リンクユニット

Windows8 & Office2013 Word2013

Print Friendly, PDF & Email

ワンクリックで行や列の挿入

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Word2013では、ワンクリックで表の行や列の挿入ができるようになっています。

挿入マーク

列の場合

列を挿入したい位置の列の罫線にマウス合わせると[挿入]マークが現れます。
挿入マーク

この挿入マークをクリックすると、右側に列が挿入されます。
右に挿入

行の場合

行の場合も同じです。
挿入したい行の罫線にマウスを合わせます。
行の挿入マーク

[挿入]マークが現れますので、クリックするとに行が挿入されます。
下に挿入

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

ワードを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

グラフをプレビューして確定

Excel2013では、グラフの種類を決定する際、プレビューで確認しながら確定できるようになりました。 Excel2010の場合 Excel ...

PowerPivotウィンドウに数式列を追加する

Excel2013の[POWERPIVOT]タブにある[管理]ボタンをクリックして現れるウィンドウに数式列を追加する方法を紹介します。 下の ...

複数の置換を一括で行うマクロ

Wordで複数の置換作業を一括で行うマクロです。 関連大文字と小文字、半角と全角を区別して置換する方法は、こちらで解説しています。 実は、毎 ...

ウィンドウを複数の表示領域に分割(分割ボックスコントロールは廃止)

Excel2013では、スクロールバーにあった分割ボックスコントロールが廃止されました。 分割ボックス コントロールの廃止(Microsof ...

データベースをテーブルとその他のファイルに分割

Accessで作成したデータベースをテーブルとその他のファイルに分割する方法です。データベース分割ツールを使って簡単に作成できます。複数人で ...

-Windows8 & Office2013 Word2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.