Google検索

Windows Xp & Office2003 Word2003

Wordのインデントの設定

投稿日:2017年1月7日 更新日:

段落にインデントを設定すると、文章が見やすくなりますね。

インデントは、段落単位で設定されるということを忘れないでください。

インデントの名称

一段落に対しての設定の場合は、その段落内のどこでもいいですから、クリックしてから設定します。

複数の段落に対して設定したい場合は、設定したい段落をドラッグして範囲を指定します。

水平ルーラー

水平ルーラー上のインデントマーカーを使ってみましょう。

Wordの上部に水平ルーラーがあります。この水平ルーラーが、下のようになっていない場合は ミリ単位に設定されていると思います。

以下の記事を参照してください。

ルーラーは、ミリ単位?文字単位?

ルーラー

インデントの名称

下の図は、インデントマーカーを拡大した図です。各インデントの名前です。

インデントマーカー 

右インデント

以下、各インデントの説明をしていきます。

1行目のインデント

段落の1行目のみにインデントを設定します。

設定したい段落にカーソルを置きます。

段落内であれば、どこでもいいです。

1行目のインデントを右へドラッグします。

下の赤く囲まれた段落の1行目だけが引っ込んでいます。

一行目のインデント

ぶら下げインデント

段落の2行目以降のインデントを設定します。

下の赤く囲まれた段落の2行目以降が字下げされていますね。

ぶら下げインデント

左インデント

段落全体(すべての行)を左余白から設定します。

下の赤く囲まれた段落の全部の行が、左余白から引っ込んでいます。

左インデント

右インデント

段落全体(すべての行)を右余白から設定します。

下の赤く囲まれた段落の全部の行が、右余白から引っ込んでいます。

右インデント

[Alt]キーで微調整

また、[Alt]キーを押しながら、インデントマーカーをドラッグすると微調整することができます。

キーボード[Alt]キー

下の図は、[Alt]キーを押しながら、ドラッグした状態です。[0.01字]単位で調整できます。

微調整

文字単位で設定

文字単位で正確にインデントを設定したい場合は、[段落]ダイアログボックスから設定します。

メニューバーの[書式]から[段落]をクリックします。

書式メニュー

段落ダイアログボックスのインデントの項目で設定します。

段落ダイアログボックス

関連タブの設定については以下の記事で解説しています。

既定のタブ位置

任意のタブ位置の設定

タブの削除とタブ位置の解除

タブの種類

タブを使おう

段落の始めで[スペース]キーを押すと、自動的にインデントが設定されます。

インデントではなく、空白スペースを挿入したい場合は、以下の記事を参照してください。

空白スペースを挿入したい

少し右に揃えたい

参考PowerPointでもルーラーを表示して、インデントマーカーで設定することができます。

PowerPointでのルーラーを使ったインデントの設定

PowerPointでもWordのようにルーラーを表示してインデントの設定を行なうことができます。 インデントの上げ下げは、[ホーム]タブの ...

続きを見る

Wordのタブの設定については、以下の記事で解説しています。

文字の位置を揃えるには左揃えタブと右揃えタブを設定(リーダーも表示)

タブを設定すると、文字列の開始位置を変更して間隔を空けることができます。 また、複数段落の文字の先頭位置や後ろを綺麗に揃えることもできます。 ...

続きを見る

小数点の位置を揃えて表示するには(小数点揃えタブの使用)

Wordで小数点を含む数値を数行に渡って並べた時に、小数点の位置を綺麗に揃えて表示する方法です。 小数点がない数値、整数が混在していても揃え ...

続きを見る

行の右端と左端に文字を配置するには

Wordの文書を開くと、一行目にたくさんの空白スペースを見ることがあります。 もちろん[ホーム]タブの[編集記号の表示/非表示]ボタンをオン ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 Word2003

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.