Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Word2003

クリックアンドタイプ機能

投稿日:2017年1月7日 更新日:

クリックアンドタイプとは、ダブルクリックすることで任意の位置に文字を入力することができる機能です。

この機能は Wordの[印刷レイアウト表示]、および[Webレイアウト表示]でのみ使用できます。

表示メニュー

マウスポインタの形の推移

新規文書で左から右へゆっくりマウスを移動させてみてください。

マウスポインタが下のように変化しませんか?

左から [左インデント](字下げ)、[左揃え]、[中央揃え]、[左揃え]、[右揃え]の順でマウスポインタの形が変わります。

ダブルクリックした位置によって、自動設定をします。

マウスポインターの形

字下げの位置でダブルクリック

たとえば、[左インデント](字下げ)の位置でダブルクリックすると、1行目のインデントの位置(1字 字下げ)が設定されます。

一行目のインデント

左揃えの位置でダブルクリック

[左揃え]の位置でダブルクリックすると、左揃えタブが設定されます。

左揃えタブ

図や表の横でダブルクリック

また、図や表を挿入して、その横に文字を挿入しようとすると、下のようにマウスポインタの形が変わります。

ダブルクリックすることで[文字列の折り返し(右側)]、[文字列の折り返し(左側)]を自動的に設定できます。

表の横でダブルクリック

表を挿入すると、既定では[文字の折り返し]が[なし]状態で作成されます。

表の左側や右側には文字が配置できない状態です。

表の右側や左側でマウスポインタが上の状態のときにダブルクリックすると、文字の折り返しを設定して文字が入力できるようになります。

マウスポンタ

図の横でダブルクリック

図の場合も[行内]で挿入されますので、図の右側、左側でマウスポインタが上のような状態のときにダブルクリックすると文字が入力できるようになります。

そして、図の[折り返しの種類]は[行内]から[四角]になります。

ダブルクリック

クリックアンドタイプ機能を使用しない設定

クリックアンドタイプ機能を使用したくない場合は、設定によって使用しないようにすることができます。

メニューバーの[ツール]→[オプション]をクリックします。

ツールメニュー

[オプション]ダイアログボックスの[編集と日本語入力]タブで[クリックアンドタイプ編集を行う]のチェックを外します。

[OK]ボタンをクリックします。

オプションダイアログボックス クリックアンドタイプ編集を行う

関連クリックアンドタイプ機能について追記しています。合わせて読んでいただくと役立つと思います。

クリックアンドタイプ機能の注意点とタブの解除方法

Wordには、クリックアンドタイプ機能という機能があります。これは、文字が入力されていない箇所でダブルクリックすると、その位置から文字を入力 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 Word2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.