Windows Xp & Office2003 Office2003

Print Friendly, PDF & Email

ツールバーについて

投稿日:2017年1月27日 更新日:

いつもウィンドウの上部に並んでいるツールバーを移動させてみましょう。

ツールバーの移動

ツールバーのドラッグ

下のようになりましたか?
ツールバー 複数

ツールバーの名前も表示されましたね。タイトルバーをドラッグして移動させることができます。

ツールバーの形を変更

また、ツールバーの右端でマウスポインタが左右の矢印になった時に左にドラッグすると、ツールバーの形を変えることもできます。

↓ツールバーの形を変えてみました。
ツールバーの形を変更

ウィンドウにドッキング

ウィンドウの左や右へ思いっきりドラッグすると、ドッキングすることもできます。下は、標準ツールバーをウィンドウの左側へドッキングさせた状態です。
標準ツールバー

ツールバーを元に戻す

また 元の位置にもどしましょう。
ツールバーのタイトルバーをダブルクリックすると元の位置へ戻すことができます。
ウィンドウの左や右へ移動してドッキングさせた場合は、直前のドッキングした位置へ戻ります。
そのときはドラッグで上へ移動してください。
書式設定ツールバー

ツールバーの一覧

現在表示されていないツールバーを表示するには、メニューバーの[表示]から[ツールバー]をポイントして 表示したいツールバーをクリックします。
表示メニュー

もっと簡単に表示してみましょう。
メニューバー、ツールバーならどこでもいいです。右クリックしてみましょう。
右クリック

2行に表示

[標準]ツールバーと[書式設定]ツールバーを常に2行に配置しておくには、メニューバーの[ツール]から [ユーザー設定]をクリックします。

[ユーザー設定]ダイアログボックスの簡単な表示の方法についてはユーザー設定ダイアログボックスを参照してください。

そして ユーザー設定ダイアログボックスの[オプション]タブで[[標準]と[書式設定]ツールバーを2行に並べて配置する]のチェックボックスをクリックしてチェックを入れます。
ツールメニュー ユーザー設定

ユーザー設定 オプションタブ


また、ツールバーの[ツールバーオプション]から[ボタンを2行に表示]をクリックすると、簡単に2行表示にすることもできます。
ボタンを2行に表示

パソコン教室などでは この状態で設定していることが多いと思います。
自宅のパソコンと教室のパソコンのツールバーが違うと思われる方は、この設定をお勧めします。

ツールバーのカスタマイズ

ツールバーは、カスタマイズすることもできます。
[ツールバーオプション]ボタンから、[ボタンの表示/非表示]をクリックして、カスタマイズしたいツールバーをクリックします。
この一覧の中のチェックがついてるものが現在 表示されているボタンです。
あまり使用しないボタンのチェックは外して、他に使うボタンがあればチェックをいれてくださいね。

ツールバーから、ボタンを削除してもなくなるわけではありません。
初期の状態に戻したい場合は、一番下にある[ツールバーのリセット]をクリックします。
ツールバーのリセット

ツールバーの作成

新しいツールバーを作成することもできます。
[ユーザー設定]ダイアログボックスの[ツールバー]タブをクリックします。
[新規作成]ボタンをクリックします。[新しいツールバー]ダイアログボックスが表示されます。
[ツールバー名]に名前を入力して、[OK]ボタンをクリックします。
ユーザー設定 新しいツールバー

小さいツールバーが現れます。まだ、ボタンはありません。
[ユーザー設定]ダイアログボックスの[コマンド]タブから、作成したツールバーへ必要なボタンをドラッグして追加します。
コマンドタブ

削除する場合は、[ツールバー]タブをクリックして ツールバー名を選択します。
[ユーザー設定]ダイアログボックスの[削除]ボタンをクリックします。
メッセージボックスが表示されたら、[OK]をクリックします。

注意初めから組み込まれている組み込みツールバーは、削除することはできません。
ツールバーの削除

関連ツールバーについては、Blogのほうでも解説しています。

ツールバーの作成

ボタンの作成

ボタン名の変更

ボタンの削除

ツールバーをブックへ添付(Excel)

ツールバーのボタン

よく使うファイルをコマンドバーへリンク

オブジェクトを挿入したときに表示されるツールバーについては、Blogのツールバーを参照してください。

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

アドセンス記事内広告1個

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

プレビューの表示

[ファイルを開く]ダイアログボックスでプレビュー表示にすると、ファイルやブックを開かずに内容を確認することができます。 プロパティの表示 ま ...

見えない罫線

Wordの罫線の中には、[罫線なし]罫線という印刷されない罫線があります。何かと便利に使える罫線です。 Wordで下のような表を作成しました ...

宛名ラベル作成2003

Excelで作成したアドレス帳を元に宛名ラベルを作成する方法です。下の画像は完成図です。 YouTubeの動画に音声はありません。 解説で使 ...

重複したデータを削除してリスト作成

大きなリストの中から、重複データを探し出し削除する方法です。 下のような表があります。この中から重複するデータを一気に削除したいと思います。 ...

ホームポジション

Excelでは[A1]のセルのことを[ホームポジション]といいます。 キーボードによる操作では [Ctrl]キーと[Home]キーを同時に押 ...

-Windows Xp & Office2003 Office2003

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.