Windows 7 & Office 2010 Word 2010

Office2010でWordもオートシェイプから図形へ変更された

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Word2007では、図形を挿入しても書式設定ダイアログボックスは[オートシェイプの書式設定]でした。

直線を描いて[オートシェイプの書式設定]を開くとスタイルの変更が無効になっていて、二重線を描くのも面倒でした。

以下の記事に記しています。

直線のスタイル変更ができない?

Word2007の[挿入]タブの[図形]

Word2007の[オートシェイプの書式設定]ダイアログボックス

参考Excel2007とPowerPoint2007は[図形の書式設定]でした。

以下はExcel2007の[図形の書式設定]ダイアログボックスです。

Excel2007の[図形の書式設定]ダイアログボックス

Wordの図形の書式設定

Office2010になって、Wordも[図形の書式設定]になりました。

Word2010の[挿入]タブの[図形]

Word2010の[図形の書式設定]ダイアログボックス

[図形の書式設定]ダイアログボックスの表示

[図形の書式設定]ダイアログボックスは、図形を選択して[描画ツール]-[書式]タブの[図形のスタイル]グループにある[図形の書式設定]をクリックして表示します。

[描画ツール]-[書式]タブの[図形の書式設定]

または、図形で右クリックして、ショートカットメニューから[図形の書式設定]をクリックします。

ショートカットメニューから[図形の書式設定]

二重線の設定

Word2007では難しかった二重線も簡単に設定できます。

[図形の書式設定]ダイアログボックスで[線のスタイル]を選択して、[一重線/多重線]から[二重線]を選択して、幅を少し大きくします。ここでは、[6pt]にしています。

[図形の書式設定]ダイアログボックスの[線のスタイル]

Word2013以降は作業ウィンドウ

Word2013以降は、ダイアログボックスではなく[作業ウィンドウ]で表示されます。

Word以外のアプリケーションも同じです。

[図形の書式設定]作業ウィンドウ

作業ウィンドウの操作(タイトルをダブルクリックで固定位置へ)

WordやExcelの操作中にコマンドボタンをクリックすると、ウィンドウの左右どちらかに[作業ウィンドウ]が現れることがあります。 [図の書 ...

続きを見る

参考[オートシェイプの書式設定]では、[F4]キーで複数の設定を繰り返すことができましたが、[図形の書式設定]の場合、[F4]キーでは直前の設定のみ繰り返されます。

F4キーの図形の書式設定の繰り返しは直前の操作のみ

書式設定を繰り返し操作したい場合は、[書式設定のコピー/貼り付け」ボタンが便利です。

[ホーム]タブの[クリップボード]グループにあります。

[書式設定のコピー/貼り付け」ボタンをダブルクリックすると、繰り返して書式を貼り付けできます。

[書式のコピー/貼り付け]と[オートシェイプ]はダブルクリックで連続操作

[書式のコピー/貼り付け]ボタンは、すでに設定済みの書式を同じように使用したいときに便利です。 また、このボタンはダブルクリックすると、繰り ...

続きを見る

リボンのポップヒントの内容とその活用(オプションで非表示設定も)

Office2013のポップヒントは、Office2010の時のポップヒントと比べると、より詳細になって分かりやすくなっています。 Exce ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Word 2010

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.