リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Word2003

Print Friendly, PDF & Email

日付の自動更新

投稿日:2017年1月7日 更新日:

文書を開いたときに、日付を自動的に更新させることができます。 まず、日付を入力したい位置にカーソルを移動します。

日付と時刻ダイアログボックスの表示

メニューバーの[挿入]から、[日付と時刻]をクリックします。
挿入メニュー

[自動的に更新する]のチェックをオン

日付と時刻のダイアログボックスが表示されます。
[言語の選択]と[カレンダーの種類]から選択して、[日付の表示形式]を選択します。
[自動的に更新する]にチェックを入れて[OK]ボタンをクリックします。
日付と時刻

これで 文書を開いたときに本日の日付に自動的に更新されます。
日付の自動更新

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

ワードを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

確定後の変換

入力した文字を[Enter]キーで確定したあとでも 変換しなおすことができます。 [再変換]といいます。いくつかの方法を紹介します。 [変換 ...

背景画像の選択

クリップアートの図や写真などを背景として挿入した場合、いったん図形の選択を解除してしまうと、文字が手前にあって図形の選択が難しいときがありま ...

編集記号の表示/非表示

標準ツールバーの[編集記号の表示/非表示]のボタンをオフにしても段落記号などは、表示されたままになっていますね。 編集記号を一切表示しないよ ...

宛名ラベルの印刷

葉書や封書をたくさん送付する場合は、宛名ラベルを作成すると便利です。 Excelで下のような住所録を作成しています。Wordで作成したもので ...

書式はコピーしたくない

Excelで作成済みの表を編集する場合、オートフィルをかけてコピーしたら書式までコピーされて困ったということはないですか? 下のような表があ ...

-Windows Xp & Office2003 Word2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.