リンクユニット

Windows8 & Office2013 Word2013

ページの入れ替え

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordでページごと、入れ替えたいということがありますね。その場合の便利な方法です。
まず見出しの設定が必要です。これさえ設定しておくと、後は超簡単です。
下のような3ページの文書があって、1ページ目の「第1章」と、3ページ目の「第3章」を丸ごと入れ替えたいと思います。
複数ページ

見出し設定の確認

この文書に見出しの設定がされているかどうかを確認します。
[表示]タブの[表示]グループにある[ナビゲーションウィンドウ]のチェックボックスをオンにします。この時、ウィンドウ左側に現れたナビゲーションウィンドウの見出しにヒントが表示されているのであれば、見出しの設定がされていない状態です。設定が必要です。
ナビゲーションウィンドウの表示

この時表示される[ナビゲーション]と表示されるウィンドウは[作業ウィンドウ]と呼ばれるものです。この[作業ウィンドウ]は、ドラッグで移動させることができます。作業ウィンドウの操作で解説しています。

作業ウィンドウの操作

WordやExcelで作業をしていると、コマンドボタンをクリックした時にウィンドウの左右どちらかに[作業ウィンドウ]が現れることがあります。 ...

続きを見る

見出しの設定

見出しの設定をします。
見出しとなる段落を選択して、[ホーム]タブの[スタイル]グループにある[見出し1]をクリックします。全てのページで見出しの設定をします。
見出しの設定

段落先頭の黒い点は印刷はされませんので、気にしないでください。気になる場合は、段落先頭の黒い点を消すにはの記事を参照して非表示の設定をしてください。

段落先頭の黒い点を消すには

Wordの文書を開くと、段落の先頭に黒い点がついていることがあります。[BackSpace]キーでも[Delete]キーでも削除することがで ...

続きを見る

ナビゲーションウィンドウで見出しをドラッグして入れ替え

ナビゲーションウィンドウが変化していると思います。見出しが現れたと思います。
ここでは、ページごとに見出しの設定をしているので、見出しの入れ替えがページの入れ替えとなっていますが、要はナビゲーションウィンドウを使用して、見出し単位で入れ替えが簡単にできるということです。
ナビゲーションウィンドウ

第3章の見出しをドラッグして、上へ移動させます。
見出しをドラッグ

同じように第1章を下へドラッグします。後は、「第1章」を「第3章」に、「第3章」を「第1章」に文字を修正すればいいですね。
ナビゲーションウィンドウ

見出しの設定をしておくと、後の編集がとても楽になります。
ナビゲーションウィンドウはWord2010からの機能です。活用したいですね。

ナビゲーションウィンドウ

ナビゲーションウィンドウは、Word2010からの新機能です。なかなか便利だと思います。 ナビゲーションウィンドウの表示 [表示]タブから[ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

Ctrl+左クリックで先頭のシートにスクロール

Excel2013では、シート見出しの左端に(三角マーク)が表示され、その(三角マーク)をポイントすると、下のようにメニューが現れます。 シ ...

Ctrl+Oで【ファイルを開く】ダイアログボックスを開くには

Office2013では、開くダイアログボックスを開くためのショートカットキー[Ctrl]+[O]キーを押すと、[ファイルを開く]ダイアログ ...

マクロをアドインにして他のブックで使用する

面倒な作業であっても、少しでも効率よくミスがないように行いたいですね。作業を自動化するマクロを作成しても、マクロはそのブックでしか動作しませ ...

罫線なし罫線は便利

Wordの表には、[罫線なし]罫線というのがあります。これは知っておくと便利です。 たとえば、Word2013で下のような表を作成しました。 ...

新拡張子なのに互換モードと表示される

Word2013でWordの文書を開いてタイトルバーを見ると、拡張子は[docx]なのに[互換モード]と表示されていることがあります。 これ ...

-Windows8 & Office2013 Word2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.