Windows 8 & Office 2013 Word 2013

表の行や列をワンクリックで挿入

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Word2013では、ワンクリックで表の行や列の挿入ができるようになっています。

リボンやショートカットメニューからの操作に加えて、簡単に行や列の挿入ができるようになったということです。

表の行と列の挿入マーク

その他の列や行の挿入方法についても解説します。

表の挿入

Wordで本文に挿入するには、[挿入]タブの[表]グループにある[表]をクリックして、表示されるマス目を作成したい列と行分をドラッグします。

表は、カーソルの位置に挿入されますので、カーソルの位置は確認して操作してください。

[挿入]タブの[表]グループにある[表]

上記のマス目を利用する場合は、8行×10列までです。

それ以上の行や列を必要とする場合は、[表]の[表の挿入]をクリックして、[表の挿入]ダイアログボックスボックスを表示して行と列を指定します。

[表]の[表の挿入]

[表のサイズ]の列数と行数を指定して、[OK]ボタンをクリックします。

[表の挿入]ダイアログボックスでは、列数は[63]、行数は[32767]まで可能です。

[表の挿入]ダイアログボックス

参考Wordの表を使って方眼紙のようなマス目を作成する場合は、[表の挿入]ダイアログボックスを使用して作成します。

Wordの表を使った方眼紙(マス目印刷)の簡単作成

Wordの表を使って方眼紙のようなマス目を作成する方法です。 Wordの表であれば、マス目の大きさや線の太さ、色など、オリジナルのマス目にし ...

続きを見る

一行目に表を挿入した場合に、表の上にカーソルを移動する方法は、以下の記事で解説しています。

文書の先頭にある表の上にカーソル(段落記号)を表示するには

Wordで下のように文書の先頭に表を挿入した後、表の上に改行マーク(段落記号)を挿入して、文字を入力したいということがあると思います。 表の ...

続きを見る

列と行の挿入マーク

いくら列数と行数を指定して作成していても、作業途中で列や行を挿入しなければならないこともあります。

Word2013では、列や行をワンクリックで挿入できるようになっています。

列の挿入マーク

列を挿入したい位置の列の罫線にマウス合わせると[挿入]マークが現れます。

列の挿入マーク

この挿入マークをクリックすると、右側に列が挿入されます。

右側に列が挿入された表

行の挿入マーク

行の場合も同じです。

挿入したい行の罫線にマウスを合わせます。

行の挿入マーク

[挿入]マークが現れますので、クリックするとに行が挿入されます。

下に行が挿入された表

リボンから列や行を挿入/削除するには

表内にカーソルがあると、[表ツール]タブが表示されます。

[レイアウト]タブの[行と列]グループにあるコマンドを使用します。

[レイアウト]タブの[行と列]グループにあるコマンド

  • 上に行を挿入
  • 下に行を挿入
  • 左に列を挿入
  • 右に列を挿入

[削除]ボタンをクリックすると、以下のメニューが表示されます。

[レイアウト]タブの[行と列]グループにある[削除]

  • セルの削除
  • 列の削除
  • 行の削除
  • 表の削除

ショートカットメニューから列や行を挿入/削除するには

表で右クリックしてショートカットメニューから挿入することもできます。

[挿入]には、以下のサブメニューがあります。

ショートカットメニューの[挿入]

  • 左に列を挿入
  • 右に列を挿入
  • 上に行を挿入
  • 下に行を挿入
  • セルの挿入

[セルの挿入]をクリックすると、[表の行/列/セルの挿入]ダイアログボックスが表示されます。

[表の行/列/セルの挿入]ダイアログボックス

表のミニツールバーから操作

Word2013では、ミニツールバーからも操作できるようになっています。

ミニツールバーの[挿入]をクリックすると、以下のメニューが表示されます。

ミニツールバーの[挿入]

  • 上に行を挿入
  • 下に行を挿入
  • 左に列を挿入
  • 右に列を挿入

ミニツールバーの[削除]をクリックすると、以下のメニューが表示されます。

ミニツールバーの[削除]

  • セルの削除
  • 列の削除
  • 行の削除
  • 表の削除

ミニツールバーは、オプションの設定で非表示にすることもできます。

ただし、文字列を選択したときのミニツールバーは非表示にできますが、右クリック時のミニツールバーは非表示にできません。

表のミニツールバーについては、以下の記事で解説しています。

表のミニツールバーに[挿入]と[削除]のコマンドが追加

Word2013では、文字列を選択した時や、表内で右クリックして時に表示されるミニツールバーに[挿入]と[削除]のコマンドが追加されました。 ...

続きを見る

参考[Enter]キーや[Tab]キーを使って、行を挿入することもできます。

表に一行追加したい時は[Enter]キーや[Tab]キーを使って簡単挿入

表を作成したあと、下へ一行増やす方法です。 [Enter]キーや[Tab]キーを使って、簡単に追加することができます。 この記事の目次1 行 ...

続きを見る

以下の記事では、複数行をコピーして新しい行として挿入する方法を解説しています。

表の複数行をコピーして書式も保持したまま新しい行として挿入する

Word2010で複数行をコピーして、新しい行として挿入する方法です。 コピーや、切り取り操作をした後の[貼り付けのオプション]には[新しい ...

続きを見る

表の行を簡単に入れ替える方法も解説しています。

表の行を簡単移動(ショートカット・ドラッグ・貼り付けオプション)

Word2010で表の行を移動する方法を3つ紹介します。 Word2010では、ショートカットキーとドラッグでの操作に加えて、[新しい行とし ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Access / Excel / PowerPoint / Word

関連記事30件

Profile

執筆者/はま

-Windows 8 & Office 2013 Word 2013

Copyright © 2001-2024 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2024 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.