Windows10 & Office2016 Office2016

Print Friendly

アクセシビリティチェック

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Word、Excel、PowerPointにはファイルのアクセシビリティの問題を検出して解決するためのアクセシビリティチェック機能があります。このアクセシビリティチェックを使用すると、音声読み上げソフトを利用するユーザーにとって、判別しにくい情報が含まれていないかをチェックすることができます。Office2010以降の機能です。

ここでは、Excel2016で解説します。
[ファイル]タブをクリックして、[情報]カテゴリーにある[問題のチェック]をクリックして、[アクセシビリティチェック]をクリックします。このアクセシビリティのヒントには、"視覚に障碍(しょうがい)のある方にとって読み取りにくい内容がブックに含まれていないかどうかをチェックします。"とあります。
アクセシビリティチェック

アクセシビリティチェックの検査結果がウィンドウ右側の作業ウィンドウに表示されます。このブックの場合は、1つのエラーと2つの警告表示されました。
①代替テキストなし(グラフ)
②明確でないハイパーリンクテキスト
③既定のシート名
検査結果

スポンサーリンク

このエラーを1つずつ解決していきます。
①グラフに代替テキストがないということなので、[グラフエリアの書式設定]を表示して、[サイズとプロパティ]にある[代替テキスト]に下のように入力しました。これでアクセシビリティチェックの①のエラーは消えました。※代替テキストは、タイトルのみでもエラーは非表示になるようです。
代替テキスト

今度は②のエラーを解決します。明確でないハイパーリンクテキストということなので、[ハイパーリンクの編集]ダイアログボックスを開いて、[表示文字列]に[地図]と入力します。これでアクセシビリティチェックの警告は消えました。
ハイパーリンクの編集

③はシート名が既定のままということを警告されています。シート名を変更すると、警告は消えました。
シート名変更後のアクセシビリティ結果

多くの方に公開するようなファイルは、アクセシビリティも意識したほうがいいですね。

グラフの代替テキストの設定については、グラフの代替テキストの設定でも解説しています。

グラフの代替テキストの設定

Excelで作成したグラフに代替テキストを設定する方法です。 代替テキストとは何?と言う方は、代替テキストからお読みください。 グラフエリア ...

続きを見る

お勧め記事と広告

関連記事

テーブルの活用

Excelのテーブルはとても便利なものです。通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分析 ...

Word文書やテキストファイルのインポート

Wordの文書に既存のテキストファイルや、Wordの文書を取り込む方法です。文書内の指定した位置に取り込む(インポート)することができます。 ...

変換候補の「クラウド候補を使ってみる」って何?

Windows10で 入力中に変換候補の中に[クラウド候補を使ってみる]というのが表示されることがあります。 このクラウド候補とは、IMEが ...

文字数制限付きのテキストボックス

Wordでテキストボックスを挿入して、そのテキストボックスに文字数制限をつける方法です。テキストボックスを挿入したい位置にカーソルを移動させ ...

PDFの幅を揃えるには

Windows10に標準搭載のEdgeは、PDFビューワーとしての機能もあります。 Windows10ではAdbeReaderが不要で、解説 ...

-Windows10 & Office2016 Office2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.