リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Word2003

宛名ラベルの印刷

投稿日:2017年1月7日 更新日:

葉書や封書をたくさん送付する場合は、宛名ラベルを作成すると便利です。
Excelで下のような住所録を作成しています。Wordで作成したものでもOKです。
これを元に宛名ラベルを作成したいと思います。
住所録

ここでは、Word2003で解説しています。他バージョンの解説もあります。

参考この差し込み印刷の元データになる表の作り方も大事です。差し込み印刷用のデータを作成を参照してください。

差し込み印刷用のデータ(リスト)を作成

Excelで住所録を作成される方は多いと思います。しかし、その住所録はExcelにデータ(リスト)として認識されているでしょうか?例えば、W ...

続きを見る

差し込み印刷ウィザードの起動

メニューバーの[ツール]から[はがきと差し込み印刷]→[差し込み印刷ウィザード]をクリックします。
ツールメニュー

ラベルの選択

右側に[差し込み印刷]作業ウィンドウが表示されたと思います。
[文書の種類を選択]から[ラベル]をクリックします。

作業ウィンドウの下の方の[ひな形の選択]をクリックします。
作業ウィンドウ

ラベルオプション

[文書レイアウトの変更]から[ラベルオプション]をクリックします。
ラベルオプション

ラベルの選択

[ラベルオプション]ダイアログボックスが表示されます。
プリンタの種類を選択して使用する宛名シールの製品名、および製品番号を選択します。

ここでは、[エーワン]の[AOne 2871 - 宛名ラベル]を選択します。
ラベルの▼ボタンをクリックして、[エーワン]を選択します。
製品番号は、[AOne 2871 - 宛名ラベル]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。
ラベルオプション

解説で使用しているラベルは以下のものです。

下のように段落記号が表示されたと思います。
参考もしここで枠線を表示したければ、メニューバーの[罫線]→[表のグリッド線の表示]をクリックします。ここを参照してください。
グリッド線は印刷されることはありません。

グリッド線の表示

宛先の選択

右側の[差し込み印刷]作業ウィンドウから、下方の[宛先の選択]をクリックします。
作業ウィンドウ-宛先の選択

リストの選択

[既存のリストを使用]の[参照]をクリックします。
作業ウィンドウ-既存のリストを使用

[データファイルの選択]ダイアログボックスが表示されます。
ファイルの場所を確認して、目的のデータ(ここではExcelで作成した[住所録])を選択して、[開く]ボタンをクリックします。
マイドキュメント

シートの選択

Excelのシートを選択します。
シートに名前を付けていれば、シートの名前が表示されると思います。
うっかり、シートに名前を付けるのを忘れていました。(^^ゞ
この場合、おそらく[Sheet1$]ですね。シートには名前を付けることをお勧めします。

[Sheet1]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。
表の選択

[差し込み印刷の宛先]ダイアログボックス

[差し込み印刷の宛先]ダイアログボックスが表示されます。
左側のチェックボックスにチェックが入っているのを確認します。

フィールドの順番は、ドラッグで移動することができます。
[№]フィールドが中ほどにあったので、ドラッグで一番左へ移動しました。
また、項目(フィールド)の幅は、下のように 項目の境界線にマウスをポイントして、
マウスポインタが左右開きの形のときにドラッグすると幅を調整できます。

[OK]ボタンをクリックします。
差し込み印刷の宛先

ラベルの配置

白紙の作業領域に下のように表示されたと思います。

[差し込み印刷]作業ウィンドウの下にある[ラベルの配置]をクリックします。
作業ウィンドウ-ラベルの配置

[差し込み印刷]ツールバーの表示

[差し込み印刷]作業ウィンドウに[差し込みフィールドの挿入]があります。
テキスト等では、この[差し込みフィールドの挿入]をクリックして、
[差し込みフィールドの挿入]ダイアログボックスを表示させるようになっていると思います。

でも、この[差し込みフィールドの挿入]ダイアログボックスでは 
一つのフィールドを挿入して[Enter]キーで改行する場合、閉じてまた開くという操作をしなければならないので、ここでは別の方法を紹介します。
[差し込み印刷]ツールバーを表示しないなら、差し込み印刷で紹介している方法がやりやすいかもしれません。

ツールバー、及びメニューバーのどこでもいいですから、右クリックして [ツールバー一覧]を表示させます。
[差し込み印刷]をクリックします。

あるいは、メニューバーの[ツール]から[はがきと差し込み印刷]→[[差し込み印刷]ツールバーの表示]をクリックします。
差し込み印刷ツールバー

[差し込み印刷]ツールバーが表示されます。
このツールバーに[差し込みフィールドの挿入]ボタンが表示されていればいいのですが・・
おそらく、既定では 表示されていないと思います。

ツールバーの右端の▼をクリックして [ボタンの表示/非表示]から[差し込み印刷]をポイントします。
差し込み印刷ツールバー

[差し込みフィールドの挿入]を表示

差し込み印刷のメニューが表示されますので、[差し込みフィールドの挿入]をクリックします。
差し込みフィールドの挿入

[差し込みフィールドの挿入]からフィールドを挿入

ツールバーに[差し込みフィールドの挿入]ボタンが表示されたと思います。

[差し込みフィールドの挿入]をクリックします。
一覧の中から、[郵便番号]をクリックします。
[Enter]キーを押して、改行します。

[差し込みフィールドの挿入]をクリックします。
[住所]をクリックします。
[Enter]キーを押して、改行します。
再度、[Enter]キーを押します。一行、空きますね。

[差し込みフィールドの挿入]をクリックします。
[氏名]をクリックします。
差し込みフィールドの挿入

差し込み印刷ツールバーの各ボタンの説明は、Blogの差し込み印刷ツールバーに記しています。

[〒]や[様]の字を入力

下のようになりましたか?
郵便番号の前に[〒]を入力しましょう。

[氏名]の後ろに[様]を入力しましょう。

差し込んだデータの書式は設定することができます。
このとき、ちょっと注意してほしいことがあります。Blogの差し込み印刷を参照してくださいね。
データの挿入

すべてのラベルの更新

[差し込み印刷]作業ウィンドウの[すべてのラベルの更新]をクリックします。
注意忘れないようにしてくださいね!ここで このボタンを押し忘れる事がよくあります。
すべてのラベルの更新

下のようになりましたか?
差し込み印刷結果

ラベルのプレビュー表示

[差し込み印刷]作業ウィンドウの下の方にある[ラベルのプレビュー表示]をクリックします。
作業ウィンドウ-ラベルビューの表示

下のように宛名が一気に表示されました。
ラベルビューの結果

差し込み印刷の完了

[差し込み印刷]作業ウィンドウの下の方にある[差し込み印刷の完了]をクリックします。
差し込み印刷の完了

印刷

[差し込み印刷]作業ウィンドウの[印刷]をクリックします。
作業ウィンドウ-印刷

[プリンタに差し込む]ダイアログボックスが表示されたら、[すべて]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
プリンタに差し込み

[印刷]ダイアログボックスも[OK]ボタンをクリックします。
印刷ダイアログボックス

差し込み印刷の手順6/6の[各ラベルの編集]は、差し込んだデータをWordの新規文書に差し込んで作成します。
これについては、Blogの差し込み印刷を参照してください。

名前を付けて保存

せっかく作った宛名ラベルですから、名前を付けて保存しておきましょう。
次回、同じ設定のラベルを作るときに便利ですよ。

メニューバーの[ファイル]から[名前を付けて保存]をクリックします。
名前を付けて保存

[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されます。
保存先を確認して、ファイル名をつけましょう。
[保存]ボタンをクリックします。
名前を付けて保存ダイアログボックス

差し込み印刷時の書式も参考になると思います。Word文書にExcelのデータを差し込む方法を解説しています。

差し込み印刷時の書式

Wordの差し込み印刷は便利ですね。ですが、差し込むデータがExcelに保存されている場合、差し込み印刷を実行するとExcelでの数値の書式 ...

続きを見る

動画でも解説しています。

宛名ラベル作成(ワード2003)

Excelで作成したアドレス帳を元に宛名ラベルを作成する方法です。下の画像は完成図です。 YouTubeの動画に音声はありません。 解説で使 ...

続きを見る

葉書の文面や宛名も作成することができます。

葉書の印刷(はがき文面印刷ウィザード)

はがき文面印刷ウィザードを使用して、葉書の文面を作成する方法です。 テンプレートの表示 Wordを起動させましょう。 メニューバーの[ファイ ...

続きを見る

葉書の印刷(はがき宛名印刷ウィザード)

Wordのはがき宛名印刷ウィザードを使用して、葉書の宛名を作成する方法です。 テンプレートの表示 Wordを起動させましょう。 メニューバー ...

続きを見る

参考他のバージョンでの解説です。

Word2007での解説です。

宛名ラベル作成(ワード2007)

Excelで作成したアドレス帳を元に宛名ラベルを作成する方法です。下の画像は完成図です。 YouTubeの動画に音声はありません。 解説で使 ...

続きを見る

Word2010での解説です。

宛名ラベル作成(ワード2010)

Word2010で宛名ラベルを作成する方法です。 Excelで作成したアドレス帳を元に宛名ラベルを作成します。下の画像は完成図です。 You ...

続きを見る

Word2016での解説です。(ウィザードを使用しての作成方法を図説)

差し込み印刷ウィザードを使ってラベルを作成

Wordで宛名ラベルを作成する方法は、宛名ラベル作成2010や宛名ラベル作成2007で動画で紹介していますが、Word2016ではウィザード ...

続きを見る

ラベルに画像を差し込むこともできます。

画像の差し込み印刷(IncludePictureフィールドを使って作成)

Wordの差し込み印刷は、同じ文面の書面に宛先だけを差し替えて印刷することができる機能です。住所や氏名を印刷したラベルをまとめて作成して、封 ...

続きを見る

Word for Mac 2011での解説です。

宛名ラベル作成

Excelで作成したアドレス帳を元に宛名ラベルを作成する方法です。Word for Mac 2011の差し込み印刷機能を使った方法です。 下 ...

続きを見る

差し込み印刷によるラベルの作成

Word for Mac 2011での差し込み印刷によるラベル作成の方法を解説します。新規文書に差し込んで保存すると、ラベルを個別に編集する ...

続きを見る

Accessでも作成することができます。Access2016での解説です。

Accessの宛名ラベルウィザードを起動してラベル作成

Accessのテーブルやクエリを基に宛名ラベルウィザードを使用して、宛名ラベルを作成することができます。 ここでは、テーブル[T_住所一覧] ...

続きを見る

参考ラベルオプションを使えば、登録されていないメーカーや型番のラベルでも簡単にラベルシールのサイズ登録ができます。
Word2003での解説です。

ラベルサイズ登録設定(ワード2003)

Microsoft Wordのラベルオプションを使えば、登録されていないメーカーや型番のラベルでも簡単にラベルシールのサイズ登録ができます。 ...

続きを見る

Word2007での解説です。

ラベルサイズ登録設定(ワード2007)

Microsoft Wordのラベルオプションを使えば、登録されていないメーカーや型番のラベルでも簡単にラベルシールのサイズ登録ができます。 ...

続きを見る

Word2010での解説です。

ラベルサイズ登録設定(ワード2010)

Word2010でのラベルサイズ登録の方法です。 ラベルオプションを使えば、登録されていないメーカーや型番のラベルでも簡単にラベルシールのサ ...

続きを見る

Word for Mac 2011での解説です。

ラベルサイズの登録設定

Word for Mac 2011のラベルオプションを使えば、登録されていないメーカーや型番のラベルでも簡単にラベルシールのサイズ登録ができ ...

続きを見る

ラベルサイズの登録

既定のラベルサイズにはないサイズでも登録して使用することができます。 メニューバーの[ファイル]から[テンプレートから新規作成]をクリックし ...

続きを見る

以下は、差し込み印刷に関する記事です。

差し込み印刷を使って同じメールを複数の人に送るには

Wordで同じ内容のメールを複数の人へ一気に送信する方法です。Wordでメール本文となる文書を作成し、その文書を開いて[差し込み文書]を利用 ...

続きを見る

画像の差し込み印刷はリストがWordの表なら簡単

Wordの差し込み印刷で画像を差し込むには、差し込み用に使用するリストがWordで作成した下のような表であれば、簡単に画像の差し込みができま ...

続きを見る

差し込み印刷で2列にフィールドを差し込んだ表を作成するには

Wordの差し込み印刷にある[名簿]機能を使って一覧表を作成するとき、2列の表に[氏名]フィールド差し込んだ表を作成する方法を紹介します。& ...

続きを見る

差し込み印刷の【名簿】ならテキストボックス1つでリスト分のテキストボックスを作成

Wordの差し込み印刷にある[名簿]という機能を使うと、フィールドを差し込んだテキストボックスを1つ作成して、新規文書に差し込むとリスト全件 ...

続きを見る

表を使った名簿の作成は差し込み印刷の【名簿】で

Wordの差し込み印刷の中に[名簿]という機能があります。レイアウトした表の中にフィールドを差し込むと名簿を一気に作成することができます。 ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。
Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る


推奨管理人一押しのテキストです。知って得する機能が満載です。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

オートフィルによるデータの入力

オートフィルは元になるセルの■(フィルハンドル)をドラッグして、上下左右の隣り合ったセルにデータを入力します。 文字列や数値のコピーもできま ...

CDに保存する

ファイルやフォルダをCDに保存してみましょう。 右クリックのショートカットメニューから まず、CDを開かずにファイルやフォルダなどを右クリッ ...

シングルクリックで開く

Windowsの初期設定では、[シングルクリック]で選択して、[ダブルクリック]で開くように設定されています。 [シングルクリック]で開くよ ...

フォームから入力

Accessのフォームのような形式でデータを入力する方法があります。 フォームの表示 リスト内であればどこでもいいですからクリックして、メニ ...

ファイルが見つからない

ファイルがみつからなくて困ったということはないですか?Windowsの検索機能を使いましょう。 検索結果ウィンドウの表示 スタートメニューか ...

-Windows Xp & Office2003 Word2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.