リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Word2003

効率的な選択方法

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordで文書の編集をする場合、編集したい部分を選択してコマンドを実行しますね。
たとえば、その文字列だけ色をつけたり、大きくしたりする場合のことです。
文字を選択する=反転させることです。ドラッグする手間を省く方法を紹介します。

範囲選択の方法

単語 文字列をダブルクリック
文(。まで) Ctrlを押しながら 文中の任意の位置をクリック
段落(段落記号段落記号 まで) ●段落の左側に(左側の余白部分に)マウスポインタを移動します。
マウスポインタの形
マウスポインタがこの形のとき、ダブルクリックします。

● 段落内の任意の位置をクリックしてカーソルを置き、3回クリック

文書全体 ● メニューバーの[編集]から[すべて選択]をクリック

● [Ctrl]キーと[A]を同時に押します。

● 文書の左側に(左側の余白部分に)マウスポインタを移動します。
マウスポインタの形    

マウスポインタがこの形のとき、3回クリックします。

●[Ctrl]キーを押しながら 左余白をクリックします。

段落の左側にマウスポインタを移動して、マウスポインタがこの形のときマウスポインタの形
1回クリック 一行選択
2回クリック 一段落の選択
3回クリック 文書全体の選択

選択

[Ctrl]キー(離れた文字列を選択)

Wordの文字列を選択します。そして、[Ctrl]キーを押したまま、次の文字列を選択します。
文字列の選択

下のようになります。
Ctrlキーを使って離れた文字列を選択

[Shift]キー(離れた文字列を選択)

選択したい範囲の始点にカーソルを置きます。(範囲の始めの文字の左側をクリックします。)

[Shift]キーを押したまま、選択したい範囲の終点をクリックします。
範囲選択の始点にカーソルを移動

下のようになります。
Shiftキーで連続した範囲を選択

選択範囲内にオブジェクトがある場合、オブジェクトも一緒に選択します。

また、[Alt]キーを使う方法もあります。Blogの囲む範囲を選択で紹介しています。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

ホームページの設定

Internet Explorerを起動すると、どのサイトが表示されますか? Internet Explorerを起動させたときに最初に表示 ...

Webページでアニメを動かすには

PowerPointがインストールされていないパソコンでプレゼンテーションを見てもらう方法の一つとして、[Webページとして保存]する方法が ...

セルの中を2行表示にするには(セル内改行)

1つのセルの中をどうしても2行にしたい(改行したい)時ってありますね。 改行したい位置にカーソルを移動して、(セルの中でダブルクリックすると ...

画像サイズを小さくするには

Windowsに元々ついている[ペイント]というアプリケーションを使って、画像サイズを小さくする方法を紹介します。 ペイントの起動 ペイント ...

Q1からQ4までしかオートフィルが効かない

Excelのオートフィル機能は便利ですね。ですが、あれ?と思うことがありました。 Q1と入力してオートフィル でも セルに[Q1]と入力して ...

-Windows Xp & Office2003 Word2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.