リンクユニット

Windows7 & Office2010 Word2010

文字列を自動修正しない例外処理の設定

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordには、オートコレクトという文字列を自動修正してくれる機能があります。その例外処理の設定方法です。どのバージョンにもある機能です。

オートコレクトダイアログボックス表示

[ファイル]タブから[オプション]をクリックします。

[Wordのオプション]ダイアログボックスが表示されます。左のメニューから[文章校正]をクリックします。
Wordのオプション

[オートコレクトのオプション]ボタンをクリックします。
文章校正

[オートコレクト]タブにある[例外処理]ボタンをクリックします。
オートコレクト

オートコレクトの例外処理

例外処理

先頭の大文字

[先頭の大文字]タブでは、文頭でも大文字にしない文字列を登録します。ピリオド+スペース文字に続く文字列を文頭とみなすため、先頭文字を大文字にします。このタブには、ピリオドを使った略号が登録されています。

大文字と小文字

[大文字と小文字]タブでは、商品名など大文字と小文字が混在する英単語が修正されないように設定することができます。先頭の2文字が大文字でも修正されたくない単語を登録します。

その他の修正

[その他の修正]では、修正されたくない英単語を登録します。特にパターンが決まっていない文字をオートコレクトの対象外とする場合に登録します。

 

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。知って得する機能が満載です。

記事を更新しました

Excelへ出力するコマンドボタンの作成

Access2010でテーブルやクエリをExcelへ出力するマクロを作成して、それをコマンドボタンに登録する方法です。マクロの作成は3つの方 ...

ピボットテーブルの列幅を固定する

ピボットテーブルで列幅を調整しても、[オプション]タブの[更新]ボタンを押すと、列幅が元に戻ってしまいます。列幅を固定する方法です。 [ピボ ...

文字カウントの文字数と単語数

Word2007から、ステータスバーに[文字数]が表示されるようになりました。 ステータスバーの文字数の表示/非表示設定 ステータスバーで右 ...

スライドマスターのレイアウトを変更するには

PowerPointですべてのスライドに同じ書式を設定、または変更したい場合は、スライドマスターで変更すれば、すべてのスライドに変更が適用さ ...

マクロのアクションに【出力】がない

Access2003のマクロアクションには、[出力]があり、これまでよく使っていました。 すべてのデータをExcelへ出力したほうが、何かと ...

-Windows7 & Office2010 Word2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.