレート

テンプレート保存

[個人用テンプレートの既定の場所]で、[Office のカスタム テンプレート]以外の場所を指定しておくと、[名前を付けて保存]ダイアログボックスのテンプレートの保存場所は、オプションで指定した場所が表示されます。

表示された以外の場所にテンプレートを保存することもできますが、[新規]タブの[個人用]をクリックして表示される場所は、[個人用テンプレートの既定の場所]です。

関連テンプレートに関する記事です。

Office2010で解説しています。

テンプレートの作成

テンプレートとは「ひな形」のことです。 既定の設定をカスタマイズして、テンプレートとして保存しておくと、毎回設定せずに済むので効率的です。 ...

続きを見る

Word2010での解説です。

テンプレートの保存

テンプレートとはひな形のことです。 繰り返し使用するファイルの場合、自分で作成した文書をテンプレートとして保存しておくと便利です。 Word ...

続きを見る

PowerPointでは、[blank.potx]という名前のテンプレートが新規作成として読み込まれます。(PowerPoint2007以降)

起動時のスライドを白紙レイアウトにしたい

PowerPointを起動すると、一枚のスライドが表示されます。 そして、そのスライドのレイアウトは、[タイトルスライド]になっています。 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Word2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.