Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Word2016

コメントに【解決】ボタン

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordでは、コメント機能を利用して文章中にメモや注意点などをメモのようにを挿入することができます。

また、Word2013以降はコメントに返信もできるようになっています。

コメントに返信

Word2013では、コメントに返信ができるようになりました。 コメントの挿入 コメントを挿入するには、[校閲]タブの[コメントの挿入]と、 ...

続きを見る

さらに、Word2016では、コメントに[解決]ボタンが表示されるようになりました。

コメントに[解決]ボタン

使用中のWordのバージョンは1609(ビルド 7369.2038)です。

コメントの挿入

コメントを挿入するには、コメントを挿入したい箇所を範囲選択して、[校閲]タブの[コメント]グループにある[新しいコメント]をクリックします。

[変更履歴]グループの[変更内容の表示]は[シンプルな変更履歴/コメント]を選択している状態です。

新しいコメントの挿入

新しいコメントの挿入

または、[挿入]タブの[コメント]グループにある[コメント]をクリックします。

挿入タブのコメント

コメントの表示がオフ

Word2016でコメントを挿入後、吹き出しをクリックして、コメントを表示してみると[解決]ボタンが表示されています。

下の画像は、[校閲]タブの[コメントの表示]がオフの状態です。

コメント

コメントの表示がオン

[校閲]タブの[コメントの表示]がオンの場合は、下のように文書の右側の[変更履歴とコメントの範囲]に表示されます。

コメントの表示がオンの場合のコメント

下の画像の左側は、Word2013のコメントです。

右側は、Word2016です。

返信の位置も変わりましたね。

返信ボタンを比べても、Word2016では、「返信」と表記されているので分かりやすくなっていると思います。

Word2013とWord2016の違い

解決ボタンをクリック

コメントの [解決]ボタンをクリックすると、下のようにコメントした部分はグレイ表示になり編集はできなくなります。

また、[解決]ボタンは[もう一度開く]ボタンに変わります。

コメントのもう一度開くボタン

下は、コメントの表示がオンの場合です。

コメントの表示がオンの場合のコメント

[もう一度開く]ボタンをクリックすると、[解決]ボタンになりコメントを編集できるようになります。

もう一度開くボタンをクリックした状態

コメントの削除

[解決]ボタンは、コメントを削除するということではありません。

コメントを削除するには、削除したいコメントを選択した状態で、[校閲]タブの[コメント]グループにある[削除]ボタンの[削除]をクリックします。

コメントの削除

すべてのコメントを一括で削除するには、[削除]ボタンの[ドキュメント内のすべてのコメントを削除]をクリックします。

ドキュメント内のすべてのコメントを削除

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.