Windows 8 & Office 2013 Word 2013

マウスで罫線を引くには(罫線の書式設定との違いも解説)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Word2013で[罫線を引く]コマンドは[ホーム]タブ、[レイアウト]タブ、[デザイン]タブの3か所にあります。

どこで設定しても連動します。

[罫線を引く]を選択すると、マウスポインターの形は鉛筆マークになります。

[罫線を引く]を選択したときのマウスポインター

[ホーム]タブの[罫線]

まず、[ホーム]タブの[段落]グループにあります。

[罫線]の▼ボタンをクリックすると、メニューの中に[罫線を引く]ボタンがあります。

[罫線を引く]のポップヒントは、以下のように記されています。

罫線を引く

表のセル、行や列に罫線を引きます。

対角線やセル内セルを描画することもできます。

[ホーム]タブの[段落]グループ

マウスポインターが鉛筆の形に変わります。

ドラッグで罫線を引くことができます。マウスポインターの大きさは変更しています。

鉛筆の形のマウスポインター

[レイアウト]タブの[罫線を引く]

罫線を引いて、[表ツール]タブが現れると、[レイアウト]タブの[罫線の作成]グループの中に[罫線を引く]ボタンがあります。

[レイアウト]タブの[罫線を引く]

[デザイン]タブの[罫線]

[表ツール]の[デザイン]タブの[飾り枠]グループの[罫線]にもあります。

[罫線]の▼ボタンをクリックすると、[罫線を引く]ボタンがあります。

[デザイン]タブの[罫線を引く]

罫線の削除

罫線を削除するためのボタンは、[レイアウト]タブの[罫線の作成]グループの[罫線の削除]です。

マウスポインターの形が消しゴムの形になります。

消しゴムの形のマウスポインター

参考[罫線を引く]のマウスポインターが鉛筆の状態のときに、[Shift]キーを押すと、消しゴムの形になります。ちょっと知っておくと便利です。

「Shift」キーで鉛筆から消しゴムへ

キーボード[Shift]キー

[罫線を引く]と[罫線の削除]の解除

[罫線を引く]を解除する場合は、キーボードから[Esc]キーを押すか、[罫線を引く]ボタンをクリックします。

[罫線の削除]の場合も同じです。

キーボード[Esc]キー

[罫線を引く]と[罫線の書式設定]の違い

[表ツール]-[デザイン]タブには、[罫線の書式設定]というコマンドがあります。

罫線の書式設定

表のそれぞれの罫線に書式を適用します。

罫線の見た目を変える場合は、スタイル、幅、ペンの色メニューを使います。

罫線の書式設定

このボタンをクリックすると、マウスポインターの形は、ペンの形になります。(Word2010までは鉛筆の形で、[罫線を引く]と同じ形です。)

[罫線の書式設定]がオンの時のマウスポインター

[デザイン]タブの[飾り枠]グループにある[罫線のスタイル][ペンのスタイル][ペンの太さ][ペンの色]のいずれかのボタンから、メニューを選択すると、自動的に[罫線の書式設定]がオンになります。

[罫線のスタイル][ペンのスタイル][ペンの太さ][ペンの色]

既存の罫線に対しては、[罫線を引く]コマンドと同じように操作できますが、罫線がない状態のときに罫線を引くことはできません。

[罫線の書式設定]がオンの状態では、[表のスタイル]などが無効になり、ペイントモードと呼ばれています。

ペイントモードでは、先に罫線を選択して書式を変更することはできません。

[罫線の書式設定]がオンの時のペイントモード

表の全体、あるいは複数のセルに対して、書式を変更する場合は、先に書式を変更したい範囲を選択しておいて、[罫線]メニューから設定を変更したほうが早いですね。

[罫線]メニューから[格子]を選択

ですから、広い範囲の書式を変更する場合は、範囲選択して[罫線]メニューから書式を変更して、その他の細かい罫線については、ペイントモード(罫線の書式設定)をオンにして、書式を変更していくほうが効率的です。

[罫線の書式設定]で罫線の書式変更

この場合、[罫線を引く]コマンドを選択しても同じように操作できますが、選択しやすいのは[罫線の書式設定]ボタンかもしれないですね。

最初からドラッグで表を作成したい場合は、[罫線を引く]を利用します。

[罫線の書式設定]は、あくまで既存の罫線に対しての書式変更で、既存の罫線の書式の変更、特に細かい部分の書式変更には向いています。

[罫線の書式設定]をオフにする場合も、[Esc]キーか、再度、[罫線の書式設定]ボタンをクリックします。

[Shift]キーを押しても、消しゴムにはなりません。

関連罫線についての関連ページです。

罫線もリアルタイムプレビューになって確定前に結果を確認できる

Word2013では、罫線もリアルタイムプレビュー表示になりました。 とても便利だと思います。 リアルタイムプレビューとは、一覧の選択肢をポ ...

続きを見る

段落罫線のスタイル変更(種類・色・太さなどをカスタマイズ)

Wordで段落罫線のスタイルをカスタマイズする方法です。 段落罫線は、段落に対して罫線を引くので、本文幅に罫線をひくことができます。 [線種 ...

続きを見る

段落を罫線で囲むには[線種とページ罫線と網かけの設定]の[罫線]で

Wordで段落を罫線で囲むには、段落罫線を使用します。段落罫線とは、段落の周り(上下や左右)に線を引くことができる罫線のことです。 設定した ...

続きを見る

セルは活かしたまま罫線だけを非表示にできる【罫線なし】は便利

Wordの表には、[罫線なし]罫線というのがあります。 これは知っておくと何かと便利です。 セルは活かしたまま罫線だけを見えなくすることがで ...

続きを見る

便箋のような罫線を引いた用紙を簡単作成(A4サイズとA5サイズ)

Wordで便箋のような罫線を引いた用紙を簡単に作成する方法です。 以下のように罫線のみの用紙は、驚くほど簡単に作成できます。また、A5サイズ ...

続きを見る

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 8 & Office 2013 Word 2013

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.