Google検索

Windows7 & Office2010 Word2010

スタイルの登録とコピー

投稿日:2017年1月7日 更新日:

設定した書式を他の段落や文字列に使用したい場合は、スタイルを登録しておくと便利です。

書式を設定した文字列を範囲選択して、簡単にスタイルを登録することができます。

書式から新しいスタイルを作成

同一文書内でのみ使用する場合のスタイルの登録方法

同一文書内でのみで使用する場合の方法です。

書式設定した段落や文字列を選択

書式設定した段落や文字列を選択します

[ホーム]タブの[スタイル]グループにある[その他]をクリックします。

ホームタブ

書式から新しいスタイルを作成

[選択範囲を新しいクイックスタイルとして保存]をクリックします。

選択範囲を新しいクリックスタイルとして保存

[書式から新しいスタイルを作成]ダイアログボックスが表示されますので、[名前]のテキストボックスに分かりやすい名前を入力して[OK]ボタンをクリックして閉じます。

書式から新しいスタイルを作成

これで[クイックスタイルギャラリー]に登録することができました。

参考Word2013以降は、[選択範囲を新しいクイックスタイルとして保存]は[スタイルの作成]に変わっています。

スタイルウィンドウで確認

クイックスタイルギャラリーに登録されたスタイルは、スタイルウィンドウ(作業ウィンドウ)にも登録されています。

[スタイル]グループにある[ダイアログボックス起動ツール]ボタンをクリックして、[スタイルウィンドウ]を表示させると確認することができます。

スタイルウィンドウ

クイックスタイルギャラリーから削除

スタイルギャラリーから削除する場合は、削除したいスタイルで右クリックして、メニューの中から[クイック スタイル ギャラリーから削除]をクリックします。

クイックスタイルギャラリーから削除

標準テンプレートにスタイルを登録

スタイルウィンドウに登録されていても、スタイルはこの文書内だけでしか使用することはできません。

登録した書式を、新規文書を起動したときにも利用したい場合は、標準テンプレートに保存します。

書式から新しいスタイルを作成

[スタイルウィンドウ]から下部にある[新しいスタイル]ボタンをクリックします。

新しいスタイル

[書式から新しいスタイルを作成]ダイアログボックスが表示されます。

[名前]を入力して、[種類][基準にするスタイル][次の段落のスタイル]を▼ボタンをクリックして、一覧から選択します。

[書式]からフォントの設定をします。

また[書式]ボタンをクリックして[網掛け]などの設定も行うことができます。

新規文書で使用できるようにするには、必ず[このテンプレートを使用した新規文書]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。

登録したスタイルは、クイックギャラリーや、スタイルウィンドウにも表示されます。

書式から新しいスタイルを作成

スタイルウィンドウからスタイルを削除

スタイルウィンドウに表示されたスタイルを削除する場合は、スタイルウィンドウで目的のスタイルの▼ボタンをクリックして、[○○の削除]をクリックします。

スタイルウィンドウから削除したスタイルは、クイックスタイルギャラリーからも削除されます。

タイトルの削除

参考[クイックスタイルギャラリーから削除]を選択すると、クイックスタイルギャラリーからのみ削除されます。

クイックスタイルギャラリーから削除

また、クイックスタイルギャラリーから削除すると、[クイックスタイルギャラリーから削除]は[クイックスタイルギャラリーに追加]というメニューになります。

クイックスタイルギャラリーに追加

標準テンプレートに登録したスタイルの削除

ただし、標準テンプレートに登録したスタイルを削除する場合は、[構成内容変更]ダイアログボックスで行います。

[スタイルの管理]ダイアログボックスの表示

まず、スタイルウィンドウの下部にある[スタイルの管理]ボタンをクリックして、

スタイルの管理

[構成内容変更]ダイアログボックスの表示

[スタイルの管理]から[インポート/エクスポート]ボタンをクリックします。

インポート/エクスポート

[構成内容変更]ダイアログボックスが表示されます。

[コピー元(N):Normal.dotm]から目的のスタイルを選択して、[削除]ボタンをクリックします。

注意組み込みスタイルは削除できません。

構成内容ダイアログボックス

スタイルを他の文書からコピー

また、スタイルは他の文書からコピーして使うこともできます。

[構成内容変更]ダイアログボックスの表示

スタイルウィンドウの[スタイルの管理]ボタンをクリックして、[スタイルの管理]から[インポート/エクスポート]ボタンをクリックします。

右側のコピー元の[ファイルを閉じる]ボタンをクリックします。

構成内容変更ダイアロぐボックスの[ファイルを開く]

コピー元のファイルを指定

そうすると、[ファイルを開く]ボタンに変わります。

[ファイルを開く]ボタンをクリックすると、

ファイルを開く

スタイルをコピー

[ファイルを開く]ダイアログボックスが表示されます。ファイルの種類を[すべてのファイル]に変更し、目的の文書を選択して[開く]ボタンをクリックします。

注意ファイルの種類は、開くと[すべてのWordテンプレート]になっていると思いますので、[すべてのファイル]に変更して目的の文書を探してください。

[ファイルを開く]ダイアログボックス

コピー元ファイルの目的のスタイルを選択して、[コピー]ボタンをクリックします。

コピーボタン

左側のコピー先にスタイルが登録されます。

スタイルの登録

[名前の変更]や[削除]も、この[構成内容変更]ウィンドウで行うことができます。

また、スタイルは[Ctrl]キーや[Shift]キーを使って複数選択して、まとめてコピーしたり、削除したりすることができます。

関連スタイルに関する記事です。

Wordのスタイルを元に戻したい

すべてのスタイルを表示する方法も解説しています。

スタイル作業ウィンドウにすべてのスタイルを表示するには

Word2016で文字列にスタイルを設定しようと[ホーム]タブの[スタイル]の一覧を表示しても、スタイルの数が意外に少ないと感じる方も多いと ...

続きを見る

以下の記事では、組み込みスタイルを既定に戻す方法を解説しています。

カスタマイズした組み込みスタイルを既定に戻すには

Wordで見出しなどのスタイルをカスタマイズして使っていたけど、既定に戻さなければならなくなった。または、見出しのスタイルを設定するつもりは ...

続きを見る

スタイルを設定すると、目次の作成やページの入れ替えも簡単に行うことができます。

目次の作成(見出しスタイルを設定)

Wordの目次作成機能を使って目次を作成しておくと、後の編集がとても楽になります。 目次作成の準備が必要な文書もあるかもしれませんが、とても ...

続きを見る

ページの入れ替え

Wordでページごと、入れ替えたいということがありますね。 その場合の便利な方法です。 まず見出しの設定が必要です。 これさえ設定しておくと ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Word2010

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.