Windows 10 & Office 2016 Word 2016

差し込み印刷ウィザードを使ってラベルを作成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordで宛名ラベルを作成する方法は、宛名ラベル作成2010宛名ラベル作成2007で動画で紹介していますが、Word2016ではウィザードを使った方法を紹介したいと思います。

宛名ラベル

Excelの元データの準備と確認

Excelで下のようなアドレス一覧を作成しています。

36件のリストがあります。

こういうアドレス帳を作成する場合は、1行目に表のタイトルなどは入力しないようにしてください。

1行目に項目名、1行1件分のデータ、1列に同じ種類のデータとなるようにしてください。

Excelの宛名一覧

以下の記事では、差し込み印刷用のリストを作成するときの注意点を解説しています。

差し込み印刷をするときは、リストの作成も重要です。

差し込み印刷用のデータ(リスト)を作成

Excelで住所録を作成される方は多いと思います。 しかし、その住所録はExcelにデータ(リスト)として認識されているでしょうか? 住所録 ...

続きを見る

また、住所録をダウンロードして効率よく入力できるようにカスタマイズする方法も解説しています。

住所録テンプレートを使って効率よく入力できるように機能を追加

テンプレートを使用すると、一から作成するより、かなり短時間で目的のファイルを作成できます。 ただ、テンプレートをそのまま利用するのではなく、 ...

続きを見る

上記のExcelのリストを基に宛名印刷ウィザードを使って、下のような宛名ラベルを作成します。

宛名ラベル完成

差し込み印刷ウィザードの起動

[差し込み文書]タブにある[差し込み印刷の開始]の[差し込み印刷ウィザード]をクリックします。

差し込み印刷ウィザード

ウィンドウの右側に[差し込み印刷]の作業ウィンドウが表示されます。

作業ウィンドウ

作業ウィンドウの移動方法

この作業ウィンドウは、下のようにマウスポインターが下のように四方の形になった時にドラッグして移動させることができます。

作業ウィンドウの移動

ドラッグして移動させた状態です。

元の位置に戻す場合は、上部をダブルクリックします。

ここでは、元の位置に戻しています。

ダブルクリックで元の位置へ

参考作業ウィンドウの操作については、以下の記事で解説しています。

作業ウィンドウの操作(タイトルをダブルクリックで固定位置へ)

WordやExcelの操作中にコマンドボタンをクリックすると、ウィンドウの左右どちらかに[作業ウィンドウ]が現れることがあります。 [図の書 ...

続きを見る

文書の種類を選択

[文書の種類を選択]で[ラベル]をクリックして、作業ウィンドウの下部にある手順1/6の[次へ:ひな形の選択]をクリックします。

ラベルを選択

[文書レイアウトの変更]から[ラベルオプション]をクリックします。

ラベルオプションをクリック

[ラベルオプション]ダイアログボックスが表示されます。

まず、[ラベルの製造元]を選択して、その後 [製品番号]を選択します。

ここでは、[A-ONE26503]にしています。

ラベルオプションダイアログボックス

解説で使用しているラベルは以下のものです。

ラベルのレイアウトが表のグリッド線で表示されます。

手順2/6で[次へ:宛先の選択]をクリックします。

また、ウィザードの下方にある[戻る]をクリックして、やり直すこともできます。

宛先の選択

既存リスト(Excelの住所録)の選択

[既存のリストを使用]の[参照...]をクリックします。

そして、目的のExcelブックを選択します。

参照をクリック

[テーブルの選択]が表示されたら、シート名を確認して[OK]ボタンをクリックします。

念のため、[先頭行をタイトル行として使用する]のチェックボックスがオンになっていることも確認してください。

テーブルの選択

[差し込み印刷の宛先]ダイアログボックスが表示されます。

ここで差し込むデータの選択ができますし、重複のチェックを行うこともできます。

元データであるExcelのリストはそのままにして、ここで宛先リストのレコードを取捨選択することもできますね。

準備ができたら[OK]ボタンをクリックします。

差し込み印刷の宛先

下のようになります。

レコードの差し込み準備

作業ウィンドウの[手順3/6]の[次へ:ラベルの配置]をクリックします。

ラベルの配置をクリック

差し込みフィールドの挿入

[差し込みフィールドの挿入...]をクリックします。

差し込みフィールドの挿入をクリック

[差し込みフィールドの挿入]ダイアログボックスが表示されます。

カーソルの位置にフィールドを差し込んでいくのですが、差し込むフィールドが多い場合はちょっと面倒だと思います。

挿入するフィールドはすべて挿入して、その後 フィールドのレイアウトをした方が効率的だと思います。

差し込みフィールドの挿入ダイアログボックス

参考もし、ここで下のように[フィールド]にセル番地が表示されるようであれば、差し込み印刷用のデータを作成を参照してください。

データ元となっているExcelを少し編集すると項目名が表示されるようになります。

差し込み印刷用のデータ(リスト)を作成

Excelで住所録を作成される方は多いと思います。 しかし、その住所録はExcelにデータ(リスト)として認識されているでしょうか? 住所録 ...

続きを見る

差し込み印刷フィールドの挿入ダイアログボックス

<<〒>> <<住所1>> <<住所2>> <<氏>> <<名>>の順に挿入しておくといいと思います。

フィールドの挿入が終わったら、[差し込みフィールドの挿入]ダイアログボックスの[閉じる]ボタンをクリックして閉じます。

フィールドの挿入

挿入したフィールドを[Enter]キーを使って下のようにレイアウトします。

フィールドのレイアウトを編集

必要な文字を入力

「〒」と「様」を入力します。

参考「〒」は「ゆうびん」と入力して変換すると入力することができます。

〒と様の入力

更新してプレビューで確認

作業ウィンドウの[ラベルの置換]にある[すべてのラベルの更新]ボタンをクリックします。

最初のラベルのレイアウトがすべてのラベルにコピーされます。

その後、[手順4/6]の[次へ:ラベルのプレビュー表示]をクリックします。

すべてのラベルの更新

下のようにリストのフィールドが差し込まれて、ラベルのプレビューを確認することができます。

ラベルのプレビュー

[手順5/6]の[次へ:差し込み印刷の完了]をクリックします。

差し込み印刷の完了

印刷

[差し込み印刷]の[印刷...]をクリックします。

参考[...]がつくコマンドは、ダイアログボックスが表示されます。

印刷

[プリンターに差し込み]ダイアログボックスが表示されます。

ここで印刷するレコードを選択することができます。

[OK]ボタンをクリックすると、[印刷ダイアログボックス]が表示されます。

[OK]ボタンをクリックすると印刷が開始されます。

プリンターに差し込むウィンドウ

新規文書への差し込み

差し込んだラベルを新しい文書として保存するには、[各ラベルの編集...]をクリックします。

各ラベルの編集

[新規文書への差し込み]ダイアログボックスが表示されます。

[すべて]を選択して[OK]ボタンをクリックすると、新規文書に差し込みが開始されます。

[新規文書への差し込み]ダイアログボックス

下のようにすべてのラベルが文書として保存されるので、個別に編集をすることができます。

例えば、一枚のラベルだけ連名にしたり、他とは異なるレイアウトにしなければならない時に便利です。

文書として保存

関連ラベルに画像を差し込むこともできます。

画像の差し込み印刷(Excelのリスト表を使って作成)

Wordの差し込み印刷は、同じ文面の書面に宛先だけを差し替えて印刷することができる機能です。 住所や氏名を印刷したラベルをまとめて作成して、 ...

続きを見る

画像の差し込み印刷(Wordのリスト表を使って簡単作成)

Wordの差し込み印刷で画像を差し込むには、差し込み用に使用するリストがWordで作成した表であれば、簡単に画像の差し込みができます。 ただ ...

続きを見る

差し込み印刷の[名簿]を使うと、1つのテキストボックスでリスト分のテキストボックスを作成することができます。

差し込み印刷の【名簿】でリスト分のテキストボックスを簡単作成

Wordの差し込み印刷にある[名簿]という機能を使って、フィールドを差し込んだテキストボックスを1つ作成して新規文書に差し込むと、リスト全件 ...

続きを見る

参考ラベルのサイズは、登録されていないメーカーや型番のラベルでもラベルオプションでサイズを登録することができます。

ラベルサイズ登録設定(ワード2010)

Word2010でのラベルサイズ登録の方法です。 ラベルオプションを使えば、登録されていないメーカーや型番のラベルでも簡単にラベルシールのサ ...

続きを見る

他のバージョンでの宛名ラベルの解説です。

Word2003での解説です。

宛名ラベル作成(ワード2003)

Word2003で宛名ラベルを作成する方法です。 Excelで作成したアドレス帳を基に宛名ラベルを作成する方法です。 下の画像は完成図です。 ...

続きを見る

Word2007での解説です。

宛名ラベル作成(ワード2007)

Word2007で宛名ラベルを作成する方法です。 Excelで作成したアドレス帳をもとに宛名ラベルを作成する方法です。 下の画像は完成図です ...

続きを見る

Word2010での解説です。

宛名ラベル作成(ワード2010)

Word2010で宛名ラベルを作成する方法です。 Excelで作成したアドレス帳をもとに宛名ラベルを作成します。 下の画像は完成図です。 Y ...

続きを見る

Word for Mac 2011での解説です。

宛名ラベル作成

Excelで作成したアドレス帳を基に宛名ラベルを作成する方法です。 Word for Mac 2011の差し込み印刷機能を使った方法です。 ...

続きを見る

差し込み印刷によるラベルの作成

Word for Mac 2011での差し込み印刷によるラベル作成の方法を解説します。 新規文書に差し込んで保存すると、ラベルを個別に編集す ...

続きを見る

Accessでも作成できます。

Access2016での解説です。

Accessの【宛名ラベルウィザード】を起動してラベルを作成

Accessのテーブルやクエリを基に宛名ラベルウィザードを使用して、宛名ラベルを作成することができます。 ウィザードなので、設問に答えるだけ ...

続きを見る

以下は、差し込み印刷に関する記事です。

差し込み文書を使って同じメールを複数の人に一括送信

Wordで同じ内容のメールを複数の人へまとめて送信する方法です。 Wordでメール本文となる文書を作成し、その文書を開いて[差し込み文書]を ...

続きを見る

表を使った名簿の作成は差し込み印刷の【名簿】で

Wordの[差し込み文書]タブの[差し込み印刷の開始]のメニューの中に[名簿]という機能があります。 [名簿]を使用してレイアウトした表の中 ...

続きを見る

差し込み印刷で2列にフィールドを差し込んだ表を作成するには

Wordの差し込み印刷にある[名簿]機能を使って一覧表を作成するとき、2列の表に[氏名]フィールド差し込んだ表を作成する方法を紹介します。 ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 10 & Office 2016 Word 2016

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.