Windows XP & Office 2003 Word 2003

カレンダーの作り方(カレンダーウィザード)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordのテンプレートの中にある[カレンダーウィザード]を使うと、簡単に独自のカレンダーを作成できます。

ウィザードなので、各質問に答えていくだけで簡単に作成することができます。

また、写真を挿入したり、Wordの操作練習用としても活用することができます。

参考Word2013以降でカレンダーウィザードを使用する場合は、以下のMicrosoftのページからダウンロードしてください。

Wordのバージョンにかかわらず、使用することができます。

カレンダー ウィザード(Microsoft)

ダウンロードしたファイルを使って、カレンダーを作成する方法は、以下の記事で解説しています。Word2016での解説です。

カレンダーウィザードを使ってオリジナルカレンダーを作成

Word2016でカレンダーウィザードを使ってカレンダーを作成する方法です。 Microsoftのサイトから[カレンダーウィザード]をダウン ...

続きを見る

テンプレートの表示

1. まず、[スタート]→[プログラム]→[Microsoft Word]を起動させましょう。

2. Word2002の場合、右側に作業ウィンドウが表示されます。

[テンプレートから新規作成]のところに[標準のテンプレート]があります。それをクリックします。

テンプレートの新規作成-標準のテンプレート

もし、作業ウィンドウが表示されていなければ、メニューバーの[ファイル]から[新規作成]をクリックしてください。

画面の右側に上のような[作業ウィンドウ]が表示されると思います。

また、Word2003では、[標準のテンプレート]ではなく[このコンピュータ上のテンプレート]となっています。

メニューの表示方法は同じなのですが、わかりにくければ以下の記事を参照してください。

テンプレート

カレンダーウィザードの表示

3. [その他の文書]タブをクリックして開いてくださいね。

そして、[カレンダーウィザード]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。テンプレートダイアログボックスの右下-[新規作成]は[ドキュメント]を選択します。

[ドキュメント]とは[文書]の意味です。

テンプレートの[その他の文書]タブ-[カレンダーウィザード]

注意Officeを標準でインストールしている場合、[選択した機能はCD-ROM、または現在使用できない他のリムーバブルディスクにあります]という画面が表示されると思います。指示に従ってCD-ROMを挿入して、インストールしてください。

4. カレンダーウィザードが表示されます。[次へ]をクリックします。

カレンダーウィザード[始めましょう!]

スタイルの選択

5. 3つのスタイルがあるので、好きなスタイルを選択します。[次へ]のボタンをクリックします。

カレンダーウィザードの[スタイルを指定します]

カレンダーの向きを選択

6. [縦]か[横]かを選びます。その下、図を貼り付けたいなら、[はい]を選択して[次へ]のボタンをクリックします。

カレンダーウィザード[印刷の向きを選びます]

カレンダーの範囲を指定

7. 作成したいカレンダーの範囲を指定します。まず、1ヶ月分を作ってみましょう。

ここで数ヶ月の指定をすると、A4用紙に各月一枚ずつのカレンダーができます。

[次へ]のボタンをクリックします。

カレンダーウィザード[年と月を指定します]

完了

8. 最後に[完了]ボタンをクリックします。

カレンダーウィザード[終了です!]

できましたか?これでもいいのですが、このままでは寂しいので、少し編集してみましょう。

カレンダーの完成

画像の貼り付け

9. 好きな画像を貼り付けてみましょう。テンプレートの画像を選択して、[Delete]キーを押します。

画像の周りの黒い枠線を消す方法は、以下の記事を参考にしてくださいね。

オートシェイプの削除と線を非表示にする方法

カレンダーの画像の削除

10. 好きな画像や図を挿入するには、メニューバーの[挿入]から[図]→[ファイルから]または[クリップアート]を選んで挿入します。

マイピクチャに保存した写真などを貼り付ける場合は、メニューバーの[挿入]→[図]→[ファイルから]をクリックしてくださいね。

以下の記事でも解説しています。

画像の貼り付け

注意現在、Microsoftのクリックアートは終了しています。

クリップアート終了の波紋

クリップアートから貼り付け

11. ここでは例として、クリップアートから画像を貼り付けてみましょう。

メニューバーの[挿入]から[図]→[クリップアート]をクリックします。

[クリップアートの挿入]作業ウィンドウが右側に表示されます。

[挿入]メニューの[図]-[クリップアート]

12. [検索文字列]に[冬]と入力してみましょう。そして、[検索]をクリックします。

クリップアートの挿入でキーワード検索

注意[オーガナイザにクリップを追加]ダイアログボックスが表示されたら・・・初めて[クリップアートの挿入]作業ウィンドウを表示したときは、このダイアログボックスが表示されます。

[今後このメッセージを表示しない]のチェックボックスをオンにして、[後で実行]ボタンをクリックします。

クリップアートについは、以下の記事でも解説しています。

クリップアートについて

13. 好きな画像を選んで挿入しましょう。

 クリップアートの挿入方法

  • 挿入したい画像の上でクリックします。カーソルの位置に挿入されます。
  • 挿入したい画像の上でポイントすると、画像の右端に下向き三角[▼]が表示されます。このボタンをクリックして[挿入]をクリックします。
  • 画像をドラッグして挿入することもできます。

クリップアートの挿入

大きさの調整

14. 画像の大きさを調整するには、まず挿入した画像の上でクリックします。

そうすると、画像の周りに黒い四角のハンドル(■)が表示されると思います。サイズ変更ハンドルと呼ばれるものです。

■は下の赤い○で囲まれたところです。

その■にマウスポインタをあわせると、マウスが矢印の形に変わります。

そのときにドラッグして調整してくださいね。

マウスポインタの形3種類

カレンダーに挿入した画像の選択

画像を中央に配置したいのなら、[書式設定]ツールバーの[中央揃え]ボタンをクリックします。

[書式設定]ツールバーの[中央揃え]ボタン

できましたね♪

画像を変更したカレンダーの完成

参考もし、クリップアートの図を自由に移動させたいのなら、オートシェイプを削除して、再度、クリップアートを挿入します。

オートシェイプの削除方法は、以下の記事を参考にしてください。

オートシェイプの削除と線を非表示にする方法

そして、クリップアートを選択して、[図]ツールバーの[テキストの折り返し]から[四角]をクリックしてください。

[図]ツールバーの[テキストの折り返し]ボタンから[四角]を選ぶ方法は、以下の記事を参考にしてくださいね。

図を[行内]で挿入しないための設定(既定の形式を変更)

複数のクリップアートを重ねたりする場合の方法は、以下の記事で解説しています。

画像が重なったら

土日の数字の色を変更

15. 日曜日と土曜日の数字に色をつけてみましょう。

[フォントの色]ボタンのカラーパレット

16. 日曜日も同じようにして、赤い色をつけてみましょう。

土曜日の文字の色変更

また、下のようにカレンダーに罫線をつけたい場合は、以下の記事を参照してくださいね。

カレンダーに罫線をつける

カレンダーに罫線を挿入

下のように数字を小さくして余白部分を広くしたい場合は、以下の記事を参照してください。

カレンダーの数字を小さくして余白を広くするには

カレンダーの数字を小さく

行事などを書き込む場合は、塗りつぶしなし、線なしのテキストボックスを利用するといいです。

以下の記事が参考になると思います。

テキストボックスを透明にする

テキストボックスの挿入と書式設定

Wordでのレイアウトは意外に面倒と感じる方も多いですね。 テキストボックスは自由に移動させることができますので、レイアウトは楽にできます。 ...

続きを見る

印刷

17. [標準]ツールバーの[印刷プレビュー]ボタンをクリックして確認しましょう。

[標準]ツールバーの[印刷プレビュー]ボタン

問題がなければ、[印刷]ボタンをクリックして印刷してみましょう。できましたか?(^^)

[印刷]ボタン

関連また、Microsoft Office テンプレート ホーム ページで探すと、様々なテンプレートを見つけることができます。

以下は、上記のMicrosoftのページでカレンダーで検索した結果です。

カレンダー検索結果(Microsoft)

目的のものが見つかるかもしれませんよ。

もちろん無料です。

以下は、Excelで予定表の作り方を解説しています。カレンダーのようなものです。

予定表の作り方(A4サイズ縦向き)

Excelで、A4サイズの用紙に簡単な予定表を作成してみましょう。 参考Excel2019でも一か月分の予定表を作成する方法を解説しています ...

続きを見る

予定表の作り方(A4サイズ横向き)

ExcelでA4サイズの用紙(横向き)に下のような予定表を作成する方法です。 まず、ページ設定をして、タイトルと曜日、日付を入力して罫線を設 ...

続きを見る

参考このカレンダーウィザードは、Word2007からはダウンロードして使用するようになっています。

テンプレート(文例ウィザード・カレンダーウィザード) (Word2007)

カレンダーウィザードをダウンロードしてテンプレートから起動

Word2003のときには、[標準のテンプレート]の中にあってインターネットに接続しなくても、いつでもカレンダーウィザードを起動してカレンダ ...

続きを見る

Word2013以降でカレンダーウィザードを使用する場合は、以下のサイトから直接ダウンロードしてください。

カレンダー ウィザード(Microsoft)

ダウンロードしたファイルを使って、カレンダーを作成する方法は、以下の記事で解説しています。

カレンダーウィザードを使ってオリジナルカレンダーを作成

Word2016でカレンダーウィザードを使ってカレンダーを作成する方法です。 Microsoftのサイトから[カレンダーウィザード]をダウン ...

続きを見る

カレンダーウィザード

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 Word 2003

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.