Windows XP & Office 2003 Word 2003

効率的な文字列の範囲選択(Ctrlキー・Shiftキー・左余白でクリック)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordで文書の編集をする場合、編集したい部分を選択してコマンドを実行しますね。

たとえば、その文字列だけ色をつけたり、大きくしたりする場合のことです。

文字列を選択すると、文字列は反転します。

ドラッグする手間を省く方法を紹介します。

左余白で3回クリックしてすべての範囲を選択

範囲選択の方法

単語 文字列をダブルクリックします。
文(。まで) [Ctrl]キーを押しながら文中の任意の位置をクリック

段落(段落記号段落記号まで)

●段落の左側に(左側の余白部分に)マウスポインタを移動します。

マウスポインタの形マウスポインタがこの形のとき、ダブルクリックします。

● 段落内の任意の位置をクリックしてカーソルを置き、3回クリックします。

文書全体

● メニューバーの[編集]から[すべて選択]をクリックします。

● キーボードから[Ctrl]キーと[A]キーを同時に押します。

● 文書の左側に(左側の余白部分に)マウスポインタを移動します。

マウスポインタの形マウスポインタがこの形のとき、3回クリックします。

●[Ctrl]キーを押しながら左余白をクリックします。

左余白でクリックして選択

段落の左余白にマウスポインタを移動して、マウスポインタがこの形のときマウスポインタの形
1回クリック 一行選択
2回クリック 一段落の選択
3回クリック 文書全体の選択

1回クリックして一行選択

2回クリックして一段落選択

3回クリックして全選択

[Ctrl]キー(離れた文字列を選択)

[Ctrl]キーを使用すると、離れた文字列を選択できます。

Wordの文字列を選択します。そして、[Ctrl]キーを押したまま、次の文字列を選択します。

キーボード[Ctrl]キー

文字列の選択

下のようになります。

[Ctrl]キーを使って離れた文字列を選択

[Shift]キー(連続した範囲の文字列を選択)

[Shift]キーを使用すると、連続した範囲の文字列を選択できます。

選択したい範囲の始点にカーソルを置きます。(範囲の始めの文字の左側をクリックします。)

[Shift]キーを押したまま、選択したい範囲の終点をクリックします。

キーボード[Shift]キー

範囲選択の始点にカーソルを移動

下のようになります。

[Shift]キーで連続した範囲を選択

選択範囲内にオブジェクトがある場合、オブジェクトも一緒に選択されます。

また、[Alt]キーを使う方法もあります。

以下の記事を参照してください。

囲む範囲を選択

参考Wordでは、文字列を範囲選択して、テキストボックスへ変換することができます。

文字列を範囲選択して横書き/縦書きテキストボックスに変更

すでに入力した文章でもテキストボックスに変更することができます。 入力済みの文字列は、範囲選択して[挿入]タブの[テキストボックス]を選択す ...

続きを見る

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 Word 2003

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.