Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Word2003

効率的な選択方法

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordで文書の編集をする場合、編集したい部分を選択してコマンドを実行しますね。

たとえば、その文字列だけ色をつけたり、大きくしたりする場合のことです。

文字を選択する=反転させることです。

ドラッグする手間を省く方法を紹介します。

範囲選択の方法

単語 文字列をダブルクリックします。
文(。まで) Ctrlを押しながら 文中の任意の位置をクリック
段落(段落記号段落記号 まで)

●段落の左側に(左側の余白部分に)マウスポインタを移動します。 

マウスポインタの形 マウスポインタがこの形のとき、ダブルクリックします。

 

● 段落内の任意の位置をクリックしてカーソルを置き、3回クリックします。

文書全体

● メニューバーの[編集]から[すべて選択]をクリックします。

● [Ctrl]キーと[A]を同時に押します。

● 文書の左側に(左側の余白部分に)マウスポインタを移動します。

マウスポインタの形マウスポインタがこの形のとき、3回クリックします。

 

●[Ctrl]キーを押しながら 左余白をクリックします。

段落の左余白にマウスポインタを移動して、マウスポインタがこの形のときマウスポインタの形
1回クリック 一行選択
2回クリック 一段落の選択
3回クリック 文書全体の選択

選択

[Ctrl]キー(離れた文字列を選択)

Wordの文字列を選択します。そして、[Ctrl]キーを押したまま、次の文字列を選択します。

文字列の選択

下のようになります。

Ctrlキーを使って離れた文字列を選択

[Shift]キー(連続した文字列を選択)

選択したい範囲の始点にカーソルを置きます。(範囲の始めの文字の左側をクリックします。)

[Shift]キーを押したまま、選択したい範囲の終点をクリックします。

範囲選択の始点にカーソルを移動

下のようになります。

Shiftキーで連続した範囲を選択

選択範囲内にオブジェクトがある場合、オブジェクトも一緒に選択されます。

また、[Alt]キーを使う方法もあります。

Blogの囲む範囲を選択で紹介しています。

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。知って得する機能が満載です。

記事を更新しました

カレンダーに罫線をつける

罫線をつけたいところを範囲選択します。 下の黒いところがドラッグして選択した部分です。 表全体の選択 表の左上の←をクリックして表全体を選択 ...

メールの作成

メッセージの作成方法はいくつか方法があります。 [メールの作成]ボタン まず、ツールバーから[メールの作成]ボタンをクリック。 そして、アド ...

読めない漢字を入力する

読めない漢字を入力するには、IMEパッドの手書き機能を使うと便利です。 IMEパッドの手書きを表示 IMEツールバーの[IMEパッド]をクリ ...

行列を簡単に入れ替える方法

表の行と列を入れ替えたいと思ったことはありませんか? 簡単に入れ替えることができます。 下のような表があります。1月から12月までの列を行と ...

Shiftキーで【すべて保存】、【すべて閉じる】コマンドを表示

Word2003では、文書を一度に保存することができます。 [Shift]キーを押したまま、[ファイル]メニューをクリックすると、[すべて保 ...

-Windows Xp & Office2003 Word2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.