リンクユニット

Windows8 & Office2013 Word2013

ワンクリックで行や列の挿入

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Word2013では、ワンクリックで表の行や列の挿入ができるようになっています。

挿入マーク

列の場合

列を挿入したい位置の列の罫線にマウス合わせると[挿入]マークが現れます。
挿入マーク

この挿入マークをクリックすると、右側に列が挿入されます。
右に挿入

行の場合

行の場合も同じです。
挿入したい行の罫線にマウスを合わせます。
行の挿入マーク

[挿入]マークが現れますので、クリックするとに行が挿入されます。
下に挿入

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

添付ファイル型のフィールド名変更

Access2007からデータ型に[添付ファイル]が登場しました。 データ型に添付ファイル この添付ファイル型のフィールド名はデザインビュー ...

リンクテーブルの作成

Accessでは、テーブルを他のデータベースからリンクして使用することができます。 リンク先のデータが更新されると、元データも更新されます。 ...

【書式のコピー/貼り付け】のポップヒント(スーパーツールチップ)の内容

Excel、Word、PowerPoint、Accessなどにある[書式のコピー/貼り付け]ボタンですが、このボタンをポイントすると現れるポ ...

ページ数を1ページ減らすには

Wordには、自動的に圧縮して1ページ分を縮小してくれる機能があります。 Word2007までは、[印刷プレビュー]時に[1ページ分圧縮]と ...

mdbではインポートしたフィールドの順番が変わる

Access2013で拡張子[.mdb(Access2002~2003ファイル形式)]で操作する時に発生する問題点です。 下のようなExce ...

-Windows8 & Office2013 Word2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.