Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Word2003

箇条書きのタブを解除するには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordで[1. 名前]などのように数字と文字を入力したあと[Enter]キーを押すと、自動的に次の段落には、[2. ]のように段落番号が振られます。

この設定を無効にする方法です。

自動的に段落番号が振られないようにする

この設定を解除するには、メニューバーの[ツール]→[オートコレクトのオプション]をクリックして、

ツールメニュー

オートコレクトの入力フォーマットから設定

[入力オートフォーマット]タブの[箇条書き(段落番号)]のチェックボックスをオフに設定しておくと、自動的に段落番号が振られることはなくなります。

[箇条書き]も自動的にタブが付いて、改行すると同じ行頭文字がついてしまいますので、それを避けたい場合は同じように[箇条書き(行頭文字)]のチェックをオフにします。

オートコレクトダイアログボックス

スマートタグから設定

これは、スマートタグのオートコレクトのオプションからも設定できます。

[Enter]キーを押した後に番号の左側に[オートコレクトのオプション]ボタンが表示されます。

オートコレクトのオプションの設定]を選択すると、[オートコレクト]ダイアログボックスが表示されますので、上と同じように設定することができます。

[段落番号を自動的に作成しない]を選択すると、[箇条書き(段落番号)]のチェックをオフにすることができます。

スマートタグ

箇条書きの設定を解除して、タブなしで入力することができました。

箇条書きの設定を解除

段落番号を設定した後にタブを解除する

でも、下のように段落番号を確定した後に数字と文字列の間を詰めたい、タブだけを解除したいという場合があります。

段落番号

タブとリーダーのダイアログボックスから設定

そのときは、まず、タブを解除したい段落を選択します。

そして、メニューバーの[書式]→[タブとリーダー]をクリックします。

書式メニュー

[タブ位置]を選択して[クリア]ボタンをクリックします。

タブとリーダーダイアログボックス

続けて、既定値を[0]に設定して[OK]ボタンをクリックします。

タブとリーダーダイアログボックス

タブを削除することができました。

タブの削除

ルーラーから設定

既定値が[0]になっている場合は、ルーラーから[左揃えタブ]を外へドラッグするだけでもいいです。

ルーラー

参考また、ルーラーがミリ単位になっている場合は、文字単位に変更することができます。

Blogのルーラーは、ミリ単位?文字単位?を参照してください。

また反対にこのタブ位置を広げたい場合は、設定したい段落を選択して、ルーラーの[左揃えタブ]を右へドラッグするといいです。

左揃えタブ

参考Word2007からは、リストのインデントの調整という機能があります。

箇条書きの行頭文字や番号と本文の間隔を調整したい

ぶら下げインデントで調整

改段落をせずに入力すると、下のように2行目以降は[ぶら下げインデント]によって字下げされます。

この場合、ぶら下げインデントをドラッグで移動させることによって調整することができます。

ぶら下げインデント

ぶら下げインデントについては、以下の記事で解説しています。

Wordのインデントの設定

段落にインデントを設定すると、文章が見やすくなりますね。 インデントは、段落単位で設定されるということを忘れないでください。 一段落に対して ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 Word2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.