リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Office2003

ショートカットキー

投稿日:2017年1月7日 更新日:

おもなショートカットキーを抜粋してみました。
ショートカットキー一覧などについては、Blogのショートカットキーを参照してください。
キーボード操作なら、マウスのように狙いを定める必要がないですね。

Ctrl + X 切り取り
Ctrl + C コピー
Ctrl + V 貼り付け
Ctrl + Z 元に戻す
Ctrl + S 保存(上書き保存)
Ctrl + W 窓を閉じる
Ctrl + F 検索
Ctrl + P ファイルの印刷
Ctrl + N ファイルやフォルダの新規作成
Ctrl + A ウィンドウ内の全てを選択
Shift + Delete ファイルなどをゴミ箱へ入れずに削除
Alt + F4 ソフトの終了
Alt + Tab ウィンドウの切り替え
Windows + D すべてのウィンドウを最小化/元にもどす
Windows + L ログイン画面へ

プルダウンメニュー

ショートカットキーは ツールバーのプルダウンメニューに表示されています。
Wordを起動させて メニューバーの[ファイル]をクリックしてみましょう。
ファイルメニュー

Office(WordやExcelなど)のショートカットキーは、プルダウンメニューを表示させた状態では機能しません。
プルダウンメニューは非表示にして操作してくださいね。

プルダウンメニューの非表示

プルダウンメニューを非表示にする方法です。3通りあります。

  • キーボードから[Esc]キーを押す。
  • メニューバーのメニューをクリックする。(上の状態なら、メニューバーの[ファイル]をクリック)
  • プルダウンメニュー以外のところをクリック。

※Office2003からは、作業ウィンドウの表示[Ctrl]+[F1]はプルダウンメニューを表示したまま有効です。

ボタン名と一緒にショートカットキーを表示する

また WordやPowerPoint、Accessではボタン名と一緒にショートカットキーを表示させることもできます。
メニューバーの[ツール]から[ユーザー設定]をクリックします。
ツールメニュー ユーザー設定

ユーザー設定の[オプション]タブをクリックして開きます。
そして、[ボタン名と一緒にショートカットキーを表示する]のチェックボックスにチェックを入れます。
ユーザー設定ダイアログボックス オプションタブ

右下の[閉じる]ボタンをクリックして閉じましょう。
太字ボタン

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

Excelを学習するなら、お勧めのテキストです。見やすい!分かりやすい!時短のための一冊です。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

アドレスバーがない

インターネットエクスプローラーを起動させたら、アドレスバーがない。 下のような状況になっていたということはないですか? アドレスバーの表示 ...

上付き文字・下付き文字

Wordでは[下付き文字]、[下付き文字]も簡単に表示させることができます。 [フォント]ダイアログボックスの表示 たとえば、[H2O]と入 ...

画面表示を変えよう

画面表示を大きくしたり、小さくしたりして見やすくしましょう。 インテリマウスを使って 片手でキーボードの[Ctrl]キーを押したまま、もう一 ...

Webページの画像を保存

Webページをみていると、素敵な画像がたくさんありますね。 画像は簡単に自分のパソコンに保存することができます。 例としてブタちゃんを保存し ...

スケッチパッド

Wordで使える機能です。マウスで書いた文字をそのまま挿入することができます。 スケッチパッドの起動 IMEツールバーの[手書き]ボタンをク ...

-Windows Xp & Office2003 Office2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.